HOMEソフトウェア高信頼化事業内容のご案内事業に関連するお知らせIPAの「ソフトウェア品質説明のための制度ガイドライン」に準拠した制度がDEOS協会にて開始
~ディペンダビリティ技術の認証制度「DEOS認証制度」~

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

IPAの「ソフトウェア品質説明のための制度ガイドライン」に準拠した制度がDEOS協会にて開始
~ディペンダビリティ技術の認証制度「DEOS認証制度」~

2015年6月17日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア高信頼化センター

概要

 IPA/SECでは、製品・システムの品質を第三者が確認する制度を設ける際の要求事項等を、公正性及び整合性の観点からまとめた、「製品・システムにおけるソフトウェアの信頼性・安全性等に関する品質説明力強化のための制度構築ガイドライン (通称:「ソフトウェア品質説明のための制度ガイドライン」)」(以下、本ガイドライン)を公開しています。
 このたび、一般社団法人 ディペンダビリティ技術推進協会(以下、DEOS協会)より、本ガイドラインに準拠して構築された制度として、ディペンダビリティ技術の認証制度である「DEOS認証制度」の運用が開始されました。
 IPA/SECは、今後もこのような形で本ガイドラインに基づく制度が多方面で構築され、普及展開されることを期待します。

  「DEOS認証制度」の詳細については、以下のリンク先をご覧ください(DEOS協会)
  http://deos.or.jp/(DEOS協会 Webページ)
  http://deos.or.jp/news/20150617.pdf (プレスリリース)