HOMEソフトウェア高信頼化報告書・出版物・ツール事業成果(報告書等)「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」の発行

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」の発行

2014年10月8日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア高信頼化センター

書籍概要

  IPA/SECでは、ソフトウェア開発における定量的プロジェクト管理の普及促進を目的に、開発プロセスの標準化や見える化手法、定量的品質管理手法などの調査・検討を行っています。これらの活動の一環として、IPA/SECは、多様で幅広い業種・業務から収集した多数のソフトウェア開発に関するプロジェクトデータを整理・分析し、「ソフトウェア開発データ白書」として取りまとめ、2005年から発行してきました。
  今回、その最新版として「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」を2014年10月8日に公開しました。8版目となる本書では、新規に452件のプロジェクトデータを追加収録したほか、「発注者側におけるソフトウェアの信頼性要求レベルや、受注者側のプロジェクト体制が、ソフトウェア開発における信頼性や生産性にどのような影響を与えるのか」という点に着目した分析を新たに実施し、その結果から得られた様々な傾向などを掲載しています。

  今回の白書で新たに実施した分析結果から得られた傾向の一例は、次の通りです。

  1. 発注者側(顧客)の信頼性要求レベルが高いほど、ソフトウェアの信頼性は高くなるが、同時に受注者側(開発現場)の生産性は下がる傾向にある
  2. プロジェクト体制が以下の各条件を満たす場合、それぞれにおけるソフトウェアの信頼性は高くなる傾向にある
    ・ ソフトウェアの品質保証に関する専門部署・専門スタッフを設置していること
    ・ ソフトウェアのテスト体制として、要員数やスキルが十分であること
    ・ 定量的な出荷基準が設けられたプロジェクトであること
書籍名 ソフトウェア開発データ白書2014-2015
編集・発行 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(SEC)
発行日 2014年10月1日
サイズ A4変形版
ページ数 451ページ
ISBN 978-4-905318-26-2
定価 3,241円(税抜)

購入

「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」の購入はこちら