HOME情報セキュリティSymantec 製品の脆弱性対策について(CVE-2016-3647 等)

本文を印刷する

情報セキュリティ

Symantec 製品の脆弱性対策について(CVE-2016-3647 等)

最終更新日:2016年7月7日

※追記・改訂すべき情報がある場合には、その都度このページを更新する予定です。

概要

Symantec 製品に関する脆弱性が複数公表されています。
これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御され、様々な被害が発生する可能性があります。

本脆弱性を使用した攻撃コードが公開されているため、至急、製品開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

なお、企業向け製品においては、自動更新では修正されない場合があるため、アップデート方法についてベンダサイトをご確認ください。

対象

以下の Symantec 製品が対象です。

    企業向け製品
  • Advanced Threat Protection (ATP)
  • Symantec Data Center Security:Server (SDCS:S)
  • Symantec Web Security .Cloud
  • Email Security Server .Cloud (ESS)
  • Symantec Web Gateway
  • Symantec Endpoint Protection (SEP)
  • Symantec Endpoint Protection for Mac (SEP for Mac)
  • Symantec Endpoint Protection for Linux (SEP for Linux)
  • Symantec Protection Engine (SPE)
  • Symantec Protection for SharePoint Servers (SPSS)
  • Symantec Mail Security for Microsoft Exchange (SMSMSE)
  • Symantec Mail Security for Domino (SMSDOM)
  • CSAPI
  • Symantec Message Gateway (SMG)
  • Symantec Message Gateway for Service Providers (SMG-SP)
  • Symantec Endpoint Protection Manager and client

  • 個人向け製品
  • Norton Product Family
  • Norton AntiVirus
  • Norton Security
  • Norton Security with Backup
  • Norton Internet Security
  • Norton 360
  • Norton Security for Mac
  • Norton Power Eraser (NPE)
  • Norton Bootable Removal Tool (NBRT)

対策

脆弱性の解消 -アップデートする -

Symantec 社から提供されているアップデートを適用して下さい。
詳細については以下のサイトを参照してください。

参考情報

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター

E-mail:

更新履歴

2016年07月07日 対策と参考情報の更新
2016年07月05日 掲載