これまでの活動内容報告書・成果物実績「非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用領域の拡大に関する調査」報告書(国内の中・大規模プロジェクト事例)を公開

本文を印刷する

「非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用領域の拡大に関する調査」報告書(国内の中・大規模プロジェクト事例)を公開

2012年6月19日更新
2012年3月28日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

概要

  近年の日々加速するビジネススピードは、ビジネスを実現する情報システムの要件に変化をもたらしています。従来、多くの情報システム開発、特に規模の大きなプロジェクトにおいて、「ウォーターフォール型開発」が用いられてきました。しかしこの開発手法の場合、開発前に要件を確定させることが前提となっており、要件の変化への柔軟な対応が求められる昨今の開発に適合させることが難しいと言えます。一方、この変化に柔軟に対応できる開発手法として、アジャイル型開発をはじめとする「非ウォーターフォール型開発」があります。しかし、非ウォーターフォール型開発は、密接なコミュニケーションを必要とするため、従来その多くは、少人数での規模の小さい開発プロジェクトやWebサービスなどの一部のビジネスモデルでの適用に限られていました。

  IPA/SECでは、2010年度より非ウォーターフォール型開発の適用領域拡大に向けた事例調査及び委員会活動を進めており、今回の調査では、中規模及び大規模プロジェクトの事例を収集し、非ウォーターフォール型開発の大規模プロジェクトにおける課題の解決方法やその他の課題などに対する工夫等の調査を実施しました。

  本報告書にまとめた中規模及び大規模の非ウォーターフォール型開発プロジェクトにおける課題と対策例が参考となり、非ウォーターフォール型開発の普及が進むことを期待します。


※2012年6月11日に非ウォーターフォール型開発の海外における普及要因編を公開しました。

ダウンロード

注:当ページのコンテンツはPDF形式での提供となっております。
「非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用領域の拡大に関する調査」調査概要報告書[2.29MB]PDF文書
「非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用領域の拡大に関する調査」調査報告書[3.35MB]PDF文書
(2012年4月9日:報告書の一部に記載されている図に欠落があったため、差し替えにより更新しました)



報告書・成果物実績