HOMEソフトウェア高信頼化SEC journal論文募集

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

論文募集

  SEC journal(購読申込・送付先変更) |  最新号とバックナンバー |  SEC journal論文募集 |  SEC journal論文賞

  独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センターでは、下記の内容でSEC journal論文を募集します。

論文テーマ

  ソフトウェア開発現場のソフトウェア・エンジニアリングをメインテーマとした実証論文または先導的な論文

  • 開発現場への適用を目的とした手法・技法の詳細化・具体化などの実用化研究の成果に関する論文
  • 開発現場での手法・技法・ツールなどの様々な実践経験とそれに基づく分析・考察、それから得られた知見に関する論文
  • 開発経験とそれに基づく現場実態の調査・分析に基づく解決すべき課題の整理と解決に向けたアプローチの提案に関する論文

  ソフトウェアが社会経済にもたらす革新的効果に関する実証論文

論文分野

  • キャリア開発
  • 技術者スキル標準
  • 開発プロセス技術
  • 設計手法、設計言語
  • 支援ツール、開発環境
  • 定量化エンピリカル手法
  • 技術者教育、人材育成
  • 組織経営、イノベーション
  • 品質向上・高品質化技術
  • 見積り手法、モデリング手法
  • レビュー、インスペクション手法
  • コーディング手法、テスト・検証技術
  • プロジェクト・マネジメント技術
  • 要求獲得・分析技術、ユーザビリティ技術

論文の評価基準

  a. 実用性(実フィールドでの実用性)
  b. 可読性(記述の読みやすさ)
  c. 有効性(適用した際の効果)
  d. 信頼性(実データに基づく評価・考察の適切さ)
  e. 利用性(適用技術が一般化されており参考になるか)
  f. 募集テーマとの関係

SEC journal論文応募要項

スケジュール

投稿は随時受付けております。
1月・4月・7月・11月の各月末に締切り、2名以上の査読者により審査を行います。
締切り後、約1ヶ月で査読結果を通知します。
締切り後に投稿されたものは自動的に翌回分として受付けます。
採録となった論文は年4回発行のSEC journalに掲載されます。
※毎年「採録」された論文を対象に審査し、優秀論文にはSECjournal 論文賞として最優秀賞、優秀賞、所長賞を副賞と併せて贈呈します。

論文投稿先

独立行政法人情報処理推進機構  技術本部 ソフトウェア高信頼化センター内
SEC journal事務局
提出先

応募様式

論文は8ページ以内にまとめてください。

応募様式exel(2014年8月20日更新)
投稿案内PDF文書(2014年8月26日更新)
論文様式WORD文書(2014年8月26日更新)

その他

  論文の著作権は著者に帰属しますが、採択された論文については論文査読審査に必要な複製・再配布、SEC journalへの掲載、WEBページへの格納・掲載における実施権を許諾いただきます。
なお提出いただいた論文は返却いたしません。