これまでの活動内容イベント実績第14回組込みシステム開発技術展(ESEC)

本文を印刷する

第14回組込みシステム開発技術展(ESEC)

開催情報

名称: 第14回組込みシステム開発技術展(公式サイト>>
開催期日: 2011年5月11日(水)~5月13日(金)
会場: 東京ビッグサイト 西 1-35
主催: リードエグジビションジャパン株式会社

出展

  • 統合系プロジェクトの活動や成果を紹介
  • IPAが支援している地域団体の活動紹介 など

配布予定物

2010年度までの報告書等を収録したCD-ROM、
SEC journal 最新号、関連書籍 他

※エンタプライズ領域の活動については、SODECに出展しています。


ブース内セミナー

【ESEC】IPA/SECブースでは以下のセミナーを実施します。
なお、プログラムは都合により変更となる場合があります。

詳細プログラムはこちらからご覧ください。
ブース内セミナープログラム

 5月11日(水)
時 間 プログラム
10:30~10:50 第三者の検証・妥当性確認による品質説明力の強化
~ソフトウェア品質監査制度(仮称)~(A)

11:00~11:20 モデリング技術応用WGの活動
~組込み技術の難しさとモデル技術による解決~
(B)
11:30~11:50 沖縄高度テスティング基盤構築
~クレーム情報を活用したユーザモデリング技術の開発~(a)

12:00~12:20 JISAの活動とSECへの期待
~「統合システム」としての社会インフラの信頼性向上に向けて~
(F)
12:30~12:50 JMAAB(Japan MATLAB Automotive Advisory Board)の活動
~モデルベース開発技術の推進と人材育成~
(M)
13:00~13:20 ユーザーモデルの構築に向けて
~データマイニングによるクラスタリング事例~(B)

13:30~13:50 九州地域の取組み
~モデルベース設計開発・検証の世界的拠点形成に向けて~(b)

14:00~14:20 SMAモデルベース設計検証技術部会の活動
~モデルベース開発技術者に求められるスキル~(G)

14:30~14:50 利用品質向上のためのユーザモデリング(H)
15:00~15:20 一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)のご紹介とIPA/SECとの連携活動について(I)
15:30~15:50 新潟発「無人飛行機(UAV)用小型ジェットエンジン」開発プロジェクト(c)
16:00~16:20 組込み関連産業の振興に関わる、岩手県の活動(d)

5月12日(木)
時 間 プログラム
10:30~10:50 SEC統合系プロジェクトの取組み紹介
~統合システムの安全性・信頼性の確保に向けて~(A)

11:00~11:20 NASAにおける日本製乗用車の急加速問題の調査結果について(L)
11:30~11:50 未来のコミュニティを支えるスマートエネルギーシステム
~福岡スマートハウスコンソーシアムの活動と未来へ向けて~(e)

12:00~12:20 システム開発におけるペルソナの応用
~開発者のユーザ理解を助ける手法~(N)
12:30~12:50 SMAにおけるETSS導入推進の取組み(G)
13:00~13:20 システム開発文書品質研究会(ASDoQ(アスドック))へのお誘い
~開発文書の品質メトリクスの確立を目指して~(O)
13:30~13:50 ものづくりは人づくり、智恵づくり Part2
~ちゅうごく地域における人材育成・高度化への取組みのご紹介~(f)

14:00~14:20 クラウドを利用した車載組込みソフトウェア開発環境整備に向けて(g)
14:30~14:50 日本科学技術連盟が推進するソフトウェア品質向上活動の取組み
~すべてのソフトウェア技術者に品質技術を!~(K)
15:00~15:20 ソフトウェア開発現場へのフォーマルメソッドの適用について(D)
15:30~15:50 形式手法導入教材のご紹介(A)
16:00~16:20 車載組込みシステムフォーラム(ASIF) の活動
~自動車関連産業の楽市楽座を目指して~(i)

16:30~16:50 「ちゅうごく地域組込みシステムフォーラムの活動」
~機能安全設計手法検討部会の紹介~
(f)
17:00~17:20 モデリング技術者のスキル体系化に向けて

5月13日(金)
時 間 プログラム
10:30~10:50 組込みシステムの安心・安全性を確保していくためのSECの取組みと今後の方向について(E)
11:00~11:20 宇宙航空研究開発機構(JAXA)におけるIPA/SECとの連携活動について(J)
11:30~11:50 北九州カー・エレクトロニクスセンターにおける人材育成と研究会活動について(j)
12:00~12:20 高信頼なソフトウェア開発を目指して
~形式手法の可能性と「形式手法活用ガイド」のご紹介~(P)
12:30~12:50 自動車のセキュリティ 脅威と対策の動向(R)
13:00~13:20 ソフトウェア品質監査制度(仮称)の検討状況について(C)
13:30~13:50 組込みシステム産業振興機構における組込みソフト製品認証ワーキングについて(k)
14:00~14:20 SysMLを中心としたモデリング技術の動向(Q)
14:30~14:50 スマートコミュニティの情報セキュリティ(R)
15:00~15:20 モデリング技術者のスキル体系化に向けて(B)
15:30~15:50 形式手法を用いた実践的開発への取組み(l)
16:00~16:20 情報システムの信頼性向上に向けたSECの取組みについて
- ESECにおけるSECプレゼン総括 -(A)

注:()内の英文字は下記の講演団体や組織を示しています。
●講演団体
A. SEC統合系プロジェクト
B. SEC統合系プロジェクト〔委員会〕モデルベース開発技術部会
C. SEC統合系プロジェクト〔委員会〕第三者検証検討部会
D. SEC統合系プロジェクト〔委員会〕形式検証・人材育成WG
E. SEC組込み系プロジェクト
F. 社団法人情報サービス産業協会(JISA)
G. 一般社団法人組込みスキルマネージメント協会(SMA)
H. NPO法人人間中心設計推進機構(HCD-net)
I. 一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)
J. 独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
K. 財団法人日本科学技術連盟(JUSE)
L. 独立行政法人産業技術総合研究所(AIST)
M. JMAAB(Japan MATLAB Automotive Advisory Board)
N. ペルソナ&カスタマ・エクスペリエンス学会
O. システム・ソフトウェア開発文書品質研究会(ASdoQ)
P. Dependable Software Forum(DSF)
Q. OMG(Object Management Group)
R. IPA セキュリティセンター
a.[地域・沖縄県]沖縄ソフトウェアセンター
b.[地域・福岡県]九州地域組込みシステム協議会(ES-kyushu)
c.[地域・新潟県]新潟市 経済・国際部
d.[地域・岩手県]岩手県 商工労働観光部
e.[地域・福岡県]福岡スマートハウスコンソーシアム
f.[地域・ちゅうごく地域]広島ソフトウェアセンター/ビジネスベースひろしま
g.[地域・中部地域]名古屋大学組込みシステム研究センター
h.[地域・長野県] 塩尻市振興公社
i.[地域・中部地域]車載組込みシステムフォーラム(ASIF)
j.[地域・福岡県]北九州産業学術振興機構 カー・エレクトロニクスセンター
k.[地域・近畿] 組込みシステム産業振興機構
l.[地域・北海道]北海道立総合研究機構/北海道電子機器株式会社

イベント実績