1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 標語部門

標語部門

<独立行政法人情報処理推進機構>
標語

可知 千洋
愛知県 半田市立雁宿小学校 2年

受賞者の声

インターネットにのったぶんしょうやしゃしんを、とりけしたくてもとりけせない人の話をテレビでやっていました。その人たちは、本当にこまっているみたいでした。ぼくは、「そういうことがなくなればいいな」と思いながら、このことばを考えました。

作品の講評

クリック一つで、簡単に情報を発信できてしまう便利さとは裏腹に、取り消しは簡単ではない、ということをシンプルな言葉で上手に表現しています。

優秀賞<独立行政法人情報処理推進機構>

標語
受賞者の声

今回の受賞の話を先生から聞いた時は、大変おどろきました。まさか自分が選ばれるとは思いもしませんでした。この標語は、子供達がスマートフォンを使い始めてできたいじめ等の問題についてふれたものです。スマートフォンは便利な道具ですが、使い方をあやまると悪い道具に変わってしまうのでぼくは、いつかスマートフォンを持つようになった時、悪いことではなく楽しく使いたいと思います。

小野 太輔
鹿児島県 鹿児島市立宮川小学校 5年

優秀賞<独立行政法人情報処理推進機構>

標語
受賞者の声

今回私の書いた標語がこのような賞をいただいたことは大変光栄に思います。インターネットにおけるモラルというのはネットが普及し始めた頃からずっと言われてきたことではありますが、デバイスが進歩するに従って事態が少しずつ悪化しているのもまた事実です。面と向かってのコミュニケーションではないからこそ通常とは異なるより一層の思いやりがこれからの情報社会に必要なことなのです。私は今回の標語をインターネットを使うときに起こる「ふとした出来心」を戒めるという意味で書きました。これからはこの賞をいただいたことをきっかけに自分だけでなく周りの人たちとも情報モラルの大切さを共有できるよう努めたい思います。

吉田 裕一
千葉県 市原中央高等学校 3年

優秀賞<IPAセキュリティセンター>

標語
受賞者の声

第11回IPA「広げよう情報モラル・セキュリティコンクール」2015の優秀賞(IPA賞)に選んで頂きありがとうございます。自分の作品が選ばれるなんて驚きの半面、嬉しさでいっぱいです。私もスマートフォンをよく使っているのですが、個人情報を流さないように気をつけています。今回は本当にありがとうございました。

佐藤 胡桃
栃木県 栃木県立のざわ特別支援学校 1年

優秀賞<IPAセキュリティセンター>

標語
受賞者の声

現在スマートフォンはその便利さと手軽さから、私達の生活になくてはならないものになりました。しかし、それと同時にネット関係の事件も増加しています。その中には、安易な写真掲載が発端となっているものが多くあるのも事実です。ネットに発信した情報は絶対に消せません。互いに相手を思いやることで諍いや事件を未然に防ぎ、安心して楽しくネットを利用してほしいと思います。

納藤 真実
富山県 富山県立砺波高等学校 2年

優秀賞<IPAセキュリティセンター>

標語
受賞者の声

受賞できるとは思ってはいませんでしたので、聞いたときは本当に嬉しかったです。私や周りの友人もTwitterやインターネットをよく使用しています。これらのツールで書かれた言葉は、多くの人に閲覧され、一生消えることもありませんので、多大な影響を与えることになります。そのため、私は個人情報を流さないよう気をつけながら使用するように心掛けています。今回は、本当にありがとうございました。

石井 悠斗
北海道 北海道標津高等学校 1年

優秀賞<IPAセキュリティセンター>

標語
受賞者の声

自分の作品がこのような賞に選ばれるなんて考えてもいなかったのでとてもうれしいです。ぼくもお母さんにかりてスマートフォンを使ってゲームをすることがあるので、このメッセージを考えたことをいかして、ルールを見なおしたいです。

宮 翔真
兵庫県 尼崎市立園田小学校 5年

優秀賞<IPAセキュリティセンター>

標語
受賞者の声

しょうをとることができてうれしいです。ゲームよりも、そとでともだちとおにごっこをするほうがたのしい気もちになれます。ゲームもたのしいですが、わたしは、からだをうごかしてともだちとあそんだほうが、すっきりするとおもいます。わたしの気もちがみなさんにつたわって、しょうをとることができて、ほんとうによかったです。

目黒 なな子
福島県 新地町立福田小学校 1年

優秀賞<IPAセキュリティセンター>

標語
受賞者の声

ネットを利用するにあたって最も大切なことはモラルを守ることだと思います。それさえしていれば人に不快な思いをさせることも、自分から個人情報をもらしてしまうこともないからです。これからもネットは多くの人に利用されていくでしょう。自分を守るために、気持ちよくネットを利用するために、ネットのモラルを守っていきたいと思います。入賞できて嬉しいです。

安保 涼音
三重県 玉城町立玉城中学校 3年

優秀賞<IPAセキュリティセンター>

標語
受賞者の声

個人情報は、のせてしまったらすぐに拡散してしまうということが見てすぐ伝わる標語にしたくて、つくりました。この標語を見てくれた人が個人情報を簡単にのせなくなってくれればと思います。全国入賞という知らせをいただき、とても驚いてます。と同時に選んでいただけてうれしいです。ありがとうございます。

白濱 本気
青森県 むつ市立むつ中学校 3年

優秀賞<IPAセキュリティセンター>

標語
受賞者の声

SNSが流行した現代では、顔を合わせて話すことが減ってきています。そのせいで悪口を言うことに対する罪悪感が減ってきています。そうして、ネットに関するいじめなどの犯罪が増加しています。なので、私はそういったことが減っていけばいいという思いを込めました。

上中 春奈
福井県 おおい町立名田庄中学校 3年

優秀賞<警察庁>

標語
受賞者の声

ニュースを見ていると、スマートフォンを使った事件が多いことがわかります。私の周りの友達もスマホをほしがる人が多いのですが、便利で楽しいだけでなく、怖い面もあるということをみんなで考えていきたいと思います。

小倉 優花
茨城県 つくば竹園学園つくば市立竹園東小学校 5年

優秀賞<一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>

標語
受賞者の声

スマートフォンは、とても便利で楽しいものですが使い方を少しでもまちがえると失うものも大きいと思ってこの標語をつくりました。軽い気持ちでやってしまったことで友達までを失ってしまうのはとても悲しいので自分でも気をつけていきたいと改めて思いました。これからも正しい知識をもって、スマートフォンを使っていきたいです。

木村 莉奈
埼玉県 埼玉県立和光国際高等学校 1年

優秀賞<一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>

標語
受賞者の声

著作権について書きました。作者がせっかく苦労して作ったものを許可なくコピーして勝手に利用されたりすると作者がどれだけ迷惑がかかったり不快な思いをするのか考えてもらえると幸いです。受賞させていただきありがとうございます。

門倉 克哉
神奈川県 神奈川県立神奈川総合産業高等学校 1年

優秀賞<一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>

標語
受賞者の声

ぼくの標語が選ばれたと聞いた時、すごくうれしかったです。この標語を書いた理由は、ネットのトラブルや迷わくメールなどにあった人が本当に困っているのをテレビで見て、そんなことにならないようにみんなが、心がけてくれればいいなと思ったからです。

友尾 竜馬
愛知県 稲沢市立国分小学校 6年

優秀賞<一般社団法人情報サービス産業協会>

標語
受賞者の声

この度は、私が考えた標語が優秀賞という結果で驚きと喜びの気持ちでいっぱいです。今回私が考えた標語を常に忘れずにこれからの人生で使っていくことが多いパソコンなどを使用するときの心構えとしていきたいと思います。また、周囲の人にもこのような心構えを広めていくことがとても大事なことだと思うので広めていくことに努め、身近な人のパソコンによる被害を減らしていきたいと思います。

菅原 大貴
山形県 山形県立山形工業高等学校 3年

優秀賞<一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>

標語
受賞者の声

しょうがとれてとてもうれしいです。じぶんの知らないところでわるぐちを言われたり本当じゃないことをいわれたらさみしいと思います。みんながやさしい気もちになったらいいなと思ってつくりました。

中野 天花
愛知県 稲沢市立国分小学校 2年

優秀賞<一般社団法人組込みシステム技術協会>

標語
受賞者の声

僕が一番難しいと思ったのは、SNSやメールなどの「メッセージを相手に送る」というものです。使用者がどんどん増えていく中、軽い気持ちで悪口などを送ってしまう人もいるそうです。だから僕は送られた人の気持ちになってじっくり考えて・・・という思いで、この標語をつくりました。最初はこのような素晴らしい賞を頂けるとは考えていませんでした。この標語を見て自分の行動を見直す人が増えてくれると嬉しいです。

佐藤 久暢
秋田県 横手市立横手南中学校 1年

優秀賞<一般社団法人日本教育情報化振興会>

標語
受賞者の声

この度の知らせを聞いた時、まさか自分が受賞するとは思っていなかったので、驚きと嬉びで気持ちが一杯になりました。インターネットについての講演会で、情報の選択が大事だと聞いたので、それを生かして表現しました。今回の標語の作成によって改めてインターネットの危険性を確認する事ができました。これからもインターネットには便利さの裏に未来を壊すような危険があるという事を意識して利用していきたいです。

青木 壮達
神奈川県 伊勢原市立中沢中学校 3年

優秀賞<一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>

標語
受賞者の声

教頭先生から全国区優秀賞入選の話を聞いたとき、すごく嬉しかったです。それは、これまで、何かの賞をもらったこともなかったのに、初めていただいた賞が、こんなすごい賞だったからです。この標語は、インターネットやメールなどで、いやなことを書いたりだましたりする人がいると知って、そんなことをしないでほしいと思って考えました。

川口 健斗
鹿児島県 鹿児島市立伊敷小学校 5年

優秀賞<公益社団法人日本PTA全国協議会>

標語
受賞者の声

このひょうごは、スマートフォンやけいたいをつかっているときのことをかんがえてつくりました。しょうをもらえると、おもっていなかったのでびっくりしました。たくさんのひとにわたしのひょうごをよんでもらえたらいいなとおもいました。ありがとうございました。

野村 杏
鹿児島県 鹿児島市立宇宿小学校 1年

優秀賞<公益社団法人日本PTA全国協議会>

標語
受賞者の声

私は今までは「情報モラル」については深く考えたことはありませんでした。ですが、今回の標語を考えたことで、情報モラルについてしっかりと考えることができたので、よかったです。スマホやパソコンを使ったインターネットと関わることが増えつつある今、個人情報を守るということは大切なことだと思うので、そのことを忘れないようにしていきたいです。また、ネットだけにとらわれずに、家族や友人と一緒に過ごす時間も大切にしたいと思いました。

足立 春奈
京都府 福知山市立夜久野中学校 3年

優秀賞<フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」

標語
受賞者の声

最初、受賞したと聞いた時は、あまりよくわかっていなかったんですが、詳しく聞いてみると、こんな大きなところでの受賞で正直驚きました。こんなに素晴らしい経験を人生の中で、できることをとても嬉しく思います。

桑木野 あずま
大阪府 大阪府立伯太高等学校 1年

優秀賞<モバイルコンピューティング推進コンソーシアム>

標語
受賞者の声

今回まさか受賞するとは思っていなかったのでとても嬉しかったです。この標語を考えるとき、自分に身近なことにしようと思いパスワードについてにしました。私自身も同じパスワードを使い回さないように気をつけていますが、この標語を見て少しでも気をつけてくれる人が増えたらいいなと思います。

谷口 明日香
愛知県 名古屋市立緑高等学校 1年

優秀賞<特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>

標語
受賞者の声

今回の受賞はとてもびっくりしました。このような賞を戴けてとても嬉しかったです。ありがとうございます。この標語を書いた理由は、僕が小学生のときある企業の個人情報流出問題が起きました。このとき自分の個人情報も被害に遭った経験があるからです。そこで、今後このような事件や被害がなくなるようにという思いで作品にしました。

長尾 康生
兵庫県 加古川市立中部中学校 2年

優秀賞<特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>

標語
受賞者の声

優秀賞をいただき、うれしい気持ちでいっぱいです。今の世の中はネット社会がすごく進んでいるので、この標語のように、用心深く気をつけてほしいと思います。

山下 ひかる
鹿児島県 鹿児島市立本名小学校 6年

優秀賞<株式会社ウェブテクノロジ・コム>

標語
受賞者の声

私の標語が選ばれたと知って、とてもおどろきました。友達がはく手しながら、「よかったね。すごい。」といっしょに喜んでくれたので、本当にうれしかったです。私がなぜこの標語を考えたかというと、最近、街中で歩きスマホをしている人を見たり、テレビのニュースで話題にあがっているのを知ったりして、「危ないな。何かふせぐことができないかな。」と思ったからです。私は、スマホを使っている時間を友達と話す時間にかえれば、もっと笑顔のあふれる時間が増えるのではないかなと思っています。

栗山 遥
鹿児島県 鹿児島市立田上小学校 4年

優秀賞<ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社>

標語
受賞者の声

自分は、パソコンスマホなどの詐ぎ、事故が多発していると聞いてこの標語にしました。標語の「考えよう」の意味はクリックをすると詐ぎなどにあうことがあるので気をつけてほしいとあらわしています。詐ぎなどをする人などはお金をとられる人などなにも思っていません。最近では小学生でも巻きこまれることがあります。この標語で、事件などが、1件でもなくなればいいと思います。

布木 涼太
大分県 別府市立春木川小学校 6年

優秀賞<株式会社カスペルスキー>

標語
受賞者の声

しょうをもらえて、とてもうれしかったです。ままだけじゃなくて、くるまをうんてんするひとがみんなすまーとふぉんをみないといいとおもいました。うんてんちゅうのすまーとふぉんはあぶないとおもいます。

亀沢 諒
石川県 千代野小学校 1年

優秀賞<グーグル株式会社>

標語
受賞者の声

僕は、優秀賞を頂けてとても嬉しいです。ネットでのいじめや悪口など本当になくなってほしいです。ネットでは相手がみえないので、好き勝手なことをかいてしまいがちですが、相手が人だということをわすれずに思いやりをもって楽しくネットを利用していけたらな、と思います。

崎野 遥大
鹿児島県 鹿児島市立石谷小学校 6年

優秀賞<実教出版株式会社>

標語
受賞者の声

SNSでの書き込みは瞬く間に世界へと拡散されます。それは便利なことであるとともに、危険なことです。不用意な書き込みは様々なトラブルに繋がることを僕は高校に入ってから深く感じました。投稿前に少しだけこの内容は大丈夫だろうかと考えるだけで防ぐことができたと思います。僕も自分の投稿は適切かどうかよく見直してから投稿しようと思います。素晴らしい賞をいただき、ありがとうございました。

間瀬 智仁
愛知県 名古屋市立工芸高等学校 1年

優秀賞<株式会社シマンテック>

標語
受賞者の声

情報モラルの標語を書くにあたりフリーwifiのしくみなどを参考にしました。標語を読んだ人が、注意できるような標語になっていればいいなと思います。

加藤 由希子
東京都 筑波大学附属中学校 1年

優秀賞<ソースネクスト株式会社>

標語
受賞者の声

私は、今まで受賞とかされたことがなかったので、すごくうれしいです。受賞しようとかは考えてませんでした。なので、このことを聞いた時とてもびっくりしました。別にすごいことを書いたわけではないので、あまり実感ないけどうれしいのは確かです。私はパスワードについて書いたので、私自身がパスワードについては気をつけたいと思います。あと携帯をもっている人たちにも、外に情報がもれないように気をつけてほしいと思って、書きました。

重満 光華
宮崎県 宮崎市立赤江中学校 1年

優秀賞<株式会社ディー・エヌ・エー>

標語
受賞者の声

この賞を受賞できたことを大変光栄に思います。ありがとうございました。受賞したと知った時はうれしい気持ちよりも驚きの気持ちが大きかったです。この標語をかくにあたり、自分自身も情報モラルについて考えさせられました。私は、スマホなどのインターネットを使う前提として、モラルは大切だと思いました。自分自身もしっかりモラルを身につけて、インターネットとうまく関わっていきたいです。

佐伯 桜華
東京都 筑波大学附属中学校 2年

優秀賞<デジタルアーツ株式会社>

標語
受賞者の声

ぼくはパソコンをたまに見ることがあります。ただし、家族の人といっしょに使っています。ウイルスでパソコンがこわれたり、一人で使うと、お金がかかることがこわいから、このひょう語を作りました。みんなが安心して使えるのもりゆうの一つです。この賞がもらえて、とてもうれしいです。ありがとうございました。

綿貫 暁文
東京都 世田谷区立東玉川小学校 2年

優秀賞<トレンドマイクロ株式会社>

標語
受賞者の声

まさか自分が賞を受賞すると思っていなかったので、先生から受賞したことを聞いてとても驚きました。このことをきっかけに、改めてインターネットの使い方について考えたいと思います。

豊島 早織
岡山県 岡山県立岡山工業高等学校 1年

優秀賞<株式会社ネットワールド>

標語
受賞者の声

受賞できてうれしいです。私は、宿題でわからないことを、タブレットで調べます。また音楽をきいたり、まんがを読んだりオンラインゲームをしたりします。ネットでは自分の情報を書いてはいけないと言われています。目には見えないけれど「タブレットの向こうでは知らない人がたくさん見ている」ということを私は利用する際にいつも心がけています。みんなにも気をつけてインターネットを利用してほしいと思います。

橋本 日菜乃
千葉県 船橋市立二和小学校 5年

優秀賞<BBソフトサービス株式会社>

標語
受賞者の声

私は自分の作品が受賞したと聞いた時はとても驚きました。また、私のこの作品を見てSNSやブログなどで嫌な思いをする人が少しでも減ればいいなと思いました。私はこの作品に「軽い気持ちでSNSなどへの投稿をしないでほしい」という意味を込めました。何にしてもこれは載せても大丈夫かということを投稿する前にもう一度よく考えてほしいと思います。そして、誰もが楽しく使えるようになってほしいと思います。

山﨑 碧衣
東京都 田園調布雙葉中学高等学校 1年

優秀賞<マカフィー株式会社>

標語
受賞者の声

ふだんインターネットの書き込みを見ていて、「これは子どもが書いた言葉」、「これは大人が書いた言葉」と区別している人はいないと思います。インターネット上の書き込みでは、たとえ子どもであっても大人と同じ責任が求められると思い、この標語を考えました。今回このような賞をいただけて、ただただびっくりしています。これを機に今まで以上にインターネット上での自分の言葉に気を付けていきたいです。

森 瞳
大阪府 聖母被昇天学院高等学校 1年

優秀賞<ヤフー株式会社 Yahoo!きっず>

標語
受賞者の声

スマホばかり気にしてまわりが見えなくなっている人がいます。スマホでなくその人のとなりにいる人の心の中も、もっと気にしないといけないのにと思います。スマホよりも自分や友だちの心のチェックが大事だと思う。そういう気もちで作りました。受賞できてとてもうれしいです。

伊藤 華
秋田県 横手市立境町小学校 4年

優秀賞<LINE株式会社>

標語
受賞者の声

賞に選んでいただき、とても嬉しく思います。「社会と情報」の授業の中で友達と話しながらできあがった作品です。これからも情報モラルやセキュリティについてしっかり考えながら上手にSNSを活用していきたいと思います。

平川 真衣
宮崎県 都城聖ドミニコ学園高等学校 1年

優秀賞<株式会社ラック>

標語
受賞者の声

ぼくは、家ではパソコンを使ってはいません。だけど、学校であるパソコンクラブに入っていて、インターネットの使い方やモラルなどの指導などを受けています。このコンクールに受賞できて本当にうれしいです。

樋髙 弥希
鹿児島県 鹿児島市立中名小学校 5年

 
 

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること
作品画像をクリックしていただくと拡大して見ることが出来ます。