HOME国際標準の推進その他事業OSSライセンスの比較、利用動向および係争に関する調査

本文を印刷する

国際標準の推進

OSSライセンスの比較、利用動向および係争に関する調査

GPL以外の主要なオープンソースソフトウェア(OSS)ライセンス16種類について、概要、開発の意図およびOSSライセンスを巡る係争などについて掲載しています。 本調査報告書は、IPAオープンソフトウェア・センター「リーガルワーキンググループ」の監修により作成したものです。 本報告書が、OSS開発やOSS採用に携わる技術者、法務部門の担当者などがOSSを製品・サービスに活用する際の参考資料として活用されることを期待します。

【プレス発表】OSSライセンスの比較、利用動向および係争に関する調査の報告書を公開



ご利用にあたって 本解説書は、広く活用できるよう「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示-非営利-改変禁止2.1」(Creative Commons License Attribution Non-Commercial No Derivatives 2.1) の条件のもとで公開します。内容を改変しない限り無償でダウンロードし利用することができます。出版等営利目的での利用は禁止しますが、企業・団体等の内部における利用(講習会、勉強会等)を目的とした複製及び翻訳については、無償で許可します。