伝えよう、情報モラル

受賞作品発表

受賞作品

標語部門

言葉を上手に選び、インターネットを安全に楽しく使用するための注意点や工夫などを、短い標語の中で表した作品が賞に選ばれました。
みなさんおめでとうございます。

最優秀賞(独立行政法人情報処理推進機構)
標語

柘植 創太
神奈川県 横浜市立南希望が丘中学校 2年

受賞者の声
私の作品を最優秀賞と言う素晴らしい賞に選んでくださったこと、とても嬉しく思います。このコンクールはインターネットで知りました。今回応募しましたように、正しく利用すればパソコンやスマートホンは、とても便利な物だと思います。しかし、その中には危険が潜んでいる事もあり、そのYes・OKのクリック一つで大変な結果になることもあります。少しでも違和感を覚えた時はクリックする前に一呼吸して、もう一度考えてみる事が必要だと思います。また、内緒にせす家族に相談する事も絶対に必要だと思います。
講 評
ヒップ・ホップを思わせるリズムに乗せて、メッセージを伝えてくる作品です。
短い文章でありながら、具体的な対策を表現している秀作です。

優秀賞(独立行政法人情報処理推進機構)

標語
受賞者の声
まさかぼくが賞をとるなんて思いもしませんでした。道とくのじゅぎょうで、ネットのけい示板に悪口を書いている人がいることをぼくは知りました。DVDを見て、悪口はネットに書き込んでしまうと、大事件につながってしまうことも知り、ぼくは、ぜったいに、ネットに悪口を書いてはいけないと思いました。

大崎 歩
愛知県 知立市立知立南小学校 5年

優秀賞(独立行政法人情報処理推進機構)

標語
受賞者の声
全国的なコンクールで、私の作品が選ばれるなんて、思ってもみませんでした。とても驚きましたが、嬉しかったです。twitterは、だれでも参加できますが、時には人を傷つけることもあります。twitter(tweet)本来の意味を、よく考え、楽しく参加していきたいと思います。

福岡 舞穂
大阪府 吹田市立第六中学校 3年

優秀賞(独立行政法人情報処理推進機構)

標語
受賞者の声
私達が軽い気持ちでしている、リツイート。その軽い気持ちで世界へ自分達の情報が回ってしまうのが恐いと思い、この標語を作りました。私自身も気をつけてSNSを使いたいです。そして、今回このような素敵な賞をいただきありがとうございます。入賞出来るとは思っていなかったのでとても驚きました。これからも情報の授業をしっかり受け、知識をより深めていきたいです。

葛籠貫 千稲
埼玉県 埼玉県立和光国際高等学校 1年

優秀賞(韓国インターネット振興院)

標語
受賞者の声
思いもかけず、このような大きな賞をいただき、とてもうれしいです。最初は、ほかの人が受賞したのかと思いました。これからもネットトラブルを防ぐ活動を示していってほしいですし、自分も気を付けたいなと思いました。

橋 葵
北海道 室蘭市立高砂小学校 6年

優秀賞(韓国インターネット振興院)

標語
受賞者の声
テレビなどインターネットを使った犯罪や人を傷つけるような出来事を見たり聞いたりしていました。ひどいことをする人がいるなぁと思っていたので、今回考える時に心とモラルとういう言葉がまず頭にうかんできました。こんな素晴らしい賞を6年生でもらえると思っていなかったので、正直すごくおどろいています。でも、先生に言われた時はうれしかったです。家族もとても喜んでくれてみんなが「おめでとう。すごいね。」と言ってくれました。

佐藤 耀斗
愛知県 知立市立猿渡小学校 6年

優秀賞(警察庁)

標語
受賞者の声
この標語を書いて、前よりもっとセキュリティなどに気をつけようと思うようになりました。「フィルタリング」という言葉を教えてもらい、しっかり自分の情報を守って、パソコンにもフィルタリングをしようという意見でこの標語にしました。これからも、決められているルールや、自分で決めているインターネットのルールをきちんと守っていこうと思います。この標語を見て「ちゃんとフィルタリングをつけよう」と思ってくれたらいいなと思いました。

小池 一葉
愛知県 知立市立来迎寺小学校 6年

優秀賞(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)

標語
受賞者の声
夏休みの課題で応募した作品が入選するとは思っていなかったけど入選できてよかったなと思います。近頃は情報が誰でも簡単に手に入る世の中で、自分の身に起こる危険が増えると思うので、標語を見てそういう犯罪が減ってくれたらいいし、情報モラルを守って少しでも平和な世の中になればいいかなと思いました。

薗田 沙耶香
愛知県 愛知県立知多翔洋高等学校 1年

優秀賞(一般社団法人組込みシステム技術協会)

標語
受賞者の声
ぼくが選ばれると思っていなかったので、受賞できてとてもうれしいです。ぼくは、電子機器でゲームやLINEをすることがあり、とても便利だし楽しいです。なぜぼくがこの標語を考えたかというと、道徳の授業でネットいじめがあることを知り、こわいと思ったからです。やっぱり誰でも掲示板やLINEなどで悪口を言われるのは嫌だと思うし悪口を書くのもおかしいと思います。ぼくは、みんなが電子機器のこわさをきちんと理解して、楽しく電子機器を使ってほしいです。

内田 晃輔
愛知県 知立市立知立南小学校 6年

優秀賞(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)

標語
受賞者の声
私がこのような賞をもらえたことにすごくびっくりしています。私がこの標語を思いついたのは、歩きながらスマホをやっていた人が自動販売機にぶつかったのを見たからです。もし、自動車や人だったら事故になっていたかもしれません。私が、大人になってスマートフォン・ケータイを持っても、ぜったいにマナーを守り、人にめいわくのかからないように使いたいです。今回はこのような賞をもらえて本当にうれしいです。

コ永 美侑
愛知県 知立市立八ツ田小学校 5年

優秀賞(一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)

標語
受賞者の声
ぼくは以前、学校で情報モラルの授業を受けました。この標語を考えるとき、その授業で「インターネットのトラブルはこわい。」と思ったことを思い出しました。インターネットは便利さだけではなく、危険も隠れているということを忘れずに利用しなければいけないと思います。今回の受賞の知らせを聞いた時は、おどろいたけれど、とてもうれしいです。ありがとうございました。

北谷 爽真
和歌山県 和歌山市立東山東小学校 6年

優秀賞(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)

標語
受賞者の声
一瞬でふっと思いついたのが、まさか受賞するとは思いませんでした。ありがとうございます。これからもパスワード等のセキュリティをしっかり管理したいです。

廣田 隼毅
北海道 北海道札幌月寒高等学校定時制 3年

優秀賞(一般社団法人情報サービス産業協会)

標語
受賞者の声
受賞するとは思っていなかったので、話を聞いたときはとても驚きましたが、このような賞を取ることができ、とても嬉しいです。これからも情報に関することをたくさん勉強したり、この経験を今後活かしていけるようにしたいです。

木谷 文香
千葉県 千葉県立国分高等学校 1年

優秀賞(一般社団法人全国地域情報産業団体連合会)

標語
受賞者の声
今回のコンクールに応募するにあたって、スマートフォンのマナーについて考えました。最近では、歩きスマホをしている人をよく見かけ、ひやひやする場面を目にします。何かが起きてからは遅いので。一人でも多くの人に身近に危険が迫っているということを認識し、安全に生活ができる環境を作っていくということが大切だと感じています。

濱 彩華
兵庫県 兵庫県立伊川谷高等学校 3年

優秀賞(一般社団法人日本教育情報化振興会)

標語
受賞者の声
まさか私が書いた標語が選ばれるとは思っていなかったのでとてもうれしいです。先生から聞いたときは驚きました。今、ネットでのトラブルが急増しています。トラブルが起きないために何が大切なのだろうと考え、人と思いやることだと思いました。私自身もネットをよく利用するので、注意しながら利用しようと思います。ネットでのトラブルが早くなくなってほしいです。

野間口 沙弥
福岡県 古賀市立古賀北中学校 3年

優秀賞(一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会)

標語
受賞者の声
私は、メールやラインなどが原因で事件・事故に巻き込まれる中・高校生のニュースを見て心を痛めました。私も、中学生になって携帯電話を買ってもらいました。電話・メールなど、とても便利です。しかし、使い方を間違えるといじめなどにもつながると思います。文字ではなく、心のつながりが大切だと思います。この作品にはこのような願いが込められています。受賞することができてとても嬉しいです。ありがとうございました。

黒田 祐未
福岡県 福岡市立筑紫丘中学校 3年

優秀賞(特定非営利活動法人ITコーディネータ協会)

標語
受賞者の声
まさか自分がこのようなすばらしい賞をいただけると思っていなかったので、とてもうれしいです。最近、セキュリティに関する問題が発生しているので、そのような問題を防ぐことができたら良いなと思い、考え出しました。この標語を見て、少しでも多くの人がセキュリティに関心を持ってもらえれば良いなと思います。

佐藤 美槻
東京都 世田谷区立東玉川小学校 6年

優秀賞(特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会)

標語
受賞者の声
優秀賞という名誉ある賞を頂けてとても嬉しく思います。ネットを介しての問題がたくさん浮上している今、この標語を見て、少しでも書き込みに対する意識を高く持っていただけたら光栄です。また、自分自身もネットの恐ろしさを痛感する良い機会になりました。本当にありがとうございました。

土田 菜奈
岐阜県 岐阜県立岐阜総合学園高等学校 1年

優秀賞(株式会社ウェブテクノロジ・コム)

標語
受賞者の声
ぼくは、先生から電話がかかってきたときわすれ物でもしたのかと思いました。でもゆうしゅう賞にえらばれたと聞いたときはジェットコースターに乗ったときよりもビックリしました。ぼくは先月、登校中にゴミを落としている人を見ました。いぜんぼくのおばあちゃんが車上あらしにあっているのも聞きました。いつもゴミくらいと言ってゴミを落とす人が多いけどそれも小さな小さな犯罪だとぼくは思います。けいさつも犯罪者がいなければ必要ありません。ぼくは日本中犯罪が一つもない平和な国になってほしいです。

土平 洋登
愛知県 知立市立八ツ田小学校 5年

優秀賞(ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社)

標語
受賞者の声
入賞できるとは全く思っていなかったので、賞をいただいたと聞いたときは、とても驚きました。まさかこの標語で賞を受賞できるとは本当に思ってもいなかったのですが、とても嬉しいです。ありがとうございます。これからも、情報モラルをしっかりと守り、セキュリティの管理などに気を付けながらメディアや情報機器などに接していきたいと思います。素晴らしい賞を受賞でき光栄です。ありがとうございました。

佐藤 健文
新潟県 長岡市立栖吉中学校 3年

優秀賞(株式会社カスペルスキー)

標語
受賞者の声
今回、受賞できてとてもうれしかったです。私はこの作品をつくるにあたって、友達から意見を聞いたりしてインターネットについて考えました。この標語を通して少しでも多くの人に日頃から利用している「SNS」についてしっかりと考えてもらえたら良いと思います。

野口 里咲
千葉県 銚子市立銚子高等学校 2年

優秀賞(京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学)

標語
受賞者の声
現在、インターネット上の悪意のある書き込みやネット犯罪が危惧されています。しかし、私は数多くの良識ある行動が行われていることも知っています。インターネットの危険性や無情さだけを見て「インターネットは怖い」と判断するのではなく、利用する人間の愛ある行動に目を向ければ、「インターネットは楽しい」と感じることが出来ます。私はこのことを多くの人に知ってもらう為にこの標語を作りました。その標語が「優秀賞」という賞を頂き、感無量です。この標語を通じて、少しでも多くの人にインターネットを上に溢れている人の愛を改めて感じ、その愛を助長していこうと考えて頂けたら嬉しいです。

野田 直希
神奈川県 神奈川県立神奈川総合産業高等学校 1年

優秀賞(グーグル株式会社)

標語
受賞者の声
このひょう語を考えた時、いくつかことばをならべてみて、どうしようか一生けんめい考えた。「おぼえよう」とよびかければ、おぼえてねというメッセージがみんなにつたわるかな、とか、インターネットではせかい中の人とつながれるので「せかい」ということばをつかいたい、とか、思って書いた。出来上がった時は、うまく出来たぞ!とすっきりした気もちだった。先生から、ゆうしゅうしょうをじゅしょうしたとお聞きした時はどういうことかよく分からず、ただびっくりだった。先生からくわしくせつ明していただき、自分がそんなしょうをもらえるなんて思ってもみなかったので、おどろいたけれど、とってもうれしくて、やったあと思った。ぼくのひょう語をえらんでくださって、ありがとうございました。

野口 慶祐
東京都 世田谷区立東玉川小学校 2年

優秀賞(実教出版株式会社)

標語
受賞者の声
このような賞をいただけると思っていなかったので本当に嬉しかったです。今、誰もが知っている、そして利用しているLINEやSNSなどで「既読無視」ということでトラブルにあったり悩んでいたり、いろいろ大変だと思います。少しでも多くの人の「既読無視」トラブルの解決のヒントになればいいなと思っています。楽しくて便利なSNSも使い方次第で大切な友情や絆が崩れてしまうこともあります。わたし自身もそうですが、みなさんも広い心でSNSを利用していきましょう。

原 京香
新潟県 新潟県立新発田商業高等学校 3年

優秀賞(株式会社シマンテック)

標語
受賞者の声
近年、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の普及によって、同じ趣味や価値観を持った人たちと交流したり、日本だけでなく世界の人々とも繋がることができるなどコミュニケーションの輪がどんどん広がっています。便利でも楽しい社会へと展開していく一方で、SNSにはセキュリティやプライバシーに関わる問題が数多くあります。そこで、S・N・Sそれぞれの頭文字をとってこの標語を作りました。一人一人が情報モラルを身につけ、情報システムをうまく活用していくことが大事だと改めて感じました。受賞できて嬉しかったです。

白石 彩夏
東京都 富士見中学高等学校 2年

優秀賞(ソースネクスト株式会社)

標語
受賞者の声
今回入賞したと聞いてとてもびっくりしました。正直、この標語はぼくがいつも気をつけていることで、この他にも気をつけていることもあります。なので十七音に入り切るように調整しただけです。このたった十七音で少しでも「なりすまし」などの犯罪が減ったらいいなと思いました。

本多 凌雅
愛知県 名古屋市立向陽高等学校 1年

優秀賞(株式会社ディー・エヌ・エー)

標語
受賞者の声
受賞できると思っていなかったので、とてもうれしいです。この標語が1人でも多くの人の目にとまって、「ああ、自分の言葉で相手の目を見て伝えてみよう」と思ってくれる人が1人でもいたらいいなと思います。今回の受賞を通して、画面の向こうの文字や情報に頼るのではなく、自分の思いを大事にすることは大切なんだと改めて感じました。

木嶋 亜月
北海道 札幌市立新川西中学校 2年

優秀賞(トレンドマイクロ株式会社)

標語
受賞者の声
標語をつくるときに考えたことは、「自分に身近なこと」でした。自分のパスワードを簡単に決めて、しかもいつも同じものを使っているという話を聞いたことがあり、そこから思いついたものです。自分もパスワードを工夫し、インターネットで上手に使っていきたいです。

草間 敬太
茨城県 茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞(日本マイクロソフト株式会社)

標語
受賞者の声
ぼくたちのクラスでは、ケータイについて話し合ったことがあります。その中でぼくたちは、ケータイはとても便利な物だけど、その裏ではラインを使ったいじめなど、おそろしいことがあることを話し合いました。でもぼくがこわいと思ったのは、便利だと思って使っていると、知らず知らずのうちに自分の情報がもれてしまうことがあるということです。だからぼくはこの標語を書きました。自分のこともきちんとロックしないといけないなと言う思う気持ちを表現しました。ぼくは、入賞すると思っていなかったので、入賞することができてうれしいです。

倉持 冴涼
愛知県 知立市立来迎寺小学校 6年

優秀賞(Yahoo!きっず)

標語
受賞者の声
しょうにえらばれるとおもっていなかったので、とてもうれしいです。ぼくのひょうごをたくさんのひとによんでもらいたいです。これからもいいひょうごをつくりたいです。ありがとうございました。

羽田 幸正
山梨県 富士吉田市立明見小学校 1年

優秀賞(LINE株式会社)

標語
受賞者の声
自分はまだスマホを使っていないが、まわりの友達やニュースなどでモラル・マナーは大切だと思った。1学期に国語の授業で作った標語なので忘れていたが、受賞を聞いておどろいた。

宮崎 眞大
東京都 文京区立第九中学校 2年

優秀賞(株式会社ラック)

標語
受賞者の声
まず私は「思いやり」と言う事をすごく大切にしようと思っています。最近はLINEなどを使う人も多いけど、相手の表情が分からないので、おこっていないのにおこってると、とらえられてしまったりなど、かんちがいがおきて、けんかになったりしたことが、私は、じっさいにあります。だからふだんから思いやりは大切だけど、見えないこそ相手の気持ちを考えることは大切なんじゃないのかな?と思いこの標語を書きました!

金城 真実
神奈川県 川崎市立臨港中学校 1年