これまでの活動内容報告書・成果物実績ESCR C++英語版

本文を印刷する

ESCR C++英語版

2013年4月1日 更新
2013年3月29日 公開
独立行政法人情報処理推進機構
 技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

概要

   IPA/SECでは、C++言語による組込みソフトウェア開発向けに、コーディング作法を体系的に整理し、開発プロジェクトで遵守するコーディング規約の作り方を解説した、『組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド[C++言語版]』(ESCR C++)を提供しています。2010年の発行以来、多くの皆様にご活用いただいておりますが、オフショア開発を進める国内企業やツールベンダーからESCR C++の英語版を提供して欲しいという要望があったため、今回、こうした皆様のご要望にお応えするかたちでESCR C++の英語版を作成しました。
  また、2013年4月1日より利用許諾申請書の提出が不要となりました。

  • ESCR C++英語版は、日本語で公開しているESCR C++(V.1.0)の内容構成をそのまま英語化したものです。
ESCR

ダウンロード

注:PDF形式での提供となっております。
  ダウンロードファイルのお取り扱いについては、こちら をご確認ください

ESCR C++英語版PDF[6.18MB]

報告書・成果物実績