HOMEソフトウェア高信頼化セミナー・イベントイベント情報第2回 STAMPワークショップ

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

第2回 STAMPワークショップ

第2回 STAMPワークショップ

開催情報

 MITのNancy Leveson教授が提唱する、システム理論に基づく新しい安全性分析方法論STAMP(Systems-Theoretic Accident Model and Processes)が欧米を中心に産業界で注目されています。IPA/SECもSTAMPに注目しつつ、我が国の産業界に有効なシステム安全性向上手法の調査・検討・普及を行うべく、2015年度からシステム安全性解析手法WGを立ち上げ、活動を進めています。
 欧米では毎年STAMPワークショップが開催されており、米国で6回、ヨーロッパでは5回既に定期開催されています。日本でも2016年12月に九州にて、第1回STAMP-WS in Japanを開催しました。
 第2回目となる本WSはさらに規模拡大し、東京で開催。 MITからの招待講演・チュートリアル、多様な国内企業のSTAMP適用・検討事例発表を予定しています。

関連情報

 ・STAMP Workshop at MIT 別ウィンドウで開く
 ・European STAMP Workshop 別ウィンドウで開く

主催 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
共催 (後日掲載予定)
後援 (後日掲載予定)
開催日 2017年11月27日(月)、28日(火)、29日(水)(※29日は午前中のみ)
開催場所〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学 三田キャンパス北館ホール(アクセスマップ別ウィンドウで開く
参加費 無料(懇親会は有料)
定員 200名
参加登録 参加登録は7月より開始予定です。
発表者募集 一般講演演題募集
一般講演を皆様から募集します。一般講演日は2017年11月27日(月)~29日(水)を予定しています。応募要領をお読みになり、どうぞ奮ってご応募ください。皆様からの発表の他にも、招待講演とチュートリアルも組み入れた、充実したプログラムを構成します。発表は日本語とします。

応募要領
応募要領は、7月初旬に公開予定です。
募集する発表は、STAMPに関するものとします。
■応募締め切り日時:2017年9月20日(水)17時00分
■発表者決定:2017年9月29日(金)
■プログラム決定:2017年10月13日(金)
発表の審査基準
発表内容を査読の上、発表者を決定します。
プログラム 第1日目:11月27日(月) 招待講演 チュートリアル  一般講演
第2日目:11月28日(火) 一般講演
第3日目:11月29日(水) 一般講演(午前中のみ)
スタッフ 実行委員長     松本隆明(IPA/SEC)
プログラム委員長  兼本茂(会津大学)
プログラム委員   岡本圭史(仙台高専)、川野卓(JR東)、北村知(JR東)
(50音順)    日下部茂(長崎県立大学)、白坂成功(慶応大学)
          中村洋(レンタコーチ)、野本秀樹(JAMSS)
          三原幸博(IPA/SEC)、石井正悟(IPA/SEC)、十山圭介(IPA/SEC)