HOMEソフトウェア高信頼化メールマガジン・Twitterメールマガジン[SECメルマガ]2017.5.31第131号

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

[SECメルマガ]2017.5.31第131号

本メールはSECウェブサイトに利用登録され、メール配信サービスをお申し込み頂い
た方へお送りしております。※配信解除の方法については、文末をご覧ください。

┏ SECメルマガ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 第131号 2017.5.31 ☆                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 いよいよ梅雨入り間近といった時期となり、若葉がたくましくなってくる季節で
す。さて、IPA/SECでは、7月に大阪で開催されるETWest2017に出展します。事業成
果等もブースプレゼンや展示でご紹介します。是非ご来場下さい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
INDEX
【1】コラム
【2】トピックス
【3】セミナー開催のお知らせ
【4】ソフトウェア高信頼化関連イベント情報
【5】SECからのお知らせ
【6】IPAからのお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SECメルマガでは、独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化
センターを「IPA/SEC」と表記します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本の元気は地域から
                            SEC 所長 松本 隆明

 「デジタル時代に向けた大分イノベーション」と題して、5月19日に大分において
セミナーを開催しました。このセミナーは、大分を中心に地域社会のスマート化を推
進している公益財団法人のハイパーネットワーク社会研究所とIPAの共催で開催しま
した。当日は当初想定していた100名の定員を大幅に上回る130名の方々にご参加いた
だき、大分におけるIoTへの関心の高さを感じました。

 セミナーでは、IoT時代における国内外の様々な取り組みや動向についてご紹介す
るとともに、大分県が目指すOITA4.0の取り組みの紹介が大分県の担当者から行われ
ました。大分県は歴代トップがITの導入推進に非常に積極的で、すでに豊の国ハイ
パーネットワークという高速通信網が県内に引かれており、IoT推進のためのインフ
ラが整っています。現在は自治体とケーブルTV向けでしか使われていないようですが、
これを民間に開放して様々なスマートサービスをその上で実現していくことがOITA
4.0です。

 ちなみに、今年の3月に、大分県とIPAは相互連携協定を締結しています。情報セ
キュリティ対策への支援やIT利活用促進と人材育成に関する支援をIPA側が行うことを
内容としたもので、こうした協定を都道府県レベルで締結するのは初めてのケースと
なります。

 大分県の産業はこれまで、林業と温泉などの観光業が中心だったそうです。そうし
た柱産業をIoTの活用によってさらにスマート化するとともに、南海トラフ地震対策な
どの防災、一人暮らしの高齢者の方への見守りサービスなど地域が抱える課題をIoTで
解決していこうとしています。ある意味ではIoTは場所の壁を取り払う仕組みとなるわ
けですから、まさに地域こそがその推進力になりうると思います。地方版IoT推進ラボ
がどんどん広まっている所以でしょう。

 ただセミナーでも議論があったのですが、推進に当たっての大きな課題はやはり地
域におけるIT人材の不足です。大分県では徐々に増えてはいるようですが、積極的な
推進を行うためにはまだまだ不足しているようです。そのため、初等教育から社会人
教育に至るまで、IT人材育成に向け各種の支援事業を県として行っているとのことで
す。ただそのように人材を育てても、首都圏などに流出してしまっては地域産業の活
性化にはつながらないため、どう引き留めるかということも課題です。さらに大分で
は、大学コンソーシアムおおいたというNPOを作って、海外留学生の受け入れを積極
的に行っているそうです。実際、大分県は人口当たりの外国人留学生数が日本一だそ
うです。そうした留学の卒業生の県内定着を促進して活躍してもらうということも
やっています。

 新たな地場産業の創出やIT人材の定着など、地域は様々な取り組みを行って地域活
性化につなげていこうとしているということを本当に実感しました。日本の元気は地
域から始まると言っても過言ではないと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================
1.「Embedded Technology West 2017(ETWest2017)」・・・・・・・・・・7/12-13
======================================
 IPA/SECは、事業成果普及のため「Embedded Technology West 2017(ETWest2017)」
に出展します。展示会場では「展示(パネル・関連資料配布)」「ブースプレゼン」
を実施します。また、別会場では、安全解析に関する取組みをテーマとした「特別講
演」、IoTにおける安全・安心に向けた取組みなどを紹介する「IPAセミナー」を実施
します。

・会期:2017年7月12日(水)、7月13日(木)10:00~17:00
・会場:コングレコンベンションセンター (グランフロント大阪北館B2F)
・主催:一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)
・特別講演(グランフロント大阪 タワーC 8階にて実施)
・IPAセミナー(コングレコンベンションセンター ルーム8にて実施)
・出展内容詳細:下記サイトをご覧ください。
 http://www.ipa.go.jp/sec/events/20170712.html

======================================
2.「2016年度未踏事業クリエータ交流会」
  ~“突出したIT人材の発掘と育成”未踏事業の成果をご体感ください~・・6/3
======================================
 IPAでは”突出したIT人材の発掘と育成”を目的として、「未踏IT人材発掘・育成
事業」を実施しています。本事業は、2000年に始まって以来、これまで延べ1,600名
以上の優秀なクリエータを育成してきました。その未踏クリエータたちは、起業した
り、研究の道に進んだり、企業に勤めたりと、様々な分野でリーダーとして活躍され
ているところです。本事業の2016年度修了にともない、「2016年度未踏クリエータ交
流会」を開催いたします。イベント会場では、今年度の16成果すべてのブースをご用
意し、皆さまをお待ちしております。
 2016年度未踏クリエータの成果を間近で体感できる機会であるとともに、未踏クリ
エータと交流できるイベントですので、是非ご来場ください。

・会期:2017年6月3日(土)14:00~15:40
・会場:大手町サンケイプラザ
    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 3階
    会場URL http://www.s-plaza.com/
・主催:IPA/経済産業省
・定員:100名
・参加費:無料
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2016/juyoshiki_23th.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】セミナー開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================
1.システムの信頼性向上に向けたソフトウェア開発定量管理の勧め
 ~定量的データに基づくソフトウェア開発のプロセス改善を目指して~ ・・・6/9
======================================
 IPA/SECでは、エンタプライズ系ソフトウェア開発のプロジェクトデータを収集・
分析した「ソフトウェア開発データ白書」を定期的に発行してきました。「ソフト
ウェア開発データが語るメッセージ」は、最新の白書データを分析し、プロジェクト
の評価や改善の指針となる考察結果をまとめたものです。本セミナーでは、本メッ
セージを中心に、定量管理の基本となる考え方と最新版の白書について紹介します。

・会期:2017年6月9日(金)14:30~17:50
・会場:文京グリーンコートセンターオフィス13階
    独立行政法人情報処理推進機構(IPA)内 会議室
・定員:50名
・参加費:3,000円
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://sec.ipa.go.jp/seminar/20170609.html

======================================
2.「ユーザのための要件定義ガイド」の紹介とその活用方法
 ~要求を明確にするための勘どころを解説~・・・・・・・・・・・・・・・6/15
======================================
 IPA/SECでは「ユーザのための要件定義ガイド ~要求を明確にするための勘どこ
ろ~」を発行しました。このガイドでは、ユーザ企業と開発企業の知見やノウハウを
まとめた“勘どころ(コツ)”を示しています。本セミナーでは、ガイドのポイント
と要件定義実務者が現場で実践する際に役立つ事例を紹介します。

・会期:2017年6月15日(木)13:30~17:30
・会場:文京グリーンコートセンターオフィス13階
    独立行政法人情報処理推進機構(IPA)内 会議室
・主催:IPA/SEC
・定員:60名
・参加費:2,000円
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://sec.ipa.go.jp/seminar/20170615.html

======================================
3.安全安心なIoTに必要な機能とは
  ~「『つながる世界の開発指針』の実践に向けた手引き」を解説~・・・・6/16
======================================
 2016年3月に公開した「つながる世界の開発指針」の指針のうち、技術面での対策
が必要になる部分をさらに具体化し、IoT機器や関連システムの開発者を対象として、
安全・安心なIoT機器や関連システム開発を実現する際に求められる要件や機能をま
とめた「実践に向けた手引き」を紹介します。

・会期:2017年6月16日(金)14:00~17:00
・会場:文京グリーンコートセンターオフィス13階
    独立行政法人情報処理推進機構(IPA)内 会議室
・主催:IPA/SEC
・定員:50名
・参加費:2,000円
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://sec.ipa.go.jp/seminar/20170616.html

======================================
4.「システム再構築を成功に導くユーザガイド」の紹介とその活用方法
  ~再構築のリスクと対策の合意に向けて~・・・・・・・・・・・・・・・6/21
======================================
 IPA/SECでは「システム再構築を成功に導くユーザガイド~ユーザとベンダで共有す
る再構築のリスクと対策~」を発行しました。このガイドは、ユーザ企業が現行シス
テムを再構築する際に、最適な手法を選択し、正確でかつ開発企業側と齟齬を生じさ
せない「システム化計画」の策定を支援します。本セミナーでは、ガイドのポイント
を紹介するとともに、ユーザ企業と開発企業が合意形成する際に役立つ事例を紹介し
ます。

・会期:2017年6月21日(水)13:30~17:30
・会場:文京グリーンコートセンターオフィス13階
    独立行政法人情報処理推進機構(IPA)内 会議室
・主催:IPA/SEC
・定員:60名
・参加費:2,000円
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://sec.ipa.go.jp/seminar/20170621.html

======================================
5.事例から学ぶITサービス高信頼化へのアプローチ
  ~障害事例から根本原因を分析し教訓化するプロセスを学習~・・・・・・6/28
======================================
 情報処理システムが障害を起こした際に社会に与える影響は大きくなってきていま
す。本セミナーではIPA/SECが収集したシステム障害事例情報の分析と対策の検討から
得られた「情報処理システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」を解説し、ワーク
ショップ形式で事例分析の演習を行います。本セミナーを受講することでシステム障
害対策への気づきが得られ自社での再発防止、未然防止に活用することが出来ます。

・会期:2017年6月28日(水)13:30~17:15
・会場:文京グリーンコートセンターオフィス13階
    独立行政法人情報処理推進機構(IPA)内 会議室
・主催:IPA/SEC
・定員:25名
・参加費:2,000円
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://sec.ipa.go.jp/seminar/20170628.html

======================================
6.IoT時代のシステム開発の課題に立ち向かう
  ~システムズエンジニアリング導入の薦め~・・・・・・・・・・・・・・6/30
======================================
 ICT技術の進展に伴い、利用者からの要請や期待も高度化し、製品やサービスにとっ
て、対応すべきことが複雑化、高度化の一途をたどっています。さらに近年、 多様な
専門領域にまたがった複雑な取組みが増加しており、製品/サービスの企画や開発を
進める上での影響範囲が広がり、困難度が高まっています。このような状況・課題の
克服に有効なアプローチとなるシステムズエンジニアリングについて、企業の事例を
交え紹介します。

・会期:2017年6月30日(金)13:30~17:30
・会場:文京グリーンコートセンターオフィス13階
    独立行政法人情報処理推進機構(IPA)内 会議室
・主催:IPA/SEC
・定員:50名
・参加費:2,000円
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://sec.ipa.go.jp/seminar/20170630.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ソフトウェア高信頼化関連イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================
1.RISE調査研究報告セミナー
 「ソフトウェア製品品質実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立」 ・・6/2
======================================
 本調査研究は、市販されているソフトウェア製品について、国際規格ISO/IEC25000
(SQuaRE)シリーズに基づくメトリクスによってその品質を調査し定量化を図るとと
もに、品質評価の指標を策定するものです。セミナーでは、研究成果を詳しくご紹介
するとともに、本調査研究にご協力いただいた製品ご提供元からの調査研究への参画
/活用事例のご紹介やパネル討論を行います。ぜひご参加ください。

・会期:2017年6月2日(金)13:30~17:30
・会場:早稲田大学グリーンコンピューティング研究開発センター 1階
・共催:早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
    一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
・公式サイト:http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/?page_id=3910

======================================
2.DEOS協会 オープンシンポジウム
 ディペンダビリティ最前線 技術動向・自動車応用・国際標準・・・・・・・6/6
======================================
 今年で4回目を迎える、DEOS協会のオープンシンポジウムを開催いたします。
 IoT、AI、ビッグデータなど、変化の激しいシステム周辺技術において、利用者や
開発者が安心してシステムを利用・構築する為にディペンダビリティへの注目が高
まっています。今回は、企業からの講演を中心に、特に自動車分野での応用や国際標
準動向について討論いたします。

・会期:2017年6月6日(火)13:00~17:50
・会場:慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 シンポジウムスペース〔横浜市〕
・主催:一般社団法人 ディペンダビリティ技術推進協会(略称DEOS協会)
・公式サイト:http://deos.or.jp/event/symposium-20170606.html

======================================
3.「ソフトウェア・シンポジウム2017(SS2017)」論文報告 ・・・・・・・6/7~10
======================================
 本シンポジウムは、ソフトウェア技術に関わるさまざまな人びと、技術者、研究者、
教育者、学生などが一堂に集い、発表や議論を通じて互いの経験や成果を共有するこ
とを目的に、毎年全国各地で開催しています。
 今回は、「開かれたソフトウェア開発」をテーマに、さまざまな観点からの発表や
講演を行います。情報交換と深い議論をする場として活用してください。

・会期:2017年6月7日(水)~6月10日(土)
・会場:宮崎市民プラザ〔宮崎県宮崎市〕
・主催:ソフトウェア技術者協会
・SS2017の詳細は、下記Webサイトをご覧ください
 http://sea.jp/ss2017/

======================================
4.CCDSセキュリティシンポジウム2017
 ~安全安心できるIoT製品の提供に向けて~・・・・・・・・・・・・・・・・6/9
======================================
 CCDSでは、昨年に引き続きIoTセキュリティの第一人者によるご講演をはじめ、今
年は展示スペースを用意し、沖縄県形成事業を活用してCCDSが開発中のセキュリティ
検証ツールのデモ展示を行うなど、幅広い内容で最新の情報をお届け致します。

・会期:2017年6月9日(金)13:00~18:00
・会場:ホテル雅叙園東京(旧目黒雅叙園)2F 華つどい
・主催:一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://ccds.or.jp/event/2017/20170609/20170609.html

======================================
5.「ITAM World 2017」
 ~“SAM”から“ITAM”の時代へ~IT資産管理のすべてがここにある・・・・・6/9
======================================
 仮想化、クラウドコンピューティングの発展による管理の複雑化や利用シーンの多
様化に伴い、IT資産、ソフトウェア資産の適切な管理は企業にとっての最重要課題の
一つとなっています。
 ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)では、IT資産管理に関する規格・基
準の最新情報や、IT資産管理に関する各種事例、海外の動向など、IT資産管理に関す
る最先端の情報を提供する「ITAM World」を開催します。日本最大のIT資産管理の専
門カンファレンスである本イベントを、ぜひお役立てください。

・会期:2017年6月9日(金)9:50~18:30
・会場:ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター
    住友不動産新宿グランドタワー5F〔東京都新宿区西新宿〕
・主催:一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.samac.or.jp/itamworld/2017/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】SECからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================
1.定量的プロジェクト管理ツール(EPM-X)における脆弱性の公表と
 提供・サポートの終了について
======================================
 2012年4月より公開している定量的プロジェクト管理ツール(EPM-X)にクロスサイ
ト・スクリプティング及び任意DLL読込みの脆弱性が存在することが判明しました。
この脆弱性を悪用された場合、第三者によりEPM-Xに悪意のあるJavaScriptが埋め込
まれ、EPM-X利用者のコンピュータ上のブラウザでJavaScriptが実行されてしまう可
能性があります。また、第三者により悪意のあるDLLファイルが格納されて、EPM-Xの
インストール時にそのコードが実行されてしまう可能性があります。

 現在、EPM-Xの提供・サポートは終了しています。EPM-Xおよび既にダウンロードし
ているEPM-Xのインストーラの使用を停止してください。また、EPM-XおよびEPM-Xとと
もにインストールした以下のオープンソースソフトウェアはアンインストールし、
コンピュータから削除してください。

 詳しくはこちらをご覧ください
 https://www.ipa.go.jp/sec/info/20170519.html

======================================
2. 利用者登録パスワード変更のご案内
======================================
 IPA/SECのセミナーのお申込み等には会員登録とログインが必要です。また、パス
ワードを設定する際には下記の条件を満たしている必要があります。既に設定されて
いる方で条件を満たしていない場合にはパスワードの変更が求められますのでご注意
ください。

パスワードの条件:大小英字及び数字を含む8文字以上20文字以内(記号も使用可)
 
 パスワードを変更される場合は、以下よりログインのうえ、「パスワード変更」
から変更手続きを行ってください。

 https://sec.ipa.go.jp/login.html

======================================
3. 報告書公開のお知らせ
======================================
 IPA/SECの事業成果は、下記ウェブページよりご覧いただけます。
 
 《報告書・成果物》
  http://www.ipa.go.jp/sec/reports/index.html

 《事業に関連するお知らせ》
  http://www.ipa.go.jp/sec/info/index.html

======================================
4.「SEC journal 48号」のご紹介(3月1日発行)
======================================
 48号の特集は「システムズエンジニアリング」です。
 ICT技術の進展に伴い、利用者からの要請や期待も高度化し、製品やサービスに
とって、対応すべきことが複雑化、高度化の一途をたどっています。また、従来の業
種をまたぐような新たな領域のビジネスも注目されるようになり、多様な専門領域に
またがった複雑な取り組みが増加、システムの企画や開発を進める上での影響範囲が
広がり、困難度が高まっているのも事実で、従来の従来のシステム開発アプローチで
は解決できない問題も発生し得ます。
 そこでIPA/SECでは「システムを全体として捉える」ことによるメリットに注目し、
そのプラクティスの集積である「システムズエンジニアリング」の理解を進め、新し
い時代のシステム開発に活かしていただきたいと考えています。本号では、その考え
方から適用事例まで様々な角度でご紹介しています。特集をお読みいただき、IoT時
代にシステムズエンジニアリングをどう活かすか、そのヒントを是非つかんでいただ
きたいと思います。

 下記URLよりダウンロードできます。是非、ご覧ください。
 http://www.ipa.go.jp/sec/secjournal/index.html

======================================
5.「SEC journal」論文募集中!
======================================
 IPA/SECでは、下記の内容で論文を募集しています。

【論文テーマ】
 ・ソフトウェア開発現場のソフトウェア・エンジニアリングをテーマとした論文
 ・ソフトウェアが経済社会にもたらす革新的効果に関する実証論文

======================================
6. SEC BOOKS 販売のお知らせ
======================================
下記の「SEC BOOKS」が、ソフトウェア高信頼化ウェブサイト(SECサイト)から
ご注文いただけます。書籍は、IPA/SECが印刷製本し、直販しています。
 詳細は、下記ウェブページをご覧ください。
 http://www.ipa.go.jp/sec/publish/index.html

SEC BOOKS 電子書籍版
 http://www.ipa.go.jp/sec/publish/ebooks.html

======================================
7. Twitterによる「新着情報配信」のお知らせ
======================================
 IPA/SECは、Twitterの[ @IPA_SEC ]アカウントを通じて、セミナーやイベント
の開催・成果物の公開・出版などの最新情報を発信しています。

 https://twitter.com/IPA_SEC

======================================
8. 動画コンテンツ「SECセミナー オンデマンド」のお知らせ
======================================
 IPA/SECでは、事業成果の普及拡大を図るため、これまでに開催したSECセミナー
などの動画をYouTube(IPA Channel)に公開しています。
遠方でSECセミナーを受講できない方や、受講したセミナーを社内で共有したい方な
ど、いつでも好きな時に、セミナーをご視聴いただけます。
プロジェクトメンバーや業務に携わる方々と共有して、是非ご活用ください。

 http://sec.ipa.go.jp/seminar/ondemand/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】IPAからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================
1. 「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」制度スタート!登録申請を受付中
======================================
■ 登録制の新国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」制度スタート!
 ★サイバーセキュリティ分野における初の国家資格★
 サイバーセキュリティに関する高度な知識・技能を有する者として国に登録する
 制度が新たに始まりました。登録後の継続的な講習受講で、最新知識や実践的な
 能力の維持が可能です。

 ★登録受付開始★
 平成29年2月1日(水)から、「平成29年10月1日登録分」の登録申請受付を
 開始しています。【締切:平成29年7月31日(月)】
 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験、情報セキュリティスペシャ
 リスト試験、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験合格者の方が
 登録申請可能です。

 詳しくはこちら >>> http://www.ipa.go.jp/siensi/index.html

======================================
2. IPA広報誌「IPA NEWS」を皆さまの職場・ご自宅にお届けします!
======================================
 IPAでは、広報誌「IPA NEWS」を隔月発行し、郵送してお届けしています。
情報セキュリティやソフトウェアの高信頼化、情報処理技術者試験、IT人材の育成と
いったIPAの事業の最新の取り組み状況や、注力している事業の裏側や人などをわか
りやすく解説しています。一歩近いIPAをご覧ください。
「IPA NEWS」の定期発送は無料です。

 ◆詳細、お申し込み方法については、下記Webページをご覧ください。
  http://www.ipa.go.jp/about/ipa_news/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------- SECウェブサイト http://www.ipa.go.jp/sec/ -----------------
発行/編集:
  独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 
         技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(SEC)小長谷 義浩
  東京都文京区本駒込二丁目28番8号文京グリーンコートセンターオフィス16階
  TEL : 03-5978-7543 FAX : 03-5978-7517
■「SECメルマガ」は、メルマガ受信のご承諾をいただいた方にお届けしております。
 送付先変更/配信解除は、利用者登録ページから行ってください。
  SEC利用者登録ページ https://sec.ipa.go.jp/entry/index.html
■皆様のご感想、ご意見およびご要望などをお待ちしております。
 SECへのご意見およびご要望は、下記URLからお送りください。
  http://www.ipa.go.jp/about/inquiry_index_0.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(c)2017 Information-technology Promotion Agency, Japan(IPA)