HOME >> 情報セキュリティ >> 調査・研究報告書 >> 記事

高トラフィック観測・分析法に関する技術調査

最終更新日 2004年 4月27日
更新履歴

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター

電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。

実施者

概要

インターネットは、巨大化、高度化の一途をたどっており、インターネット上のネットワークシステムの管理には、系統的なシステム診断技術に基づく異常の検出と認識が必要となる。

インターネット上のネットワークシステムへの各種サービス妨害攻撃(DoS 攻撃)の脅威は、基本的にはトラフィックの流量に対する不正な操作に起因する。これらの脅威への対処は、トラフィック量を管理する機構における制御対象の量の検出と診断の問題としてとらえることができる。

本調査においては、トラフィックの計測・分析技術に関し、その理論的な背景に基づいて、実証実験および事例研究の成果を踏まえた展望を報告する。

目次

1.はじめに
2. トラフィックモデリングとネットワーク管理
3. インターネット計測
4. トラフィック分析技術
5. 実用的なトラフィック監視と詳細検査
6. シンプルなイベント生成とそれに連動した詳細分析
7. ネットワークプロセッサの可能性
8. ネットワーク観測環境
参考文献

調査報告書等のダウンロード

参考

更新履歴

2004年 4月27日 公開