これまでの活動内容報告書・成果物実績2012年度「ソフトウェア産業の実態把握に関する調査」のお願い

本文を印刷する

2012年度「ソフトウェア産業の実態把握に関する調査」のお願い

2012年12月27日更新
2012年9月7日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

概要

   本調査は、ソフトウェア技術の観点から、わが国のソフトウェア産業の実態を把握するために行うものです。昨年度と同様、今年度も組込み系ソフトウェア開発企業やエンタプライズ系の情報システム/ソフトウェアの開発企業(ベンダ)並びにその利用企業(ユーザ)を対象とし、ソフトウェア産業全体について総合的な調査・分析を行います。本調査で得られた情報は、広く各企業の皆様からも利用可能とし業界内の自社ポジションの把握や改善に役立てて頂くとともに、わが国のITシステムの信頼性向上や、ソフトウェア産業の国際競争力強化に向けた情報処理関連の施策立案等のための基礎資料とします。

  本調査は以下の構成になっており、それぞれに対応する調査票を用意しました。主旨をご理解の上、できるだけ多くの企業の皆様に調査にご協力頂く様、お願い致します。
 1.  組込み系向け調査票
 2.  エンタプライズ系ソフトウェアベンダ向け調査票
 3.  エンタプライズ系ユーザ向け調査票

  本調査の回答受付は本日をもって終了しました。
  大変な調査であるにもかかわらず、昨年度実績を超える数の企業から回答を頂きました。 ご協力頂いた企業の皆さまに厚く御礼申し上げます。
  今後データの集計等をすすめ、調査報告書をSECウェブサイトにて来年公開させて頂きます。

ダウンロード

ソフトウェア産業の実態把握に関する調査
 ・組込み系向け 調査票[429KB]PDF 調査票[142KB]WORD
 ・エンタプライズ系ソフトウェアベンダ向け 調査票[543KB]PDF 調査票[196KB]WORD
 ・エンタプライズ系ユーザ向け 調査票[418KB]PDF 調査票[139KB]WORD

本調査データの取扱いについて

  本調査データの取扱いは厳重に管理されます。本調査データは守秘義務を課せられた特定の従事者のみが取扱います。回答いただいた個別の調査票は厳重に保管されます。
  本調査データは本調査目的以外に使用されることは一切ありません。回答いただいた個別の調査データはそのままの形で公表されることはありません。また、個人情報や企業情報が個人や企業を特定する形で公表されることも一切ありません。

更新履歴

2012年10月1日 ・回答〆切を11月7日としました。
2012年11月7日 ・回答〆切を11月19日としました。
2012年11月19日 ・回答〆切を11月26日としました。
2012年12月27日 ・回答受付を終了しました。

報告書・成果物実績