IPA/ISEC


 

電子メールのセキュリティ
S/MIME を利用した暗号化と電子署名
Acrobat 版のダウンロードは こちらpdficonsmall.gif (153 バイト) (1,238 KB)
1. 電子メール利用上の脅威
1.1 盗聴が可能
1.2 なりすましが可能
1.3 改ざんが可能
1.4 暗号を使って安全な通信を確保する

2. 暗号技術について
2.1 共通鍵暗号方式
2.2 公開鍵暗号方式
2.3 メッセージダイジェスト関数

3. 公開鍵暗号方式を使ってできること
3.1 公開鍵暗号方式の使い方
3.2 メッセ−ジの暗号化
3.3 電子署名
3.4 電子署名と暗号化を組み合わせて使う

4. 公開鍵を信頼するために
4.1 PGP 的信頼の輪
4.2 認証機関(CA)を導入
4.3 拇印、指紋

5. 認証機関が発行する公開鍵証明書とCRL(証明書失効リスト)
5.1 証明書(公開鍵証明書、デジタルID(R)
5.2 CRL(Certificate Revocation List、証明書失効リスト)

6. 電子メールソフト Microsoft Outlook Express でS/MIME を使う
6.1 電子メールで S/MIME を使うための準備
6.2 他人の証明書の収集
6.3 電子署名を付けて電子メールを送る
6.4 暗号化して電子メールを送る
6.5 電子署名と暗号化を組み合わせて使う
6.6 電子署名付きメールを受ける
6.7 暗号化されたメールを受ける
6.8 電子署名と暗号化されたメールを受ける
6.9 不正なメールを受けると
6.10 証明書の管理
6.11 CRL(証明書失効リスト)

7. 電子メールソフト Netscape MessengerでS/MIME を使う
7.1 電子メールでS/MIMEを使うための準備
7.2 他人の証明書の収集
7.3 電子署名を付けたり、暗号化をして電子メールを送る。
7.4 電子署名付きメールを受ける
7.5 暗号化されたメールを受ける
7.6 電子署名と暗号化されたメールを受ける
7.7 不正なメールを受けると
7.8 証明書の管理

8. 電子メールソフトWinbiffでS/MIME を使う
8.1 電子メールでS/MIMEを使うための準備
8.2 他人の証明書の収集
8.3 電子署名を付けたり、暗号化をして電子メールを送る。
8.4 電子署名付きメールを受ける
8.5 暗号化されたメールを受ける
8.6 電子署名と暗号化されたメールを受ける
8.7 不正なメールを受けると
8.8 証明書の管理

9. S/MIME のメールメッセージ
9.1 標準仕様
9.2 MIMEヘッダ
9.3 電子署名の例
9.4 暗号化
9.5 電子署名+暗号化
9.6 証明書署名要求
9.7 証明書の添付

10. 証明書の実例

11. 認証パスの実例

12. ルート認証局の証明書について

13. 参考文献

Copyright(c) 2001 Information-technology Promotion Agency, Japan All rights reserved