最終更新日:2003年 1月 7日


PKI 関連相互運用性に関する調査報告

実施者

NPO 日本ネットワークセキュリティ協会

概要

PKI を利用した各種セキュアサービスやセキュアプロトコルにおける相互運用可能性に関して十分な検証が行われていないことが、マルチベンダーシステム構築の障害になる可能性が指摘されている。各種 PKI システムとセキュアアプリケーションを用いて、その相互運用可能性について調査を行うもの。

調査報告書

PKI 環境下の IPsec 相互接続に関する調査 (PDF 417KB)

PKI の相互運用性に関する現状 (PDF 2.05MB)

複数 CA 製品を使用した相互運用性に関する調査(実証実験報告書) (PDF 586KB)

成果普及状況

2002年 4月24日

「インターネット技術シンポジウム 2002 -IT 最新技術と標準化の動向-」の「セキュリティ・スペシャル・セッション」において発表した。

http://www.iajapan.org/its2002/

2002年 7月17日

54th IETF 横浜ミーティングの PKIX WG において発表した。

http://www.ietf.org/ietf/02jul/pkix.txt

"Specification Problem around Multi PKI domain Experience in Challenge PKI 2001"

2003年 1月 6日

報告書要約の英訳版を Web 公開し、IETF PKIX の ML にアナウンスした。

http://www.ipa.go.jp/security/fy13/report/pki_interop/chalange2001.html

 


Copyright © 2002 Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved.