これまでの活動内容報告書・成果物実績「定量的プロジェクト管理ツール(EPM-X)」の全機能を公開

本文を印刷する

「定量的プロジェクト管理ツール(EPM-X)」の全機能を公開

2012年4月27日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

概要

  IPA/SECでは、主にプロジェクト・マネージャを対象に、ソフトウェア開発プロジェクトの定量的プロジェクト管理を支援する「定量的プロジェクト管理ツール(EPM-X)」を公開しました。


内容

  ソフトウェアの品質の確保や、納期の遵守のためには、検出不具合数や工数の進捗具合などプロジェクト進行過程において測定する定量的なデータを用いて品質や進捗の状況を適切に把握することで、リスクを可視化し、問題を早期に発見する定量的プロジェクト管理が求められます。
  ソフトウェア開発プロジェクトの定量的管理を行うプロジェクト・マネージャを支援するため、進行中の開発プロジェクトから容易に取得できる基本的な定量データ(規模、工数、工期)を自動収集・集計し、分析・管理する機能と、分析データをグラフ表示により視覚的に示す機能を備えた「定量的プロジェクト管理ツール(EPM-X)」の開発を行いました。
  ここで公開する「定量的プロジェクト管理ツール(EPM-X)」は、2011年11月14日に公開した「定量的プロジェクト管理ツールの分析レポーティング機能」に加えて、「プロジェクト管理機能」と「データ取集・集計機能」を実装し、開発プロジェクトにおいて使用しているデータから定量データを収集・分析したうえで、グラフ表示を行います。これによって、開発プロジェクトにおける品質管理や進捗管理を視覚的に行えるようになります。
  ダウンロードファイルは、実行環境を構築するためのファイルが基盤アプリケーションとして使用しているRedmine用とTrac用の2種類が提供されます。解凍した後、クイックスタートガイドに従って導入してください。本ツールについて詳しく知りたい方や追加・修正を行いたい方のために、内容の説明文書や定義ファイルを収めた圧縮ファイルも提供しています。

ダウンロード

以下のURLからダウンロードファイルと、サポート情報が提供されます。
http://www.ipa.go.jp/sec/tool/ipf

報告書・成果物実績