HOME情報セキュリティMicrosoft 製品の脆弱性対策について(2016年1月)

本文を印刷する

情報セキュリティ

Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年1月)

最終更新日:2016年1月13日

※追記すべき情報がある場合には、その都度このページを更新する予定です。

概要

2016 年 1 月 13 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが 9 件公表されています。
これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御され、様々な被害が発生する可能性があります。

攻撃が行われた場合の影響が大きいため、できるだけ早急に修正プログラムを適用して下さい。

  • Internet Explorer などサポート終了製品への影響について
    2016 年 1 月 12 日(米国時間)を過ぎると、Microsoft 社が提供する Internet Explorer のサポート対象が“各 Windows OSで利用可能な最新版のみ”にポリシーが変更されます。
    サポート終了製品に、新しく発見された脆弱性がある場合でも Microsoft 社からは公表されることはありませんので、被害が発生する前に、サポート中の製品への移行を推奨します。注意喚起も併せてご確認ください。

対策

1.脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用

Microsoft 社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。Windows Update の利用方法については以下のサイトを参照してください。

参考情報

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター

E-mail:
※個別の環境に関するご質問を頂いても回答ができない場合があります。詳しくは製品ベンダなどにお問合せください。

更新履歴

2016年01月13日 掲載