HOMEソフトウェア高信頼化セミナー・イベントイベント情報【出展】Agile Japan 2014

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

【出展】Agile Japan 2014

開催情報

  独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)では、活動成果を産業界、政府および一般社会に提供し、その浸透を促進するためのセミナーの開催や各種展示会への出展、及び書籍や定期刊行物の発行等を行っております。
  昨年に引き続き、IPA/SECはさらなる普及啓発活動のために、アジャイルジャパン実行委員会が主催する「Agile Japan 2014」に参加出展し、非ウォーターフォール型開発に関する活動成果の講演や資料配布等を行います。

  ご興味をお持ちの方は、ぜひ、ご参加ください。

主催 アジャイルジャパン2014実行委員会
Agile Japan 2014 公式サイト
タイトル ”集まろう、そしてひろげよう”
Agile Japan 2014
明日を変えるチカラがつながる
開催日 2014年6月27日(金)
開催場所 〒103-8510
東京都中央区日本橋箱崎町19-21
日本アイ・ビー・エム株式会社 本社セミナールーム(アクセス
参加対象 IT関連企業、ユーザ企業に所属されている、ソフトウェア開発のプロジェクトマネージャ、 チームリーダーの方
定員 200名
参加費 16,200円(税込)
参加登録は公式サイトよりお願いします。

プログラム

  プログラムの詳細については公式サイトにてご確認ください。
   Agile Japan 2014 プログラム

IPAセッション

時刻 概要
15:30~
16:30
ワークショップ:
現場の課題にどう対応する? アジャイル型開発におけるプラクティス活用


あなたの現場にはどんな課題がありますか? どんな課題がありましたか。
現場が関係している環境や状況は、さまざまです。ひとつのプロジェクトにおいても、状況は刻々と変化しています。さまざまなソフトウェア開発方法論があり、標準的な知識体系として指針を示されて、それらの知見は貴重なものです。しかしながら、それらは海外で出版された書籍の翻訳を主となっており、そのまま現場に適用すると有効ではないだけでなく、問題を発生させる可能性も否定できません。
そこで、IPA/SECでは、アジャイル型開発プロセスを適用している26事例を調査し、使われているプラクティスを49のパターンとしてリファレンスガイドにまとめました。現場で使われている工夫を盛り込むだけでなく、うまく行かなかったプラクティスや使い方も紹介し、失敗への対策にも活用できます。 「アジャイル型開発におけるプラクティス活用事例調査」のリファレンスガイドは、だれでも無料でダウンロードでき、広く公開しています。
http://www.ipa.go.jp/sec/softwareengineering/reports/20130319.html
あなたの現場において、どのような課題がありますか。
リファレンスガイドと共に考えるワークショップです。

合同会社カルチャーワークス共同代表
本橋  正成 氏

ギルドワークス代表
市谷  聡啓 氏

お問合わせ

  アジャイルジャパン事務局(株式会社ピーク・ワン内)  
  〒160-0004 東京都新宿区四谷2-4-1 ルネ四谷ビル2F  
  TEL:03-6273-1008 

参加登録

  参加登録は公式サイトよりお願いします。