HOME突出した若手人材未踏事業について未踏:2014年度 未踏IT人材発掘・育成事業 公募一覧

本文を印刷する

突出した若手人材

未踏:2014年度 未踏IT人材発掘・育成事業 公募一覧

最終更新日 2014年3月19日
IT人材育成本部
イノベーション人材センター
未踏人材グループ

ページ内リンク

お知らせ

2014年 6月 9日  2014年度公募結果を公開しました。 
2014年 3月19日  2014年度公募受付を締切りました。
2014年 1月 9日  2014年度公募受付を開始しました。

公募の概要

 本事業は、 ソフトウェア関連分野においてイノベーションを創出することのできる独創的なアイディア、技術を有するとともに、これらを活用していく能力を有する優れた個人(クリエータ)を、優れた能力と実績を持つプロジェクトマネージャー(以下「PM」という)のもとに発掘育成します。
 クリエータは、自らが提案するテーマについて、PMからの指導・助言を受けて、開発プロジェクトを実施することにより、能力・技術の向上を図ります。
 このクリエータの中から、特に優れた能力を有するクリエータをスーパークリエータとして選出します。
また、我が国の産業の活性化・競争力強化に資するため、若い突出したIT人材による成果・活動等を情報提供できる環境を整備するとともに、産業界との人的ネットワークの拡充を図り、産業界全体への活用の啓発を行います。
 上記事業目的を達成するため、「独自性・革新性があり、将来社会的インパクトを与えイノベーションを創出する可能性を秘めたテーマを実現しようとしている若い逸材(2014年4月1日時点で25歳未満の方)」からのテーマ提案を募集します。


 この公募に関する応募要件や応募方法等の詳細については、以下の「公募要領」と「PMからのメッセージ」とをダウンロードしてご確認ください。

提案者の要件

 提案者は、以下の条件をすべて満たすことが必要です。

① 個人又は個人からなるグループであること。(法人格のある組織としての提案は受け付けません。)

② 2014年4月1日時点で25歳未満であること。(グループの場合、全員が25歳未満であること)

③ 過去3年以内(2011年度以降の)未踏IT人材発掘・育成事業において、チーフクリエータまたはコクリエータとして採択されていないこと。

④ 過去採択者は今回の申請テーマが過去採択時のテーマと大きく異なること。

⑤ これまでの未踏ソフトウェア創造事業及び未踏IT人材発掘・育成事業において、「天才プログラマー/スーパークリエータ」として認定されていないこと。

⑥ 採択テーマの人材育成/開発期間を通して日本に在住していること。

⑦ 組織に所属する個人又はグループが提案を行う場合には、本事業による支援措置を受けること及び開発成果が個人又はグループに帰属することについて、所属組織が予め了解していること。

⑧ 未成年者の場合は、本事業による支援措置を受けることについて父母もしくは同等の親族、保護者等が予め了解していること。また、父母もしくは同等の親族、保護者等が契約当事者(法定代理人)となること。

⑨ 提案テーマを活用して、日本のIT産業の発展に寄与する意欲があること。

募集テーマ及びテーマ要件

 公募のテーマは、基本的に対象を絞りません。ただし、下記の「PMからのメッセージ」を参照し、PMがどんな提案を期待しているかを加味して提案書を作成してください。

 2013年度は、下記4名の方がプロジェクトマネージャー(PM)を担当します。

PM氏名 所属 メッセージ
1.石黒 浩
(いしぐろ ひろし)
大阪大学大学院 基礎工学研究科 システム創成専攻 教授
ATR石黒浩特別研究室室長
石黒PM
メッセージ
2.後藤 真孝
(ごとう まさたか)
産業技術総合研究所 情報技術研究部門 首席研究員 後藤PM
メッセージ
3.首藤 一幸
(しゅどう かずゆき)
東京工業大学 大学院情報理工学研究科 数理・計算科学専攻 准教授 首藤PM
メッセージ
4.藤井 彰人
(ふじい あきひと)
KDDI株式会社 サービス企画本部 クラウドサービス企画開発部長
藤井PM
メッセージ

公募要領

 公募内容、事業概要等の詳細については、下記の公募要領をご覧ください。

記入要領

 以下の書式を利用して、提案書を作成してください。なお、記入要領につきましては、公募要領を参照してください。

テーマ申請書・テーマ提案書・チェックシート【様式1&様式2&様式3】

提案テーマ詳細説明【様式4】

承諾書

上記「提案者の要件」の⑦と⑧に該当する場合の承諾書は、次のとおりです。

所属組織からの承諾書

 所属組織からの了解を証明するものとして、採択決定後、契約に際して承諾書を提出していただきます。承諾書に関しては、公募要領P15「8.参考資料」に説明があります。承諾書の提出ができない場合、辞退していただくことになります。
承諾書は、以下の記載例を参照して作成してください。

父母もしくは同等の親族、保護者等から承諾書

 未成年の応募者は、父母もしくは同等の親族、保護者等からの了解を証明するものとして、二次審査(ヒアリング)の際に承諾書を提出していただきます。承諾書に関しては、公募要領P15「8.参考資料」に説明があります。
承諾書は、以下の記載例を参照して作成してください。

応募方法

 提案書類は、電子申請にて受け付けます。電子申請以外での提出は受け付けませんので注意して下さい。

※今回から電子申請の方法が変わっています。申請にあたり応募のエントリー(事前申請)が必要となりました。
 詳細は公募要領内「5. 応募方法等」を確認してください。

公募受付期間

 2014年度公募への申請締切日及び締切時刻は、2014年3月19日(水)12時(正午)までとし、締切時刻までに電子申請で受理されたものを有効とさせていただきます。
応募エントリー(事前申請)の受付期間は2014年3月12日(水)午前9時30分まで


 添付ファイルを含めて、全ての情報がIPAに転送された時刻をもって受理時刻とし、締切時刻までにIPAで受理した提案について審査を行いますので、申請にあたっては、余裕を持って送信していただくようお願いします(特に添付ファイルの容量が大きい場合は要注意)。
  なお、ログイン後、長時間申請を行わない場合、セッションが切れますのでご注意ください。

 これらのことにご留意いただき、時間的に余裕を持って送信していただくようお願いいたします。

二次審査(ヒアリング)の予定

 2014年4月19日(土) または 20日(日)のいずれかの日程で実施します。
 一次審査通過者に事前連絡いたしますので、予定の確保をお願いいたします。

公募説明会

 下記の日程で、公募説明会を実施いたします。

IPA会場

■公募説明会の日時
 2014年1月23日(木)18時00分~19時00分
■公募説明会の場所
 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス13階
 独立行政法人情報処理推進機構 会議室A・B

※公募説明会に関する詳細情報や公募説明会への参加申込みは、以下のWebページをご覧ください。

FAQ

本事業の公募に関するお問合せは、まず以下のFAQをご確認ください。

FAQに記載されていないご質問につきましては、下記お問合せ先に電子メールでお問合せください。

お問合せ先

本公募に関する問い合わせは、先ず、本公募のFAQをご確認ください。
その他のご質問につきましては、以下の連絡先へ電子メールにてお問合せください。

IPA IT人材育成本部 イノベーション人材センター 未踏人材グループ
未踏IT人材発掘・育成事業事務局
E-mail:

更新履歴

2014年1月9日 2014年度公募受付を開始しました。
2014年2月6日 チェックシート【様式3】の内容を一部追加しました。
2014年3月19日 2014年度公募を締切りました。
2014年6月9日 2014年度公募結果を公開しました。

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。