これまでの活動内容報告書・成果物実績SEC BOOKS:ソフトウェア開発データ白書2012-2013

本文を印刷する

SEC BOOKS:ソフトウェア開発データ白書2012-2013

2012年10月1日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

書籍概要

  IPA/SECでは、ソフトウェア開発に関する様々な課題の改善に向け、品質の安定化や評価の定量化等による開発の改善を実現する活動として、プロセスの標準化や定量的アプローチといった科学的マネジメントを普及促進しています。この活動の一環として、ソフトウェア開発データの収集を行っており、収集したデータをまとめた「ソフトウェア開発データ白書」を2005年から継続して発行してきました。同白書は、ソフトウェア開発の受発注者間の合意形成や開発評価の場面などで活用されており、今回発行する「ソフトウェア開発データ白書2012-2013」はその第7版となります。

  本書は、新規に505件を加え、総計3,089件のソフトウェア開発プロジェクトのデータを収録しています。これらのデータに対して、小規模開発や開発範囲の違いなどによる生産性を、新たに分析記載しました。また、品質関連の分析として、開発方法論や人員の違いなどによる信頼性分析および、テストカバレッジの状況等を追加しております。これにより、ベンチマークのバリエーションが拡大するなどプロジェクトでの利用が広がりました。

ソフトウェア開発データ白書2012-2013
書籍名 ソフトウェア開発データ白書2012-2013
編集・発行元 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)
発行日 2012年9月25日
サイズ A4変形版
ページ数 420ページ
ISBN 978-4-905318-12-5
定 価 2,000円(税込)

購入・ダウンロード

「ソフトウェア開発データ白書2012-2013」の購入とPDF版ダウンロードはこちら

報告書・成果物実績