これまでの活動内容報告書・成果物実績「非機能要求グレード」の普及に関する調査報告書と活用事例集を公開

本文を印刷する

「非機能要求グレード」の普及に関する調査報告書と活用事例集を公開

2012年4月24日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

概要

  近年、製造や物流の管理から金融情報の流通、交通やエネルギー供給の制御など、ありとあらゆる分野において情報システムの活用が浸透し、社会全体が情報システムの安定した稼動を前提として成り立っており、高い信頼性を持つ情報システムの構築が求められています。

  しかし実際には、情報システムの稼働直前や稼働後にしばしばトラブルが発生し、企業活動のみならず国民生活に大きな影響を及ぼしてしまうケースも少なくありません。これらのトラブル発生の一因には、本来の機能以外の、例えばシステムがダウンした際、速やかに復旧させること(可用性)や、利用者にストレスを感じさせない応答(性能)など、といった「非機能要求」を定義することの難しさが挙げられます。そして、非機能要求の重要度を判断し、どの領域で、どの程度の数の非機能要求項目をどのような水準で決めればよいのかといったノウハウを、非機能要求を定義する担当者が持っていない、あるいは十分に活用出来ていないと考えられます。

  そこで、非機能要求の利用状況および定義を、どのような項目で、どのように、誰と調整しているか等についてユーザー企業、ベンダー企業等に対し調査を行い、非機能要求定義に関わる人向けに課題を整理し、その対策をまとめました。 また、非機能要求を漏れなく定義する手法を体系的にまとめたノウハウ、 「非機能要求グレード」の浸透度に関しても併せて調査を行いました。調査結果の公開と併せ、非機能要求グレードの活用促進のためIPA/SECから提供している「活用事例集」に、新たに10件の事例を追加し、非機能要求に関わる情報システムのライフサイクルの全プロセスについて、ユーザー/ベンダーの両者に求められる作業を網羅するよう改訂を行いました。

  IPA/SECでは、今回の調査結果と活用事例集の改訂版を、今後、非機能要求グレードの普及推進を通じた非機能要求定義の品質向上活動に反映する予定です。

ダウンロード

報告書・成果物実績