HOME情報セキュリティセキュリティエコノミクス情報セキュリティと行動科学の調査研究活動

本文を印刷する

情報セキュリティ

情報セキュリティと行動科学の調査研究活動

情報セキュリティ対策は、リスクに対応した技術とマネジメントの二つの局面からの対策が必要とされてきました。しかしながら、リスクを明確に認知できない利用者にとってセキュリティ対策をとるための動機づけが弱く、また経営者が最適なセキュリティ対策(投資)をとる際の意思決定メカニズムを分析した試みは乏しい状況です。このため、社会心理学、行動経済学などの観点から、情報セキュリティ対策の効果について実証的な研究を進めています。