これまでの活動内容報告書・成果物実績SEC BOOKS 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]

本文を印刷する

SEC BOOKS 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]

2013年3月8日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

書籍概要

  IPA/SECでは、組込みソフトウェアの開発を対象とした「組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]」を発行いたします。

  本書は、組込みシステムにおけるテスト工程でのバグ管理の重要性や、システム利用環境下での自然現象の考慮(*1)など、組込みシステムならではの事情を踏まえたバグ管理の方法のほか、バグ管理を行う上での様々な課題を解決するための、考え・手法・工夫・基準等を整理しまとめたものです。高品質化への要求と製品価格・納期に対する要求を両立させたバグ管理を行うための手法やポイントを具体的な事例を基に紹介しています。

  特に、組込みソフトウェア開発の実務者や経営者、品質管理責任者などが“バグ”管理の重要性を理解し、“バグ”管理の戦略や体制、プロセスなどを整備する際の参考にすることで、ソフトウェアの品質と信頼性向上を進めていただけると考えています。
  本書を多くの組込みソフトウェア開発事業者の開発者の方々に利用していただくことにより、組込みソフトウェアの品質や信頼性を向上させることが期待できます。

  IPA/SECでは、本書の公開にあわせて各種関連したセミナーを企画しており、その詳細や利用方法を含めて順次、ご案内の予定です。

 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]

書籍名 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]
編集・発行 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
技術本部  ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)
発行日 2013年3月8日
サイズ A5判
ページ数 91ページ
ISBN 978-4-905318-16-3
定価 500円(本体477円+税)

脚注

(*1) 空調機器等における気温や湿度、自動車等の屋外利用機器における天候の変化など

購入

「組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]」の購入とPDF版ダウンロードはこちら

報告書・成果物実績