IPA






2006年度下期未踏ソフトウェア創造事業(未踏ユース)  採択概要


 



1.担当PM


  安村 通晃



2.採択者氏名


代表者

伏井 洋平(立命館大学 情報理工学部

共同開発者

 なし


3.プロジェクト管理組織


 有限会社シーカネット



4.採択金額


  2,687,500



5.テーマ名


 ブロガーのためのソースコード管理システム



6.テーマ概要 (応募時資料を一部分改訂)

昨今,多くのプログラマがブログを書いている.その中には,自分で作成したコードを記事として公開している人も多く,無視できない量になってきている.
しかし,あなたが見ているその記事に載っているソースコードは本当の意味でのソースコードなのだろうか.実は違う.ソースコードに見えるこれは実はブログの上では単なる文字列でしかない.たくさんのコードがブログの中に存在しているにもかかわらず,それをうまく扱う仕組みはまだない.
そこで私は,これまで活用されにくかったブログのソースコードをうまく扱うための仕組みを提供するために「ブロガーのためのソースコード管理システム」の作成を提案する.これは,

- ソースコードをWebから操作したり,それに簡単にアクセスする仕組み
- FlickrやYouTubeのようにソースコードを管理,全体で共有する仕組み

を組み合わせたものである.
これを実現することで,ユーザはブログでソースコードを正しくあつかえるだけでなく,さまざまなユーザの書いたソースコードを共有し利用することが可能となる.

具体的には以下を開発する.

1. ソフトウェアをWebから操作する仕組みの開発
2. ソフトウェアを管理する仕組みの開発
3. ソフトウェアを中心にしたコミュニケーションを実現する仕組みの開発



7.採択理由(担当PMからのコメント)

Web2.0時代の今日、ソースコードの共有化とブログによる情報交換は欠かせない。本提案は、ブログ上でのソースコード共有の仕組みの提案であり、まさにこの目的にとって有効な手だてである。
ソースコードからコピーする手間が必要なく、一元管理できるメリットがある。システムを実際に構築し、使い勝手を含めた実証実験も必要になるだろう。伏井洋平君自身、Plaggerと呼ばれるオープンソフトウェアの情報交換サイトに参加の経験を持っていることは心強い。また、はこべ日記と呼ぶ、ソースコードを交えた自らのブログを書きつづっている経験も役に立つであろう。
早めにシステムを稼働させ、公開の上利用者からのフィードバックを得る実証実験の成果に期待したい。





  ページトップへ   






Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2007