HOME未踏/セキュリティ・キャンプ2011年度 採択案件概要

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

2011年度 採択案件概要

1.担当PM

 原田 康徳PM
 (日本電信電話株式会社 NTTコミュニケーション科学基礎研究所 主任研究員)

2.採択者氏名

 チーフクリエータ:若園 祐作
 (東京大学大学院学際情報学府 学際情報学府学際情報学専攻)

3.採択金額

 1,792,000円

4.テーマ名

 可塑性のある物体に対するプロジェクションマッピングとその応用

5.関連Webサイト

 なし

6.申請テーマ概要

 本提案では、3次元立体物のような言語では表現が困難な情報を適切に表現するための一手法として粘土での造形に着目し、プロジェクタによる粘土への画像投影と粘土の変形に対する追従機能によって、自由に粘土表面の色を変更したり擬似的に動きを表現したりすることが可能なシステムを構築する。このシステムによって、粘土での造形の簡単さを維持しながら、より素直かつ適切に人間の脳内イメージを実体化させることを可能にする。
 本提案で開発を行うのは
 1.粘土の形状認識とプロジェクションマッピング
 2.粘土の形状変化に対応して投影画像を変形させる機能
 3.システムへの入力インタフェース
 である。
 粘土での造形という単なる遊びと見られがちな行為を表現手法のひとつとして実用的に発展させようというアイデア、3Dモデリングでしばしば用いられるようなコンピュータ内での粘土の再現ではなく現実世界の粘土に対してコンピュータによる拡張を加えようとする方向性、人間の理性だけではなく感性にも訴えかけるシステム入出力が本提案の特徴であり、アピールポイントである。また、本提案の成果は製品のプロトタイピングや立体物のイメージ検索などに利用でき、様々な場面で応用が可能である。

7.採択理由

 粘土好きなら一度はやってみたいと思っていた提案。
 kinectの登場で実現可能なったが、先駆者としてどこまで暴走するか。
 もしくは現実的で実用的な解を目指すか。
 どちらも可能性のある方向なので、楽しんで開発を進めてもらいたい。

未踏/セキュリティ・キャンプ