HOME情報セキュリティInternet Explorer の脆弱性対策について(CVE-2013-3893)

本文を印刷する

情報セキュリティ

Internet Explorer の脆弱性対策について(CVE-2013-3893)

最終更新日:2013年10月9日

※追記すべき情報がある場合には、その都度このページを更新する予定です。

概要

マイクロソフト社の Internet Explorer にリモートからコード(命令)が実行される脆弱性が存在します。
この脆弱性が悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御される可能性があります。

既に、当該脆弱性を悪用した攻撃が確認されているとの情報があるため、至急、修正プログラムを適用して下さい。

対象

以下のマイクロソフト製品が対象です。

  • Internet Explorer 6
  • Internet Explorer 7
  • Internet Explorer 8
  • Internet Explorer 9
  • Internet Explorer 10
  • Internet Explorer 11

対策

======== 10/9 追記 ========

1.脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用

マイクロソフト社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。修正プログラムの適用方法には、Microsoft Update による一括修正の方法と、個別の修正プログラムをダウンロードしてインストールする方法があります。

=======================

2.回避策

  • Fix it を適用する
    マイクロソフト社から、本脆弱性を悪用した攻撃コードが実行されないようにする回避策が提供されています。
    次のページ内に記載されている「Fix it で解決する」の「この解決策を有効にする」ボタンをクリックし、画面の指示に従い、Fix it 51001 をインストールしてください。
    回避策を解除する場合は、同ページ内の、Fix it 51002 をインストールしてください。

  • Microsoft Security Advisory: Vulnerability in Internet Explorer could allow remote code execution
    http://support.microsoft.com/kb/2887505/ja

  • Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) を使用する
    EMET は、ソフトウェアの脆弱性が悪用されるのを防止するためのツールです。
    導入する際には、次のページを参考にしてください。

    Enhanced Mitigation Experience Toolkit
    http://support.microsoft.com/kb/2458544/ja

参考情報

更新履歴

2013年10月9日 対策情報を追記
2013年9月18日 掲載