HOMEソフトウェア高信頼化メールマガジン・Twitterメールマガジン[SECメルマガ]2017.3.31第129号

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

[SECメルマガ]2017.3.31第129号

本メールはSECウェブサイトに利用登録され、メール配信サービスをお申し込み頂い
た方へお送りしております。※配信解除の方法については、文末をご覧ください。

┏ SECメルマガ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 第129号 2017.3.31 ☆   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 東京の桜も開花し春本番、来週からは新しい年度も始まります。
 新しい業務につかれる方もいらっしゃると思います。IPA/SECではこれからも皆様
の役に立つ情報を発信してまいりますのでよろしくお願い致します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
INDEX
【1】コラム
【2】ソフトウェア高信頼化関連イベント情報
【3】SECからのお知らせ
【4】IPAからのお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SECメルマガでは、独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化
センターを「IPA/SEC」と表記します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

真のデータ駆動型社会

                            SEC 所長 松本 隆明


 地域・中小企業の活性化は我が国にとっては最優先で取り組むべき重要な課題の一
つであることは言うまでもないことだと思います。日本再興戦略2016においても、
ローカルアベノミクスの深化ということで、地域・中小企業の活性化の必要性が大き
く謳われています。

 ドイツが国を挙げて推進しているインダストリ4.0も、部品や機器のインター
フェースを共通化して中小企業が様々な産業分野に参入しやすくすることを一つの大
きな狙いとしています。日本と同様にドイツも匠の技に根差した手工業を中心に発展
してきたという背景があるため、IoTで実現されるつながる世界において、そうした

を幅広く活用して国全体の産業競争力を高めていこうという戦略です。

 しかしながら、我が国においては現実的にはまだ地域・中小の企業が様々な産業分
野に参入しやすくなっているとは言えない状況ではないかと思います。IPA/SECで
は、
1月に「インダストリ4.0で創る横浜のイノベーション」と題して、横浜市などと共催
でセミナーを開催しました。セミナーのパネルディスカッションでは、パネリストと
して横浜で活躍されている中小企業の経営者の方々に参加いただきました。

 金型を製作している企業のパネリストの方からは、金型にセンサーを付けて様々な
データを取得し、プレス加工時の生産数や金型摩耗の検出を行っているという、まさ
にIoTを実践しているという紹介がありました。ただ、残念ながらそうした貴重な
センサーデータの活用は顧客企業や金型企業の内部で活用されている範囲にとどまっ
ていて、企業や業種を跨って幅広く活用していくというところまでは達していませ
ん。
そうしたデータそのものを使って別のビジネスにつなげていくということは中小企業
では難しいとのことでした。

 筆者も横浜在住なので、横浜が地域と言うと怒られてしまいそうですが、その背景
には、地域・中小企業における情報不足ということが一つあるのではないかと思いま
す。せっかく貴重なデータを持っていながら、あまり外部の情報が入らないために、
どこでどう役に立つのかが分からないということなのではないでしょうか。

 3月には、神戸と福岡で地元の商工会議所と連携してIoTの最新動向に関するセミ
ナーを開催しましたが、いずれも多数の方にご参加いただき好評でした。地域では新
しい情報がなかなか手に入らないため、そうした機会をぜひ増やして欲しいとのご要
望を頂きました。

 IoTでつながる世界が実現されつつあるなかで、ビジネスや技術に関する情報が伝
わっていかないというのでは、本当の意味でのデータ駆動型社会とは言えないのでは
ないでしょうか。IPA/SECも地域・中小に対するセミナーを積極的に行うなど、情報
流通に努めていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ソフトウェア高信頼化関連イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================
1.「ソフトウェア・シンポジウム2017(SS2017)」論文報告 ・・・・・・・6/7~10
======================================
 本シンポジウムは、ソフトウェア技術に関わるさまざまな人びと、技術者、研究者
、教育者、学生などが一堂に集い、発表や議論を通じて互いの経験や成果を共有する
ことを目的に、毎年全国各地で開催しています。
 今回は、「開かれたソフトウェア開発」をテーマに、さまざまな観点からの発表や
講演を行います。情報交換と深い議論をする場として活用してください。

・会期:2017年6月7日(水)~6月10日(土)
・会場:宮崎市民プラザ〔宮崎県宮崎市〕
・主催:ソフトウェア技術者協会
・SS2017の詳細は、下記Webサイトをご覧ください
 http://sea.jp/ss2017/

======================================
2.「派生開発カンファレンス2017」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5/26
======================================
 派生開発カンファレンスは、派生開発に関わる全ての方々が一堂に会し、現場で役
立つ実践的な技術や経験、ノウハウ、研究成果を発表し情報交換を行う場です。今回
も例年通り、経験論文発表、経験発表、ポスター展示を行います。皆様の参加をお待
ちしています。特に関西方面の皆さん奮って参加してください。

・会期:2017年5月26日(金)10:00-18:00
・会場:大阪国際交流センター 小ホール他〔大阪市天王寺区〕
・主催:派生開発推進協議会(AFFORDD)
・公式サイト:http://affordd.jp/about_conference.shtml

======================================
3.「ITAM World 2017」
 ~“SAM”から“ITAM”の時代へ~IT資産管理のすべてがここにある・・・・・6/9
======================================
 仮想化、クラウドコンピューティングの発展による管理の複雑化や利用シーンの多
様化に伴い、IT資産、ソフトウェア資産の適切な管理は企業にとっての最重要課題の
一つとなっています。
 ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)では、IT資産管理に関する規格・基
準の最新情報や、IT資産管理に関する各種事例、海外の動向など、IT資産管理に関す
る最先端の情報を提供する「ITAM World」を開催します。日本最大のIT資産管理の専
門カンファレンスである本イベントを、ぜひお役立てください。

・会期:2017年6月9日(金)9:50~18:30
・会場:ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター
    住友不動産新宿グランドタワー5F〔東京都新宿区西新宿〕
・主催:一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会
・定員:300名(参加費無料・事前登録制)
・プログラム詳細の確認とお申し込み方法は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.samac.or.jp/itamworld/2017/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】SECからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================
1. 利用者登録パスワード変更のご案内
======================================
IPA/SECのセミナーのお申込み等には会員登録とログインが必要です。
また、パスワードを設定する際には下記の条件を満たしている必要があります。
既に設定されている方で条件を満たしていない場合にはパスワードの変更が求められ
ますのでご注意ください。

パスワードの条件:大小英字及び数字を含む8文字以上20文字以内(記号も使用可)

======================================
2. 報告書公開のお知らせ
======================================
 IPA/SECの事業成果は、下記ウェブページよりご覧いただけます。
 
 《報告書・成果物》
  http://www.ipa.go.jp/sec/reports/index.html

 《事業に関連するお知らせ》
  http://www.ipa.go.jp/sec/info/index.html

======================================
3.「SEC journal 48号」のご紹介(3月1日発行)
======================================
 48号の特集は「システムズエンジニアリング」です。
 ICT技術の進展に伴い、利用者からの要請や期待も高度化し、製品やサービスに
とって、対応すべきことが複雑化、高度化の一途をたどっています。また、従来の業

をまたぐような新たな領域のビジネスも注目されるようになり、多様な専門領域にま
たがった複雑な取り組みが増加、システムの企画や開発を進める上での影響範囲が広
がり、困難度が高まっているのも事実で、従来の従来のシステム開発アプローチでは
解決できない問題も発生し得ます。
 そこでIPA/SECでは「システムを全体として捉える」ことによるメリットに注目
し、
そのプラクティスの集積である「システムズエンジニアリング」の理解を進め、新し
い時代のシステム開発に活かしていただきたいと考えています。本号では、その考え
方から適用事例まで様々な角度でご紹介しています。特集をお読みいただき、IoT時
代にシステムズエンジニアリングをどう活かすか、そのヒントを是非つかんでいただ
きたいと思います。

 下記URLよりダウンロードできます。是非、ご覧ください。
 http://www.ipa.go.jp/sec/secjournal/index.html

======================================
4.「SEC journal」論文募集中!
======================================
 IPA/SECでは、下記の内容で論文を募集しています。

【論文テーマ】
 ・ソフトウェア開発現場のソフトウェア・エンジニアリングをテーマとした論文
 ・ソフトウェアが経済社会にもたらす革新的効果に関する実証論文

======================================
5. SEC BOOKS 販売のお知らせ
======================================
下記の「SEC BOOKS」が、ソフトウェア高信頼化ウェブサイト(SECサイト)から
ご注文いただけます。書籍は、IPA/SECが印刷製本し、直販しています。
 詳細は、下記ウェブページをご覧ください。
 http://www.ipa.go.jp/sec/publish/index.html

SEC BOOKS 電子書籍版
 http://www.ipa.go.jp/sec/publish/ebooks.html

======================================
6. Twitterによる「新着情報配信」のお知らせ
======================================
 IPA/SECは、Twitterの[ @IPA_SEC ]アカウントを通じて、セミナーやイベント
の開催・成果物の公開・出版などの最新情報を発信しています。

 https://twitter.com/IPA_SEC

======================================
7. 動画コンテンツ「SECセミナー オンデマンド」のお知らせ
======================================
 IPA/SECでは、事業成果の普及拡大を図るため、これまでに開催したSECセミナー
などの動画をYouTube(IPA Channel)に公開しています。
遠方でSECセミナーを受講できない方や、受講したセミナーを社内で共有したい方な
ど、いつでも好きな時に、セミナーをご視聴いただけます。
プロジェクトメンバーや業務に携わる方々と共有して、是非ご活用ください。

 http://sec.ipa.go.jp/seminar/ondemand/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】IPAからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================
1. 「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」制度スタート!登録申請を受付中
======================================
■ 登録制の新国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」制度スター
ト!
 ★サイバーセキュリティ分野における初の国家資格★
 サイバーセキュリティに関する高度な知識・技能を有する者として国に登録する
 制度が新たに始まりました。登録後の継続的な講習受講で、最新知識や実践的な
 能力の維持が可能です。

 ★登録受付開始★
 平成29年2月1日(水)から、「平成29年10月1日登録分」の登録申請受付を
 開始しています。【締切:平成29年7月31日(月)】
 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験、情報セキュリティスペシャ
 リスト試験、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験合格者の方が
 登録申請可能です。

 詳しくはこちら >>> http://www.ipa.go.jp/siensi/index.html

======================================
2. IPA広報誌「IPA NEWS」を皆さまの職場・ご自宅にお届けします!
======================================
 IPAでは、広報誌「IPA NEWS」を隔月発行し、郵送してお届けしています。
情報セキュリティやソフトウェアの高信頼化、情報処理技術者試験、IT人材の育成と
いったIPAの事業の最新の取り組み状況や、注力している事業の裏側や人などをわか
りやすく解説しています。一歩近いIPAをご覧ください。
「IPA NEWS」の定期発送は無料です。

 ◆詳細、お申し込み方法については、下記Webページをご覧ください。
  http://www.ipa.go.jp/about/ipa_news/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------- SECウェブサイト http://www.ipa.go.jp/sec/ -----------------
発行/編集:
  独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 
          技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(SEC)佐藤 康彦
  東京都文京区本駒込二丁目28番8号文京グリーンコートセンターオフィス16階
  TEL : 03-5978-7543 FAX : 03-5978-7517
■「SECメルマガ」は、メルマガ受信のご承諾をいただいた方にお届けしておりま
す。
 送付先変更/配信解除は、利用者登録ページから行ってください。
  SEC利用者登録ページ https://sec.ipa.go.jp/entry/index.html
■皆様のご感想、ご意見およびご要望などをお待ちしております。
 SECへのご意見およびご要望は、下記URLからお送りください。
  http://www.ipa.go.jp/about/inquiry_index_0.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(c)2017 Information-technology Promotion Agency, Japan(IPA)