HOME情報セキュリティ脆弱性対策情報Microsoft Office の脆弱性(MS07-015) について

本文を印刷する

情報セキュリティ

Microsoft Office の脆弱性(MS07-015) について

最終更新日:2007年 2月14日

※追記すべき情報がある場合には、その都度このページを更新する予定です。

概要

マイクロソフト社の Windows Office の PowerPoint および Excel にリモートからコード(命令)を実行される脆弱性(932554)(MS07-015)が存在します。

  • PowerPoint の不正な形式のレコード メモリの破損の脆弱性
  • Excel の不正な形式のレコードの脆弱性

この脆弱性は、巧妙に細工されたファイルが開かれた場合、悪用される可能性があります。このようなファイルは、電子メールの添付ファイルに含まれているか、または悪意のある Web サイトに置かれている可能性があります。巧妙に細工をされたファイルをユーザが開くことにより、この脆弱性が悪用され、リモートからコードを実行される可能性があります。
ユーザが管理者ユーザ権限でログオンしている場合、攻撃者がこの脆弱性を悪用し、影響を受けるコンピュータを完全に制御する可能性があります。

Excel の脆弱性を利用したウイルスが既に確認されているため、至急、修正プログラムを適用して下さい。

対象

  • Microsoft Office 2000 Service Pack 3
    • Microsoft Access 2000
    • Microsoft Excel 2000
    • Microsoft FrontPage 2000
    • Microsoft Outlook 2000
    • Microsoft PowerPoint 2000
    • Microsoft Publisher 2000
    • Microsoft Word 2000
  • Microsoft Office XP Service Pack 3
    • Microsoft Access 2002
    • Microsoft Excel 2002
    • Microsoft FrontPage 2002
    • Microsoft Outlook 2002
    • Microsoft PowerPoint 2002
    • Microsoft Publisher 2002
    • Microsoft Visio 2002
    • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Office 2003 Service Pack 2
    • Microsoft Access 2003
    • Microsoft Excel 2003
    • Microsoft Excel Viewer 2003
    • Microsoft FrontPage 2003
    • Microsoft InfoPath 2003
    • Microsoft OneNote 2003
    • Microsoft Outlook 2003
    • Microsoft PowerPoint 2003
    • Microsoft Project 2003
    • Microsoft Publisher 2003
    • Microsoft Visio 2003
    • Microsoft Word 2003
    • Microsoft Word Viewer 2003
  • Microsoft Project 2000 Service Release 1
  • Microsoft Project 2002 Service Pack 1
  • Microsoft Visio 2002 Service Pack 2

対策

1. 脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用 -

マイクロソフト社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。
修正プログラムの適用方法には、Microsoft Update または Office Update による一括修正の方法と、個別の修正プログラムをダウンロードしてインストールする方法があります。

2. 回避策

マイクロソフト社から提供される情報を参照して下さい。

参考情報

更新履歴

2007年 2月14日 掲載