HOME突出した若手人材未踏事業について2014年度 未踏IT人材発掘・育成事業 プロジェクトマネージャー(PM)一覧

本文を印刷する

突出した若手人材

2014年度 未踏IT人材発掘・育成事業 プロジェクトマネージャー(PM)一覧

最終更新日 2014年1月9日
IT人材育成本部
イノベーション人材センター
未踏人材グループ

未踏 統括プロジェクトマネージャー

竹内PMの写真

1.竹内 郁雄(たけうち いくお)

  • 東京大学 名誉教授
  • 早稲田大学 国際オープン教育リソース研究所 招聘研究員

 未踏事業は「ITに関する若い独創的な才能を発掘して花開かせるための最良の 仕掛け」です。しかし、そうであり続けるためには、仕掛け自身を未踏的に常に変革していく必要があります。とはいえ、日本のIT産業力のコアを担う未踏ブランドを形成するためには、当初の理想を守り通すことも必要です。こんなことを意識しながら、未踏事業のさらなる発展のために力を尽くしたいと思っています。

夏野PMの写真

2.夏野 剛(なつの たけし)

  • 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授

 日本は世界で最高のITインフラを持つ国。教育レベルも高く、また個人金融資産がが約1,600兆円というほど、おカネもある。にもかかわらず、世界でのプレゼンスはアメリカに大きく遅れをとっています。若者にチャンスを。新参者に機会を。日本の最大の課題は、どうやって優秀な人間をさらに伸ばしていくか。平均値の向上はもう要らない。世界で通用するソフトウェア、世界で例のないビジネスモデル、驚くような利便性をもたらしてくれる技術を待ってます!

未踏プロジェクトマネージャー

 2014年度は、下記4名の方が担当予定です。
石黒PMの写真

1.石黒 浩(いしぐろ ひろし)

  • 大阪大学 大学院基礎工学研究科 システム創成専攻 教授(特別教授)
  • ATR石黒浩特別研究室室長(ATRフェロー)

 情報・ロボット化社会は必ずやってきます。そのような近未来において、我々はさら に多くのセンサ、情報端末、ロボットを日常生活の中で利用することになるでしょ う。このような未来社会を実現し、世界をリードするには、斬新なアイデアで、ソフトやハードを開発できる人材が必要となります。従来の工学にとらわれず、 芸術やビジネスの域にまで発想を広げた、ソフトウェアやシステムを技術開発ができる人材に期待しています。

後藤PMの写真

2.後藤 真孝(ごとう まさたか)

  • 産業技術総合研究所 情報技術研究部門 首席研究員

 自分の夢を自分の力で実現したい凄腕達が集まってくる未踏は、独創性とやる気に満ち溢れています。そんな皆様の夢を、より良い形で実現して成果の輝きが増すように、PMとして様々な形で応援していきます。私が専門とする音楽、音声、インタラクションに限らず、どのような分野の提案も歓迎です。新しくて、面白くて、役に立って、未来を切り拓いてくれる提案に出会えるのを楽しみにしています。

首藤PMの写真

3.首藤 一幸(しゅどう かずゆき)

  • 東京工業大学 大学院情報理工学研究科 数理・計算科学専攻 准教授

 人がなかなかやらない、できないことをやって見せてください。情熱と才覚あるクリエータ・エンジニアからの挑戦を楽しみにしています。

藤井PMの写真

4.藤井 彰人(ふじい あきひと)

  • KDDI株式会社 サービス企画本部 クラウドサービス企画開発部長

 ネットワーク上にあらゆる人や物・情報が繋がり、共有知としての財産を蓄積しながら、IT産業はさらなる発展を続けています。これはIT分野で活躍するエンジニア個人が、場所や立場やリソースにとらわれず、世界に向けてその能力を十二分に発揮できる環境が整いつつあることも意味します。未踏に挑戦できない理由はもうありません。私はアツい思いを持ったエンジニアがたくさんいることをコンテストやコミュニティの活動を通じて知っています。舞台は整いました。あとはアイデア次第です。みなさまからの応募をお待ちしています!

更新履歴

2014年1月9日 PM一覧を掲載いたしました。