HOME国際標準の推進

本文を印刷する

国際標準の推進

国際標準推進センターについて

国際標準推進センターの目的についてお伝えします。

IPAフォント

システムの種類を問わず無償で利用できる高品位なフォント「IPA フォント」や、その改良版の「IPAex フォント」をご紹介します。

文字情報基盤

「文字情報基盤 文字情報一覧表(MJ文字情報一覧表)」と「IPAmj明朝フォント」を公開し、その普及促進や国際標準化の活動を行っております。

共通語彙基盤

官民にわたる多くの組織がオープンデータを活用し、個々の単語について表記・意味・データ構造を統一し、互いに意味が通じるようにする必要があります。そのための仕組みとして、現在「共通語彙基盤」の構築を進めています。

調査・研究

「地方自治体の情報システム調達に関する調査結果」及び「情報技術に係るオープンな標準の評価基準(ECOSS)」の情報を公開しています。

その他事業

国際標準推進センターで実施したその他の事業についての情報です。技術参照モデル(TRM)、プログラム言語「Ruby」、OSSライセンス関連情報、ソフトウェアの評価、連携プログラム技術評価制度、等