HOME情報セキュリティセミナー・イベント情報セキュリティと行動科学ワークショップ

本文を印刷する

情報セキュリティ

情報セキュリティと行動科学ワークショップ

最終更新日 2009年09月16日
掲載日 2009年09月16日

  IPAでは、情報セキュリティ対策における人間の振る舞いを調査、研究する試みを昨年度より開始しています。このたび、環境配慮行動について新進の研究者による講演とIPAのこの1年間の成果・活動状況を紹介するワークショップを開催することになりました。ワークショップは、電子情報通信学会のSITE(技術と社会・倫理研究会)、情報処理学会のSPT(セキュリティと心理学、トラスト研究グループ)の発表と合同で開催します。

開催概要

開催日時: 2009年10月07日(水) 10:00より
会場: IPA 13階会議室
対象: 情報セキュリティの学際領域(経済、心理学、経営、政策)等に興味のある実務者、研究者、技術者。
費用: 無料
申込み方法:

会場の関係で、参加ご希望のかたはメールでお知らせください。
また、当日18:30より懇親会(会費:4000円)を開催します。 ふるってご参加ください。

メールあて先: 
メール本文に、ご所属、お名前をご記入ください。
また、懇親会ご出席の方は、「懇親会出席」とご記入ください。

プログラム

10:00~14:00 電子情報通信学会 SITE研究会
http://www.ieice.org/~site/
14:30~15:20 IPA 招待講演 「意思はあるのに実行しない心理」(仮称)
甲南女子大学 大友章司 講師
http://www.konan-wu.ac.jp/staff/ootomo.html
15:25~15:55 IPA「情報セキュリティと行動科学研究会」活動報告
 
16:00~18:00 情報処理学会 SPT研究グループ
http://lab.iisec.ac.jp/~uchida_lab/spt/conf1007.html