HOME未踏・セキュリティキャンプ未踏事業2014年9月18日 未踏交流会 vol.14 開催のご案内

本文を印刷する

2014年9月18日 未踏交流会 vol.14 開催のご案内

最終更新日:2014年8月20日
IT人材育成本部
イノベーション人材センター
未踏人材グループ

未踏交流会 vol.14 開催のご案内

この度、産学連携を推進されているアキバテクノクラブ様との共催で、下記のとおり未踏交流会を開催いたします。

2014年9月18日 未踏交流会 vol.14 開催概要

  開催日時:2014年9月18日(木)17時~20時
             (受付開始:16時30分)

  開催場所:秋葉原ダイビル5F カンファレンスフロア
   ・所在地:東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル5F
   ・交通案内:http://www.akibahall.jp/data/access.html

  参加費:講演は無料。ショートプレゼンテーション&懇親会は1,000円。(ドリンク・軽食代)
       (事前登録制)

プログラム

 17:00~17:50 講演(定員:50名)

 

講演概要
  • 講   師  :直江 憲一 氏(株式会社ズカンドットコム 取締役)
     
  • 講演タイトル:      
    • 前半:タブレット時代の学校教育は、共創体験が面白い。
      - 生徒全員で虫を集めたら、すごい図鑑ができるかもという提案 -
    • 後半:みんなが超クリエイティブになれる、企業間協業の新しい形とは。
      -『ボケて』を生み出す、聞いたこともない協業スタイル -

  • 講演内容
    前半は、タブレットが教育の現場に急速に普及していくこれからの時代、小学校にはどんな教育が求められるのか? 私はみんなで一つのものを作る共創体験が重要になってくると思っています。同じクラスの机が近い人同士で活動するだけでなく、学年や学校の垣根を越えた活動です。
    タブレットによってもたらされるITの力によって共創体験がより手軽にそして広いスケールで享受できるようになります。そのような時代にどんな教育コンテンツの可能性があるのかについて、ズカンドットコムの図鑑forキッズプロジェクトをご紹介します。


    後半は、近年、会社の枠を超え、プロジェクトベースで人が集まって目標を共有し、収益を等分することによって皆が超クリエイティブにコミットするという新しい協業の形が出てきています。このような新しい働き方について、ズカンドットコムでの例をお話しするとともに、大人気Web大喜利サービス「ボケて」での協業例をご紹介します。

 

参考Webページ
 
 
   

 18:00~20:00 参加者によるショートプレゼンテーション&懇親会(会費:1,000円)
   (定員50名)

申込み方法

 参加ご希望の方は、下記リンク先の受付ページよりお申込みください。

>> 未踏交流会参加申込み <<

※申込み締切りは2014年9月17日(水)まで

ショートプレゼンテーションのプレゼンテーター希望者申込み方法

 ショートプレゼンテーションのプレゼンテーターを募集しております。
 持ち時間は一人30分程度で、時間内に質疑応答を含みます。
 内容には特に制限はありませんが、技術的なお話をいただくと毎回かなり活発な質疑応答があり、盛り上がります。

 ショートプレゼンテーションのプレゼンテーターを希望される方は、本文に下記の内容を記載の上、電子メールにてご連絡ください。

 基本的に、「先着3名」まで受付させていただきますが、希望者が多数の場合は、今までにプレゼンテーションされた方はご遠慮いただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  申込メール送付先:

  プレゼンテーター申込みメール 記載内容:
   ・件名:ショートプレゼン申込み
   ・お名前
   ・ご所属
   ・プレゼンテーションのタイトル
   ・未踏事業年度(一般の方は不要です)

更新履歴

2014年8月20日 未踏交流会の参加受付を開始しました。

未踏・セキュリティキャンプ