HOMEIT人材育成スキル標準への取り組みエデュケーション・コミュニティ

本文を印刷する

IT人材育成

エデュケーション・コミュニティ

エデュケーション委員会の設置

委員会の設置について

 ITスキル標準 プロフェッショナルコミュニティでは、各企業においてITスキル標準活用を機に、研修に関する制度、研修実施体制、研修体系等の見直し、再構築への取り組みが進められる中で、エデュケーションの地位向上が改めて認識されている現状をふまえ、エデュケーション職種の責務を明確化する目的で「エデュケーション委員会」を設置しました。

エデュケーション委員

 自社の経営戦略に基づいた人材育成活動に関わる人材育成責任者の方を中心に、業界を代表する団体から推薦を受けた方々を委員として平成19年9月にエデュケーション委員会が発足しました。
 なお、平成22年6月現在における本委員会の委員は次の通りです。(◎は主査、○は副主査、五十音順)

秋元 裕和 氏   富士通株式会社
石川 拓夫 氏 株式会社 日立システムアンドサービス
後藤 英典 氏   日本アイ・ビー・エム人財ソリューション株式会社
佐藤 和彦 氏   NTTラーニングシステムズ株式会社
杉山 志保 氏   株式会社 NTTデータ
武重 勉 氏   株式会社 日立インフォメーションアカデミー
福嶋 義弘 氏 NECソフト株式会社
宮沢 修二 氏   株式会社 ラーニング・アーキテクチャ研究所
村上 拓史 氏 日本ユニシス株式会社

<注1>名前をクリックすると、上記の委員のプロフィールが参照できます。

平成20年度の活動成果報告

 エデュケーション委員会では、高度IT人材育成に関して、ITスキル標準エデュケーション職種のあるべき姿にとどまらず、日本の高度IT人材育成を促進するために必要と思われるプロセスや知識体系を、これまでの2年間の活動成果として「IT人材育成プロセスと知識体系」にまとめました。(zip形式(1.0MB))

平成19年度の活動成果報告

 今年度新たに発足したエデュケーション委員会では、ITスキル標準におけるエデュケーション職種の責務を明確化することを中心に以下のような検討プロセスで委員会活動を行いました。

検討プロセス

  1. 教育研修活動に関する課題の明確化
  2. あるべき人材像・役割の検討
  3. 活動領域と概要の検討
  4. 知識体系の整理・検討、活動領域と知識体系のマッピング
  5. 専門分野の詳細検討
  6. 職種名の検討

 今年度の活動の成果として「ITスキル標準 改善提案報告書(中間報告)」 を作成しました。(PDF形式 PDF形式(1.1MB))
この内容は、ITスキル標準V3 2008(10月公開予定)には反映されませんが、今後も引続き検討を重ね、改善提案をまとめていきます。