HOME情報セキュリティ届出・相談情報セキュリティ安心相談窓口よくある相談と回答(FAQ):偽セキュリティソフト

本文を印刷する

情報セキュリティ

よくある相談と回答(FAQ):偽セキュリティソフト

最終更新日:2014年9月10日
独立行政法人 情報処理推進機構
情報セキュリティ 安心相談窓口
anshin@ipa.go.jp

はじめに

パソコンにウイルス対策ソフトを入れていないのに、突然「貴方のパソコンはウイルスに感染している」とか「貴方のパソコンから個人情報が流出している」のような警告が表示され、指示に従ってパソコンをスキャンすると、「○個のウイルスが検知されたので、駆除するには有償の対策ソフトを購入する必要があります」のような画面が表示され、クレジットカード決済でセキュリティソフトを購入させようとする不正なプログラムがあります。

仮に貴方のパソコンが本当にウイルスに感染していたとしても、貴方のパソコン外からそれを知るためには、貴方の許可なく貴方のパソコン内を調べる必要があり、そのようなことを行う者を信用することはできません。
実際には、貴方のパソコンがウイルスに感染しているかどうか調べずに、嘘の情報で脅かし、いい加減なソフトを購入させようとしています。

このようなソフトを「偽セキュリティソフト」といい、そのソフトでコンピュータウイルスを防いでくれるはずもなく、場合によっては、貴方の個人情報を盗んだり、パソコンを動かなくしてしまう危険さえあります。

よくある質問と回答

すべての回答を開く すべての回答を閉じる
Q1 偽セキュリティソフトに感染してしまったようです。どうしたらいいですか?
Q2 感染ファイルを駆除するために料金の支払いを促されるが、支払えば本当に駆除してくれるのか?
Q3 万が一、偽セキュリティソフトだと気づかずにクレジットカード番号を入力して購入してしまった場合、どうしたらいいですか。
Q4 何か変なソフトウェアのメッセージが画面に現れた。
Q5 セーフモードで起動しても、偽セキュリティソフトが邪魔してシステムの復元が動かない。
Q6 偽セキュリティソフトを購入してしまった。今後、勝手にソフトの年間契約とかされるといやなので、販売元と解約したい。

参考