HOMEIT人材育成スキル標準への取り組みSPES技術シンポジウム~IT融合によるイノベーションの源泉、気づきの体験~

本文を印刷する

IT人材育成

SPES技術シンポジウム~IT融合によるイノベーションの源泉、気づきの体験~

日時:2014年7月24日 (実施済)
会場:秋葉原UDXカンファレンス
主催:一般社団法人 情報サービス産業協会
後援:経済産業省、ITコーディネータ協会、IPA

(1) 概要

情報サービス産業協会(JISA)SPES技術シンポジウムにおいてIT融合人材の人材像、プロセス、能力、育成のあり方と、イノベーションを創出できる組織能力のあり方について解説しました。また、育成のあり方でも強調された「実践的学習の場」の具体例を、デモを含めご紹介しました。
JISA SPES2014の本セッションページへのリンクはこちら 

(2) 「SPES技術シンポジウム」とは

一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)が主催し年一回開催されています。情報サービス事業者の経営者、上級管理職、開発部門、品質管理部門などに向けて最新の情報を発信するシンポジウムです。2014年度は『新たなビジネス創造と実現に向けた技術獲得』というテーマで2日間に渡り開催されました。
JISA SPES2014 ページへのリンクはこちら 

(3) IPAの参画について

IPAはITCAと共同で、ITとビジネスの融合により新しい価値を生み出しイノベーションを創出する「IT融合人材」の育成と組織のあり方を検討する「IT融合人材育成連絡会」を立ち上げました。当連絡会にはJISAをはじめ12の企業、団体の参加を得て2013年7月~2104年7月まで議論が重ねられました。SPES技術シンポジウムでは、ITCAと共同で、ここでの検討結果を紹介するとともに、「IT融合人材」を育成するために重要であるとされた「実践的学習の場」の具体例をワークショップ形式でご紹介しました。
また、IPAではIT融合人材育成の取組みの一環として「育成フレーム」の整備を行いました。詳細はこちらをご覧ください。

(4) 資料ダウンロード(IPA講演分)

(5) アンケート結果

写真1写真2写真3