HOME情報セキュリティセミナー・イベント2006年情報セキュリティセミナー開催のご案内

本文を印刷する

情報セキュリティ

2006年情報セキュリティセミナー開催のご案内

2006年6月1日
独立行政法人 情報処理推進機構

 独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA 理事長:藤原武平太)は、経済産業省および日本商工会議所と共催で、第12回情報セキュリティセミナーを開催します
 昨年度は全国16ヶ所で開催しましたが、今年度は6月5日の岩手県盛岡市を皮切りに全国20ヶ所程度での開催を予定しています。

  今日、産業や政府活動、国民生活の多くがコンピュータやコンピュータネットワークに依存し、ITは企業の競争力を高めるために必要不可欠な要素となっています。他方、企業や官公庁からの情報漏えい、PCの紛失や盗難、不正アクセスを受けたWebサイトの一時閉鎖などの事件が相次いで起きています。
  このような状況はもはや他人事ではなく、事件に見舞われた時には、顧客に重大な損害を与え、自社に不利益をもたらすだけでなく、社会的責任を問われ、企業としての信用・信頼を失ってしまう恐れがあります。
  情報システム上で金銭や個人情報などを狙う手法、コンピュータウイルス、スパイウェアなどの不正なプログラムは常に新たなものが生まれています。事業者は事件・事故を未然に防ぐために日々最新の情報を入手し、技術的な対策や社内における人的管理、組織的管理や教育などの対策を講じる必要があります。
  このような状況を踏まえ、企業や組織において情報セキュリティ対策を実施する、セキュリティ責任者・担当者、システム管理者、システム運用担当者を主対象に、情報セキュリティの管理面・経営面・技術面からの対策に関するセミナーを全国各地で開催します。

■ 開催時期

 2006年6月~ 2007年3月

■ 開催地

  6月 岩手県盛岡市、和歌山県海南市
  7月 北海道札幌市、富山県富山市、静岡県藤枝市、兵庫県尼崎市、福岡県朝倉市
  8月以降は6月下旬決定の予定です。

■ 概要

 今年度は昨年度の「基礎コース」、「マネジメントコース」、「技術コース」という対象者を分けたコース設定を踏襲しながら、更に事例を追加し、より具体的に対策を理解できるようにしました。また、「技術コース」にウェブおよびネットワークの安全な運用管理のケーススタディを解説するコースを「専門編」として新たに追加し、全部で4つのコースを実施します。

[基礎コース]

 インターネットにおける脅威の変遷、コンピュータウイルス・スパイウェア・フィッシング・ワンクリック詐欺等の被害事例と被害に遭わないための対策について解説します。

[マネジメントコース]

 情報セキュリティ対策を具体的に解説します。また、被害事例、セキュリティポリシー、評価認証と税制、セキュリティ対策自己診断テスト、事業継続計画等について解説します。

[技術コース 標準編]

 組織における情報セキュリティについて、ソフトウエア自体の脆弱性や設定の不備等から生じる脆弱性、脆弱性への攻撃によるサーバ・ネットワーク・ウェブアプリケーションへの脅威を解説します。また、それらの脅威への対策について解説します。

[技術コース 専門編]

 ウェブサイトやネットワークの安全な運用管理方法について、ケーススタディを通して具体的に解説します。

■ 参加費用

  無料

本件に関するお問い合わせ先:

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター 中山
Tel: (03)5978-7508
Fax: (03)5978-7518
E-mail:電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先:

独立行政法人 情報処理推進機構 戦略企画部 広報グループ 横山/佐々木
Tel: (03)5978-7503
Fax: (03)5978-7510
E-mail:電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。