HOME情報セキュリティ【注意喚起】IPAの注意喚起メールを騙った不審メールに注意!

本文を印刷する

情報セキュリティ

【注意喚起】IPAの注意喚起メールを騙った不審メールに注意!

~ Microsoft製品やAdobe製品の注意喚起情報を悪用したメールを確認 ~

2015年7月17日
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、本日7月17日、IPAの名前を騙った不審メールが出回っていることを確認しました。当該不審メールにはウイルス感染を目的とした添付ファイルが付いているため、安易に不審メールを開かないよう注意してください。

 本日7月17日に、外部組織より「IPAの名前を騙った不審メールが届いた」と情報提供がありました。IPAが確認したところ、IPAが7月15日に発信したMicrosoft製品やAdobe製品に関するセキュリティ対策情報が用いられており、IPAからのメールニュースを模した内容となっていました。また、このメールには本来のメールニュースには存在しないはずの圧縮ファイル(.zipファイル)が添付されていました。

 IPAが提供情報を分析した結果、添付されていた圧縮ファイルを展開すると、ショートカットファイル(.lnkファイル)が現れ、これはウイルス感染を目的とするファイルであることが確認されました。
 また、メールの件名と本文はIPAが公開している実在のウェブページを元に作成されており、添付ファイルの開封を促すような文面となっています。

 当該不審メールの特徴は以下の2点です。

  • 送信元がフリーメールであった
  • 本来のメールニュースには無いはずの「添付ファイル」がある
 IPAはこうした不審メールが広く出回る可能性を懸念しています。日頃からIPAのセキュリティ対策情報のメールニュースを利用している人は、より一層の注意が必要です。
 また、IPAのメールニュースを利用していない人は、本来IPAからのメールニュースは届きません。

 なお、IPAが広く一般に提供するメールニュースは、添付ファイルは絶対に存在しません。また、テキスト形式にて配信しているほか、フリーメールを使用することは絶対にありません。
 そのため、IPAからのメールニュースに添付ファイルがある場合は、不審メールである可能性が高いため、そのようなメールは開封しないでください。また、不審メールがHTML形式である場合、本文内のリンクがマルウェア感染を目的としたURLに偽装されている場合がありますので、安易にクリックしないでください。

 IPAの名前を騙った不審メールを含め、情報セキュリティに関するご不安やご不明な点がある場合は、IPAまでご相談ください。
情報セキュリティ安心相談窓口

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 松坂/入澤

Tel: 03-5978-7527 Fax: 03-5978-7518 E-mail: 電話番号:03-5978-7527までお問い合わせください。

報道関係からのお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報グループ 横山/白石/一家

Tel: 03-5978-7503 Fax: 03-5978-7510 E-mail: 電話番号:03-5978-7503までお問い合わせください。