これまでの活動内容報告書・成果物実績SEC BOOKS 共通フレーム2013~経営者、業務部門とともに取組む「使える」システムの実現~

本文を印刷する

SEC BOOKS 共通フレーム2013~経営者、業務部門とともに取組む「使える」システムの実現~

2013年3月4日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

書籍概要

    「ソフトウェア、システム、サービスに関係する人々が”同じ言葉を話す”ことができるよう、共通の枠組みである「共通フレーム2013」を作成しました。
   ソフトウェア、システム、サービスの構想から開発、運用、保守、廃棄に至るまでのライフサイクルを通じて必要な作業項目、役割等を包括的に規定した共通の枠組みです。その詳細、使い方を解説しています。
  本書は以前の版である「共通フレーム2007第2版」を大きく変更しリニューアルしたものです。主な特徴として以下があります。
  • ベースとなる国際規格をJIS X 0160:2012に変更
  • 要件定義プロセスに、要件定義の国際規格であるISO/IEC/IEEE 29148のエッセンスを導入
  • 運用・サービスとシステム開発の連携を考慮した、サービスプロセスの導入
  • システム開発とソフトウェア開発の明確な分離

 組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド

書籍名 共通フレーム2013
~経営者、業務部門とともに取組む「使える」システムの実現~
編集・発行 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
技術本部  ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)
発行日 2013年3月4日
サイズ B5変形判
ページ数 408ページ
ISBN 978-4-905318-19-4
定価 1,500円(本体1,429円+税)

購入

「共通フレーム2013」の購入はこちら

報告書・成果物実績