IPA


公募結果一覧へ

 



2006年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 




1.担当PM

  並木 美太郎 PM (東京農工大学大学院 共生科学技術研究部 助教授)




2.採択者氏名

開発代表者

青木 崇行 (慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科博士課程在籍 )

共同開発者

桐原幸彦 (株式会社トリプルダブル 代表取締役社長 )




3.プロジェクト管理組織


  株式会社トリプルダブル




4.採択金額


  6,500,000




5.テーマ名


  センサ・アクチュエータネットワーク制御ソフトウェアの開発




6.関連Webサイト


  なし




7.申請テーマ概要

・インターネットにはコンピュータだけではなく、各種センサやアクチュエータが接続され始め、センサネットワークというインターネットに接続されたセンサとその通信やデータ処理分野の研究が盛んになっている。センサネットワーク研究においては、センサの検知範囲やアプリケーション分野の議論が重要になっている。

 

本提案では、センサをアクチュエータと合体し、センサ自身を物理的に動かせるようにし、センサの検知範囲の動的な最適化を可能にしたり、新たなアプリケーションの開発を可能にすることを目的とする。使用するアクチュエータを単純なものにし、物理的動作方法を回転運動や直線運動等に絞ることにより電力消費量が多かったり、システムが複雑になりがちなモバイルセンサとの差別化を図る。

 

主に以下の3つのソフトウェア技術開発を行う。

1、センサ・アクチュエータ制御用基盤ソフトウェア

2、複数センサ・アクチュエータの協調制御用ミドルウェア

3、上記システムを利用したアプリケーション

 

本プロジェクトの成果により、インターネットをコンピュータやネットワーク機器だけのネットワークではなく多種多様のセンサやアクチュエータも接続されたネットワークにすることを加速し、より豊かなインターネット世界を構築することに貢献する。そして現実世界の情報を取得するセンサと、現実世界での物理的動作が可能なアクチュエータの協調動作により、リアルワールドとサイバーワールドの融合を進める。




8.採択理由

 センサやロボット制御のソフトウェア開発を行なう場合、制御モデルを基本としながら、個々の装置に対して詳細な制御を行なうプログラムを作成するのは、手間がかかるのは言うまでもない。本提案では、装置に汎用なミドルウェアを開発し、実際のシステムに応用する。適切な汎用性を持たせることについて、未踏性を認めることができるので、採択とした。



  ページトップへ   

 

 




  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004