HOMEソフトウェア高信頼化事業内容のご案内事業に関連するお知らせ「情報化促進貢献個人等表彰」経済産業大臣賞受賞者の決定について

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

「情報化促進貢献個人等表彰」経済産業大臣賞受賞者の決定について

2015年10月16日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア高信頼化センター

このたび、IPA顧問(元.IPAソフトウェア・エンジニアリング・センター所長)鶴保 征城 が経済社会の情報化促進に貢献したと認められ、「情報化促進貢献個人等表彰」経済産業大臣賞の受賞者として決定しました。

概要

 経済産業省、総務省、文部科学省、国土交通省では、経済社会の情報化の促進に多大な貢献をなしたと認められる個人・企業等(企業、団体、教育機関等)を大臣等が表彰する「情報化促進貢献個人等表彰」を行っております。
 平成27年度「情報化促進貢献個人等表彰」において、IPA顧問(元.ソフトウェア・エンジニアリング・センター所長) 鶴保 征城 が、経済社会の情報化促進に貢献したと認められ、経済産業大臣賞を受賞されることが決定しました。
 IPAでは、これからも、ITの活用による快適なくらしや豊かな情報社会を実現するため、社会全体を支える情報処理システムの信頼性向上に取り組んでまいります。

「情報化促進貢献個人等表彰」経済産業大臣賞:鶴保 征城

表彰概要 高度な情報処理技術の研究・開発、高度IT人材の育成、ITの活用が遅れている企業へのIT活用の導入、情報処理の安全の確保等について、先導的役割を果たし、又は顕著な成果をあげたと認められる個人・企業等が表彰の対象となります。
受賞者 鶴保 征城 IPA顧問(元.IPAソフトウェア・エンジニアリング・センター所長)
現所属 一般社団法人組込みイノベーション協議会 理事長
授賞理由となった業績 ソフトウェアは日本経済の大きな推進力のひとつであるとの認識のもと、ソフトウェア開発に関する大規模な産学官連携プロジェクトを指揮し、永年実現できなかった産学での現場データの共有環境を実現するなど、我が国のソフトウェア産業の発展に大きく貢献しました。
備考 2015年10月27日(火)10:30~12:10に開催される「情報化月間記念式典」において、「情報化促進貢献個人等表彰」の経済産業大臣賞、総務大臣賞、文部科学大臣賞、国土交通大臣賞の受賞者が表彰されます。

式典の詳細については、情報化月間ポータルサイトをご覧ください。
なお、IPAは「情報化月間2015普及・広報活動協力者」として情報化月間2015の普及・広報活動に協力しています。
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/gekkan/index.html