1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 最優秀賞(4コマ漫画部門)

4コマ漫画部門

最優秀賞<独立行政法人情報処理推進機構>
4コマ漫画

栗田 野明
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 2年

受賞者の声

今回は最優秀賞というすばらしい賞をいただき、本当にありがとうございました。この四コマ漫画を見ていただくことで、少しでも多くの人が自分のセキュリティについて改めて考えていただければ幸いです。

優秀賞<4コマ漫画部門>
優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
4コマ漫画
受賞者の声

今回は、こんなすばらしい賞を受賞できて、とてもうれしいです。私のまわりには、スマホやケータイでインターネットを使う友達がたくさんいます。うらやましく思いますが、私がスマホなどを持ったら、今回のコンクールを通して、知ったことをいかして、正しく使いたいです。

野口 沙希
東京都 八王子市立小宮小学校 6年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
4コマ漫画
受賞者の声

人がいやがる写真をおもしろいというだけで送ると、撮られた人は傷ついてしまいます。ネットでは、簡単に写真を送れますが、傷ついた心は簡単に戻らないということをこの4コマ漫画を見て考えるきっかけにしてほしいと思って描きました。受賞することができてとてもうれしかったです。ありがとうございました。

阿部 陽奈乃
大阪府 四天王寺学園中学校 2年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
4コマ漫画
受賞者の声

思わぬ吉報に驚いています。このコンクールに作品を出して、改めてインターネットの恐ろしさを再確認し、気を付けようと思いました。

岡 優七瀬川 春華
京都府 ノートルダム女学院高等学校 1年

優秀賞 <IPAセキュリティセンター>
4コマ漫画
受賞者の声

今回はこの様な賞を頂き、本当に嬉しいです。四コマを描いていく中で自分もスマホの使い方を見直すことができたし、沢山の人がスマホのロックに対する意識が変化してくれたら嬉しいです。本当にありがとうございました。

近藤 寛子
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 3年

優秀賞 <警察庁>
4コマ漫画
受賞者の声

最近、無防備に自撮り等をSNSで流す中高生をよく見かけ、心配だと感じていたので、この機会に応募してみました。私の描いた作品を見て少しでも考えなおしてくれる人が出てきてくれればいいなと、思います。

松元 華乃子
京都府 京都府立京都すばる高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
4コマ漫画
受賞者の声

まず率直に言うと、とても嬉しいです。自分の作品が入選するとは思ってもいなかったので驚いています。歩きスマホをテーマにしましたが、周りにも多くの人がやっているので「危ないなー」と思いながら書きました。少しでもスマホのマナーがよくなってほしいと強く思います。

吉田 侑加
京都府 同志社高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>
4コマ漫画
受賞者の声

このような賞をいただけて、うれしい気持ちでいっぱいです。スマホに夢中になりすぎてしまうと、危ないので、気をつけたいと思います。ありがとうございました。

横山 佳音
千葉県 船橋市立飯山満中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>
4コマ漫画
受賞者の声

私の描いた四コマまんがが、賞にえらばれてとてもうれしいです。「赤ちゃんは、お母さんの目を見て会話しようとするので、授乳中スマホをいじって赤ちゃんの顔を見ていないと上手にコミュニケーションをとることができなくなってしまうんだって。」とメディアの講演会に行った母が教えてくれてこのまんがを思いつきました。便利な物だけど上手に使わないと家族との関係にもえいきょうを与えてしまうので、注意して使わないといけないなぁと感じました。やっぱり目を見て話すのが一番です。

遠藤 萌花
福島県 福島市立福島第三小学校 5年

優秀賞 <一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
4コマ漫画
受賞者の声

今回は、このような賞をいただけて本当に嬉しく思います。このコンクールに参加するなかで、情報の扱い方はどのようにしたらよいのかを考えるきっかけになりました。この作品は、「情報を鵜呑みにしないで」という言葉に注目して制作しました。ネットの情報には異なった情報も必ずあります。だから、情報に対して疑いの目を常に持つ人が増えてほしいと思います。

則武 咲良
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
4コマ漫画
受賞者の声

今回「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」の優秀賞に選ばれたことをとてもうれしく思います。ぼくの周りのほとんどの人がスマートフォンを持っていて、SNSをやっています。テレビでもよくその話題が取り上げられ、もう生活になくてはならない存在です。だからこそ使い方を守らなければなりません。コンクールを通して、情報モラルやSNSに対する意識がかわって良かったです。

中島 歩
京都府 同志社高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
4コマ漫画
受賞者の声

賞を受賞できるとは思っていなかったのでうれしいです。SNSやメールだと会話と違い、文章だけなので、同じ文章でも自分と相手では読み取り方が違い、勘違いから喧嘩になってしまったりするので、そうならないように気をつけて欲しいなと思い、この4コマ漫画を作りました。

八幡 拓磨
京都府 東山高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
4コマ漫画
受賞者の声

お店に行くと、たくさんの人がスマートホンの画面を見ています。お母さんやお父さんがスマートホンに夢中になっていると、もしかしたら子供は話しかけることを遠慮しているかもしれません。学校であったこと、友だちと遊んだことなど話したいことがいっぱいあるかもしれないのに…。お母さんお父さん、スマホを見る前にまず私たちを見てください。子供も大人もスマホを使う場所や時間などを考えなくてはいけないと思いました。

宮下 想
兵庫県 西宮市立浜脇中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
4コマ漫画
受賞者の声

賞を受賞することが初めてなのでとても嬉しいです。これを機会にSNSの使い方を気を付けたいと思います。モラル・セキュリティについて調べる良い経験になりました。本当にありがとうございました。

長尾 泰希
兵庫県 西宮市立浜脇中学校 3年

優秀賞 <公益社団法人日本PTA全国協議会>
4コマ漫画
受賞者の声

電車内で手話で会話をしていたお年寄りがいたという母の話をヒントにつくりました。スマートフォンで文字を打ってそれを見せれば、耳が聞こえない人とも会話出来て便利だなと思い、四コママンガにしました。思いがけず受賞できてうれしいです。もし機会があったら手話も覚えてみたいです。

橋本 日菜乃
千葉県 船橋市立二和小学校 6年

優秀賞 <公益社団法人日本PTA全国協議会>
4コマ漫画
受賞者の声

今年、初めて「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」の4コマ漫画部門に応募して、受賞することができてとても嬉しいです。今回、私はテーマを優先席という身近なものにしてお年寄りや身体が不自由な方に席をゆずることを呼びかけるため漫画を描きました。この漫画を読んで少しでも多くの人が優先席をゆずろうと心がけてくれればいいと思います。

浪川 怜子
東京都 筑波大学附属中学校 2年

優秀賞 <フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」>
4コマ漫画
受賞者の声

私はこのアイデアが浮かんだ時、「ビビッ」ときました。なぜなら、この作品には2つのストーリーがあるからです。1つ目は、歩きスマホで回りが見えず、サギに会ってしまうという、はまぐりのストーリーで、2つ目ははまぐり(=人間)として詐欺に遭い、漁師(=警察)に捕まるというストーリーです。この事から、歩きスマホと、ネットワーク中の詐欺の危険性を伝えようとしました。そして、私も、この2つに注意してインターネットやスマホを使っていこうと思います。

川﨑 由佳子
岡山県 岡山大学教育学部附属中学校 3年

優秀賞 <モバイルコンピューティング推進コンソーシアム>
4コマ漫画
受賞者の声

私は、めいわくメールについてかきました。めいわくメールの返信をしたらめいわくメールは減るどころか増えてしまうので、どんな内容でも返信するのはやめようという考えでかきました。先生から、結果を報告されたときは、とてもおどろきました。今、小さいときからけいたいを持つ人が増えてきているので、私の考えを知ってもらって、めいわくメールには、気をつけてほしいです。受賞することができてとてもうれしいです。

長浜 乃亜
広島県 広島市立温品小学校 6年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
4コマ漫画
受賞者の声

私は、「確かなメールではないものを信じたらダメ!」という事を伝えたいと思い、この4コマをかきました。私達の周りには、危険なメールがあふれています。ボタンを1つ押すだけで個人情報がもれてしまうものだってあります。だから、この4コマで楽しく伝えられるようにかきました。1コマずつ、分かりやすいように工夫しました。今回受賞できて、「私の伝えたい事が伝わった!」と、うれしく思います。絵が得意なので、その得意な事をいかせたことが良かったです。本当にうれしかったです。

林 希香
鹿児島県 鹿児島市立城西中学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
4コマ漫画
受賞者の声

今回、このような賞をいただくのは初めてで、受賞したという話を聞いたときは驚き、嬉しく感じました。自分がいいと思っていることでも、それをよく思っていない人がいるということと、自分は大丈夫だと思いこんでいる人ほど被害にあうということを表現しようと思って描きました。SNSなどには、よく考えてから載せてほしいと思います。

小路 諭
大阪府 大阪府立三島高等学校 2年

優秀賞 <株式会社ウェブテクノロジ・コム>
4コマ漫画
受賞者の声

私は高知高専で、情報のモラルやハッカーの危険性について学びました。その中でウイルスの勉強をしたことが、今回のマンガを作ることにつながりました。ウイルスにはいくつもの種類があり、それによって増え方や異なった被害があることを学び、これを他の人にも伝え、ウイルスに対する理解を深めてほしいと思い、ウイルスごとの増え方、寄生の仕方をまとめたマンガにしました。少しでも、ウイルスについてよく知ってもらう手がかりになればいいと思います。

明神 智巴弥
高知県 高知工業高等専門学校 1年

優秀賞 <ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社>
4コマ漫画
受賞者の声

今回このような賞をもらえたことを、とても嬉しく思います。この作品は、風刺画をイメージして描いたので、あえてセリフはありません。なので見る人の自由に受け取ってもらえればと思います。

赤松 侑
大阪府 大阪府立三島高等学校 2年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
4コマ漫画
受賞者の声

うれしかった。夢かと思った。

佐藤 陽莉
東京都 八王子市立小宮小学校 5年

優秀賞 <グーグル株式会社>
4コマ漫画
受賞者の声

授業の中で作った作品なのですが、今回賞を頂けてとても嬉しいです。と同時に驚いています。一生懸命作って良かったです。ありがとうございました。

内山 碧
千葉県 千葉県立茂原高等学校 3年

優秀賞 <実教出版株式会社>
4コマ漫画
受賞者の声

今回このような賞を頂いて、とても嬉しいです。小さな頃から絵を描くことが好きだったので、今回のコンクールも楽しく描かせて頂きました。私は普段の情報の授業で、情報モラルについて、気をつけなくてはいけないことを学んでいたので、この4コマ漫画を描くにあたって、もう一度考えられたことがとても良い機会だったと思います。この漫画を通して、情報を取捨選択することの大切さが伝えられると嬉しいです。

滝沢 陽菜
愛知県 愛知県立豊田東高等学校 1年

優秀賞 <株式会社シマンテック>
4コマ漫画
受賞者の声

このたびは「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」4コマ漫画部門で賞を頂けたこと大変喜ばしく思っています。今回なぜぼくがスマホのウイルスについての作品をつくったかというと、自分や自分の家族が何度かウイルスの警告を受けて恐い思いをした事があったからです。スマートフォンの普及で手軽に誰でもネットを使える環境になり、便利になったその分、ウイルスなどのトラブルも増えています。しっかりと情報を見極める力を持つことが大切だという事が伝わってくれると幸いです。

安藤 幹太
神奈川県 神奈川県立神奈川工業高等学校 3年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
4コマ漫画
受賞者の声

まさか受賞するとは思っていなかったのでうれしかったです。このマンガの主人公のチューちゃんは、私の家にあるねずみのぬいぐるみをモデルにしました。このマンガで情報モラルの考えがひろまればいいな、と思って応ぼしました。

内野 まりか
茨城県 つくば市立竹園学園東小学校 6年

優秀賞 <株式会社ディー・エヌ・エー>
4コマ漫画
受賞者の声

今回は、このような賞をいただくことができて本当に嬉しく思います。この四コマ漫画を書く過程で、僕自身もよく勉強になりました。目に見えている事だけでなく、もっと内面を見るべきだと思いました。

呂 那音斗
兵庫県 西宮市立浜脇中学校 3年

優秀賞 <デジタルアーツ株式会社>
4コマ漫画
受賞者の声

まさかこのような賞をいただけるとは思っておらず、先生から受賞の話を聞いた時はとても驚きました。しかし、頑張って作ったので受賞することができてとても嬉しく思います。この4コマは、私が過去に体験した出来事をもとにして作りました。スマホやパソコンで楽しむ時間も必要ですが、それ以上に友人や家族と過ごす時間を大切にしてほしい、という意味も込めています。この度は、すばらしい賞をいただきありがとうございました。

白石 真央
広島県 広島市立広島商業高等学校 3年

優秀賞 <トレンドマイクロ株式会社>
4コマ漫画
受賞者の声

まさか自分の作品が入賞すると思っていなかったので、驚いています。四コマ漫画は、入学式を控えた春休みに私が実際に感じたことをテーマにしました。私と同じようなことを思っている人が絶対にいると思い、このテーマに決めました。共感してくれる人がいたらいいなと思います。

都 陽子
京都府 同志社高等学校 1年

優秀賞 <株式会社ネットワールド>
4コマ漫画
受賞者の声

このような賞をいただくのは、初めてなのでとても嬉しく思います。作品をつくるにあたって、改めて情報モラルについて考えることができ、とても良い機会になりました。この作品を見て、一人でも多くの人がSNSにひそむ危険を知ってくれれば良いなと思います。

辻 帆希
兵庫県 西宮市立浜脇中学校 3年

優秀賞 <BBソフトサービス株式会社>
4コマ漫画
受賞者の声

今回は、このような賞をいただけて、とても嬉しく思います。スマホはとても便利で楽しいものですが、使いすぎると健康に悪影響になります。私もついついスマホを触ってしまうことが多いのですが、楽しいスマホのままにするためにルールは必要だと、この漫画を描きながら改めて感じました。私のように感じてくれる人が、この漫画を見て増えたらいいなと思っています。ありがとうございました。

青木 公香
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 2年

優秀賞 <マカフィー株式会社>
4コマ漫画
受賞者の声

とても驚きました。勤勉な二宮金次郎が薪を背負って本を読みながら歩いていたというのを知って、歩き読書=歩きスマホと一緒だと思いました。今の時代に合わせて、二宮金次郎像も座るだろうと思って書きました。

金井 花音
東京都 葛飾区立堀切中学校 2年

優秀賞 <Yahoo!きっず>
4コマ漫画
受賞者の声

「ひろげよう情報モラル・セキュリテーコンクール」におうぼしたきっかけは、情報モラルのことについて教えてもらって、このことを伝えたかったので4コマまん画を作りコンクールにおうぼしました。教えてもらった事は、うそのじょうほうがあるのと、しらべる先にコンピュータウイルスのようにわるいものがあるということだけでなく、人のわる口をかくなど、ちょっとしたことでもあい手をきずつけてしまうということなどを教えてもらいました。このことをつなげてかいて、ゆうしゅうしょうをとったことをうれしく思います。

成瀬 愛翔
香川県 高松市立屋島小学校 4年

優秀賞 <LINE株式会社>
4コマ漫画
受賞者の声

私はスマートフォンや携帯電話を持っていませんが、個人情報などを軽い気持ちでインターネット上にのせてしまい、トラブルになってしまったことを聞いたことがあります。その時に誰が見ているかわからないネット上に情報をむやみにのせるのはこわいと思ったことから、桃太郎の話をモチーフにしてかきました。まさか自分が入賞するとは思いませんでしたが、優秀賞を頂けたことは嬉しく思います。多くの人に読んでもらいたいです。

今泉 春乃
群馬県 桐生市立中央中学校 2年

優秀賞 <株式会社ラック>
4コマ漫画
受賞者の声

今回、このような賞をいただけてとても嬉しいです。最近SNSのトラブルについてのニュースが増え、SNSと聞くと悪いイメージを持つ人が多くなっているなと思いました。なので私は、悪いところではなく、いいところはなんだろうと考えこの作品を描きました。多くの人にこの漫画を見てもらい、SNSは悪いところばかりではなく、いいところもあるんだということが伝わり、少しでもトラブルが減ればいいなと思います。

城戸 里月
熊本県 熊本県立玉名高等学校 1年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること
作品画像をクリックしていただくと拡大して見ることが出来ます。