1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 最優秀賞(ポスター部門)

ポスター部門

最優秀賞<独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター

小澤 佑月
神奈川県 神奈川県立神奈川工業高等学校 3年

受賞者の声

素晴らしい賞を頂くことができてとても嬉しいです。SNSのコミュニケーションは様々な人と繋がる事ができ、楽しいものだと思います。しかし注意をしていかなくてはならないセキュリティの事もしっかり考え私も安全に使っていきたいと思います。 ポスターを見た方に少しでもSNSの良い所と注意する事が伝わり、いいねという気持ちが増えると嬉しいです。

優秀賞<ポスター部門>
優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

今回はすばらしい賞をいただき本当にありがとうございました。私の学校では大学の先生が講演をしてくださったり、授業でスマートフォンについて学ぶ機会がありました。スマートフォンはとても便利ですが、中毒になってしまう怖さがあると思います。これからインターネットの技術がどんどん発展していっても、家族や勉強など、本当に大切なことを忘れてしまわないように心がけていきたいです。

齊藤 心晴
兵庫県 小林聖心女子学院小学校 6年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

私もSNSをしていて、この絵を描いてる頃、別にしなくてもいい事が楽しくてよくしていました。テレビでも既読スルーが原因のいじめやトラブル、お風呂の中での操作などが話題になっていました。文字だけのやりとりは、人によって受けとりかたが違います。そのことで誤解が生まれ、学校でも話しづらくなてしまうこともあると思いました。私は「仲なおりするときや大切なことは、直接相手に会って自分の気持ちを伝えたい」という思いをこのポスターにこめて制作しました。

西村 茉莉杏
徳島県 板野町立板野中学校 3年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

このような賞をいただけて、とてもうれしいです。このポスター制作を通じて、情報モラルに関する知識を深く学ぶことができました。今回の経験をバネに、これからもがんばっていきたいです。

奈良 柚月
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <IPAセキュリティセンター>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞を頂きありがとうございます。ポスターを制作する中で、SNSやネット上ではどのようにマナーを守っていけばよいかよく考えられました。このポスターでは、普段の生活だけではなく、ネット上でももちろんマナーを守っていかなければいけないというテーマで描きました。たとえ顔が見えない環境での会話も常に相手への礼儀を忘れずにネットを利用していきたいです。

則武 咲良
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 2年

優秀賞 <警察庁>
ポスター
受賞者の声

今回、この様な賞をいただくことができ、とても嬉しく思いました。このポスターは、学校の情報の授業で作成したものです。授業で学んだ事をポスターを通して表現できたと思います。おじさんの表情はなりすましの恐ろしさを出すために表情をどうすればいいのか苦労しました。自分の中でかなり気に入る表情が描けたので満足しています。

稲村 奏絵
千葉県 学校法人市川学園 市川高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
ポスター
受賞者の声

自分なりに考えてポスターに意味をもって作ることができました。まさか受賞できると思っていなかったので、とてもうれしかったです。このポスターで情報モラルについてもう一度みんなが考えてくれるといいなと思います。私のポスターを選んでくださりありがとうございました。

三好 萌々香
岡山県 岡山県立新見高等学校南校地 1年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>
ポスター
受賞者の声

まず、ポスターを書く時の下書きにとても時間がかかった。何度も書いて上手に出来た時は嬉しかった。次に色を塗る時、どの部分を目立たせたいのかを考え、色を組み合わせた。絵を書くのは大変だったけど、賞を取ることが出来て良かった。

北郷 絢大
香川県 香川県大手前中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>
ポスター
受賞者の声

このような賞を頂くことができ、大変光栄に思います。このポスターはインターネットの匿名であることをいいことに、悪口をSNSに流したり、個人を特定できるような情報を載せるモラルやマナーのなっていない人達が集団攻撃の標的になっている事を最近よくみるのでネット上であってもきちんと常識的なマナーを守って敵を作らない事が大事だというメッセージを込めて制作しました。このポスターを目にした1人でも多くの人がこのメッセージに気づき、自分のネット上での行いを見直してくれると嬉しいです。

南里 千紘
佐賀県 佐賀県立有田工業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
ポスター
受賞者の声

スマホを通して、はなれている家族や友達がつながることができたり、元気づけられたりすることがたくさんあります。でも、そのスマホが人をきずつけてしまうこともあると知ってとても悲しい気持ちになりました。スマホのいいところと悪いところをみんなで考えていければいいなと思っています。

上藤 幸歩
徳島県 吉野川市立鴨島小学校 3年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

このような賞を頂きとても光栄に思います。携帯端末の普及によって、インターネットやSNSの便利さだけではなく、それに伴う様々な危険も身近になりました。特に私達の個人情報など個人に繋がるものは、一人一人が自分で守っていかなければなりません。今回私は、いつ自分に降りかかるかわからない危険を雨、危険から守るセキュリティを傘で表現しました。また、顔も無暗に流出させないという意味で傘から出ないようにしました。これを機に自分も見直して、より安全に利用することを心がけました。

相原 瑠美子
千葉県 あずさ第一高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
ポスター
受賞者の声

このポスターは、私の飼っている犬がたまにおもちゃを持ってきて、遊んでほしそうにしていることがよくあり、スマホをかまって気付かないことがあったので、それを思い出しながらかきました。なので、私の飼っている犬のおかげで考えついたものなのでとてもうれしいです。自分が選ばれるとは思ってもいなかったので、最初は信じられなくて、本当にびっくりしました。ありがとうございました。

坂本 めい
島根県 松江市立第四中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
ポスター
受賞者の声

今回、受賞できてとてもうれしく思います。私たちは普段SNSをよく使いますが、使い方によってはとても危険になることもあります。投稿は1度出たら2度と消せない、というような危険な面もSNSにはあるということをこのポスターで再確認して安全に楽しくSNSを使ってもらえたらうれしいです。

波多野 沙綺
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
ポスター
受賞者の声

優秀賞を頂けたこととても光栄に思います。印象づける様、浮世絵風に描きました。最近スマホ等も普及していて昔よりはるかに、ネット上でのトラブルに巻き込まれる危険性が強くなったと思います。そこで、私の作品を見てくださった方にセキュリティの大切さが伝わると幸いです。

松野 由茉
静岡県 静岡県立浜松工業高等学校 3年

優秀賞 <公益社団法人日本PTA全国協議会>
ポスター
受賞者の声

スマホばっかりして、すいみん時間をたくさんとらないと体によくないのでそのことをみんなに伝えようと思って書きました。スマホを持つようになった人もこの言葉を守ってくれたらいいです。私は、まだスマホはもっていないけど、いつか買ってもらえるかもしれないのでその時は自分で書いた言葉だからぜったいに守ろうと思いました。私のポスターが受賞して本当にうれしかったです。これからもたくさん受賞できる作品をかければいいなと思いました。

井上 亜沙美
佐賀県 小城市立牛津小学校 5年

優秀賞 <公益社団法人日本PTA全国協議会>
ポスター
受賞者の声

まさか受賞するとは思っていなかったので、とても嬉しいです。このポスターで工夫したところは、立体感を出すことと色合いのバランスです。また、文字の配列や大きさにも気をつけました。ポスターを見た人が言葉の大切さに気づいてくれたら良いなと思いました。

齊藤 さおり
香川県 香川県大手前中学校 2年

優秀賞 <フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」>
ポスター
受賞者の声

今回はこのようなすばらしい賞をいただきとても嬉しく思います。私は小学校の時にSNSで相手に誤解を与えてしまい傷つけてしまったことがあるのですが、そのような失敗を繰り返さないためにも、このポスターのようにメッセージを送る前に一回確認することで、SNSのトラブルというものはだいぶ減るのではないかと思います。

高木 優衣
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 3年

優秀賞 <モバイルコンピューティング推進コンソーシアム>
ポスター
受賞者の声

受賞できると思っていなかったので、入ると、とてもうれしかったです。真ん中の男の子が本当に吸いこまれているようにかけたのでよかったです。この絵で情報モラルのことを知ってくれたらいいなと思いました。

辻 真那穂
佐賀県 小城市立牛津小学校 6年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
ポスター
受賞者の声

「スマホやめなきゃだめだよ!」と毎日のように言われているので、「わかってる!!!!わかってるけど!!!!」という気もちを絵にしました。スマホを使っているとおどろくほど早く時間が過ぎていくのに、見るものによってはとても充実した時間を過ごせるのが怖いです。常にSNS漬けの毎日を送っています。賞をいただけてうれしいです。ありがとうございました。

戸根 由祐子
徳島県 鳴門市第一中学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
ポスター
受賞者の声

携帯電話で友人や他人に言葉を送るとその言葉は残ります。良い言葉だと自分も相手も嬉しい気持ちになり、嫌な言葉は自分や相手を傷つけることだけじゃなく、自分も絶対に後悔するので、すぐにこの言葉やデザインが浮かびました。僕なりに一生懸命書いたポスターが受賞できて嬉しかったです。

鴨田 尭憲
香川県 香川県大手前中学校 2年

優秀賞 <株式会社ウェブテクノロジ・コム>
ポスター
受賞者の声

言葉は人を悲しませることが多くありますが、その逆もあって人に幸せな気持ちを与えたり、喜ばせることもできると思いました。なので、「言葉の力」を良い方向で使っていけたらなと思い、この作品を作りました。

高 侑那
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社>
ポスター
受賞者の声

自分がこのような賞を頂けることは、思ってもいなかったので、とても驚きました。本当にありがとうございます。このポスターは、使う人・使い方によってスマホが刃物のように危険な物にもなり、安全に使えば便利な物にもなるということを伝えたいと思い、描きました。私自身も、インターネット上の情報をすべて信用するのではなく、しっかり安全かどうか考えながらスマホ等を利用していこうと思います。この度は本当にありがとうございました。

原野 実優羽
北海道 札幌市立新陵中学校 2年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞をいただき、とてもうれしいです。このポスターでより、沢山の人が自分のスマホの健康状態に関心を持ってくれたらうれしいです。

近藤 寛子
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 3年

優秀賞 <グーグル株式会社>
ポスター
受賞者の声

デザインなどの美術に関するものには苦手意識があったのですが、今回の受賞で少し自信がつきました。ポスターを作るのはとても楽しく、考えさせられるものでしたが、その分自分の力が養われたと思います。今後もこのような機会があれば積極的に取り組んでいきたいです。今回のポスター作成においてアドバイスをくださった先生やクラスメイト、また、私の作品を評価してくださった方々、ありがとうございました。

松浦 美幸
長崎県 長崎県立佐世保北高等学校 1年

優秀賞 <実教出版株式会社>
ポスター
受賞者の声

野田 彩夏
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <株式会社シマンテック>
ポスター
受賞者の声

今年のテーマである「ことばの力」ということから、SNSや友人との会話の中でも優しい言葉を柔らかい気持ちに包んで伝えていければ良いな、という思いから制作しました。文字上でも優しい気持ちで溢れるようなネットになれれば嬉しいです。また、このポスターを見た方が優しい言葉を友人に届けてくれればうれしいなと思います。

迫田 なごみ
鹿児島県 鹿児島県立川内商工高等学校 3年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞を頂き大変光栄に思います。この作品を考えたきっかけは、私が以前スマートフォンを使用するなかで、危険な目に遭遇した体験があったからです。この作品に描かれているスマートフォンは、左側がウイルスに犯されている状態を表しています。信号機をモチーフにしました。この作品を見て、皆さんにも身近に危険が潜んでいることを感じて欲しいと思います。

一瀬 雄矢
大阪府 大阪府立堺上高等学校 1年

優秀賞 <株式会社ディー・エヌ・エー>
ポスター
受賞者の声

こんなにすばらしい賞をいただいたのは初めてなのでとてもうれしいです。私がこのポスターを描くにあたってまず考えたことは、どうすれば人に簡単に伝わるかでした。そして、私は、大きく、わかりやすく、の2点を大切にしながら描きました。私自身、スマホの使い方を見直すきっかけにもなり、また、ポスターをも他人が使い方を見直してくれるきっかけにもなったらいいなと思います。

阪本 愛実
大阪府 枚方市立第四中学校 3年

優秀賞 <デジタルアーツ株式会社>
ポスター
受賞者の声

賞をもらえてうれしいです。書くのは、大変でした。みんなにルールを守ってほしいと思って書きました。

新 七海
奈良県 奈良県立ろう学校 6年

優秀賞 <トレンドマイクロ株式会社>
ポスター
受賞者の声

まさか自分がこのような賞を頂けるとは思いませんでした。このコンクールの作品を見ていると、悪い事をしないように呼びかけるものが多いですが、今回のテーマが「ことばの力」ということで、スマートフォンや、SNSがあるからこそできること、SNSの良い所を伝えようと思い、描きました。このポスターを見て、SNSを思いやりをもって使う人が増えたら嬉しいです。

末廣 桃花
愛知県 刈谷市立依佐美中学校 3年

優秀賞 <株式会社ネットワールド>
ポスター
受賞者の声

少しの知識しかないまま挑んだコンテストですが描いていくうちにたくさんのことを学びました。制作する前は町を歩いていても、歩きスマホや公共施設などでのマナーなど以前はあまり気にも止めてませんでしたが作品を制作していく中で考えるようになりました。この体験は今後にもいかしていきたいと思います。

高島 夢香
大阪府 大阪市立旭陽中学校 2年

優秀賞 <BBソフトサービス株式会社>
ポスター
受賞者の声

「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」で、受賞ができてうれしかったです。お母さんから、アイディアやアドバイスなどをもらって絵が完成したので、お母さんに「ありがとう」と言いたいと思います。また、あまり絵では受賞しない方だったけれど、立派な賞をとれたのもあって、とてもうれしかったです。できればまた「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」に絵をかいて、また賞をとりたいです。

酒井 敏渡
佐賀県 小城市立牛津小学校 6年

優秀賞 <マカフィー株式会社>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただき、驚くと同時にとても感激しました。ありがとうございます。パソコン操作に戸惑い、夏休みに学校に通って何とか完成まで至ることが出来たポスターなので、このように評価されて本当に嬉しく思います。作品を通して、少しでも多くの人がセキュリティを意識し、便利で気持ちの良いネット利用の輪が広がると良いなと思います。

山谷 沙映
神奈川県 神奈川県立神奈川総合産業高等学校 3年

優秀賞 <Yahoo!きっず>
ポスター
受賞者の声

はじめに先生から受賞できたことを聞いてとてもおどろきました。お父さんは、私に携帯の使い方やネットについて気をつけるように話をしてくれます。それで今回はネットトラブル「迷っちゃダメだよネットの迷路」をポスターを描こうと思いました。ポスターの描き方はお母さんから少しアドバイスもらって、がんばって仕上げた作品です。このポスターを見て、みんなも「注意しよう」と感じてくれるといいなと思いました。

治田 慶
東京都 聖学院小学校 5年

優秀賞 <LINE株式会社>
ポスター
受賞者の声

スマホが普及した現代では、私たちのような学生もSNSが利用しやすくなっています。しかし、学生の情報モラルに対する水準はまだ低いと感じています。インターネットに載せた情報は消えることはなく将来の自分にまで迷惑をかけることがあると知ってほしくて、このポスターを制作しました。今回はこのような賞をいただき、ありがとうございました。

大平 育歩
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 3年

優秀賞 <株式会社ラック>
ポスター
受賞者の声

受賞できたこと、とても嬉しく思います。普段スマートフォンを使うとき、迷惑メールは開かないなどある程度気をつけて使っているのですが、知らず知らずのうちにメールアドレスや住所といった個人情報を漏らしてしまうこともあります。そこで、無意識のうちに漏らしてしまうこれらの情報を餌に見立て、それにつけこむ悪い人たちを餌に群がるウイルスたちで表しました。これから一層情報の扱い方に気をつけていきたいと思います。

柿原 杏夏
静岡県 静岡県立浜松工業高等学校 3年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること
作品画像をクリックしていただくと拡大して見ることが出来ます。