HOMEソフトウェア高信頼化事業内容のご案内事業に関連するお知らせ「定量データに基づくプロジェクト診断支援ツール」のサービス終了について

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

「定量データに基づくプロジェクト診断支援ツール」のサービス終了について

2017年3月8日更新
2017年2月24日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア高信頼化センター

 IPA/SECは、「ソフトウェア開発データ白書(以下、白書)」の発行にあたって収集したプロジェクトデータをもとに、自社のプロジェクトの相対的な状況やレベルを確認し、開発プロセスの改善や開発の効率化に向けた戦略的な取り組みに繋げられるよう、2007年度から「定量データに基づくプロジェクト診断支援ツール」を提供してまいりました。

 また、2014年12月からは、より加工分析の自由度を高め、有効にデータを活用いただけるよう、白書のグラフデータを新たに提供してまいりました。これにより、白書に掲載されているグラフを利用者がお使いの既存の統計ソフトを使って、そのままの形で活用できるのに加え、業種、言語の絞り込みやデータ範囲の絞り込みなど、より自社の条件に合ったグラフの活用が可能となりました。

 この度、上記グラフデータを用いて「定量データに基づくプロジェクト支援ツール」の機能を既存の統計ソフトを使って、より高度に実現する方法例をとりまとめ、わかりやすくマニュアル化し提示します。
 これに伴い「定量データに基づくプロジェクト支援ツール」のサービスを2017年4月28日17時をもって終了する予定です。
 なお、マニュアルの公開につきましては、後日、新着情報等でお知らせいたします。

 マニュアルを公開しました。(2017年3月8日)

 これまで当該ツールを長い間ご利用いただき、大変ありがとうございました。
 ご不明な点がございましたら、以下の問い合わせ先にご連絡ください。

問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター

e-mail:電話番号:03-5978-7543までお問い合わせください。