HOMEソフトウェア高信頼化事業内容のご案内事業に関連するお知らせ組込みIoTイノベーション議員連盟議員がIPAに来訪

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

組込みIoTイノベーション議員連盟議員がIPAに来訪

2016年4月22日公開
独立行政法人情報処理推進機構

 2016年3月10日(木)、組込みIoTイノベーション議員連盟より鶴保庸介幹事長、神山佐市衆議院議員、穴見陽一衆議院議員が、IoT時代に向けて今後ますます重要性・複雑さを増していく組込みシステム分野における取組みおよびサイバーセキュリティに関する取組みを進めているIPAソフトウェア高信頼化センター(SEC)、セキュリティセンターへ、視察のため来訪されました。
 ソフトウェア高信頼化センター(SEC)からは、IoT時代のソフトウェア開発においてセーフティ・セキュリティを確保するための指針である「つながる世界の開発指針」、組込みシステム分野の開発手法・スキル等の標準化の取組みである「ESxR Series」および「ETSS Series」、開発プロジェクト改善のためのマネジメントを推進する取組みである「組込みソフトウェア開発データ白書」等についての説明を行いました。
 セキュリティセンターからは、サイバーセキュリティ対策の概要や今後の対応、標的型サイバー攻撃に対処するための取組みである「サイバー情報共有イニシアティブ J-CSIP(ジェイシップ)」、「サイバーレスキュー隊 J-CRAT(ジェイ・クラート)」等についての説明を行いました。


IPAの取組みについて説明を受ける
鶴保幹事長(前列中央)、神山議員(前列右)、穴見議員(前列左)


標的型サイバー攻撃に関するデモ

本件に関するお問い合わせ先

 IPA 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター 企画グループ

 E-mail :sec-pr