IPA


公募結果一覧へ

 



2006年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 




1.担当PM

  千葉 滋 (東京工業大学大学院 情報理工学研究科 助教授)




2.採択者氏名

開発代表者

黒田 洋介 (株式会社オージス総研 技術部技術チーム )

共同開発者

なし




3.プロジェクト管理組織


  株式会社八角研究所




4.採択金額


  4,700,000




5.テーマ名


  Web上で動作するモデリング環境 Kodougu の開発




6.関連Webサイト


  なし




7.申請テーマ概要

現在、システム開発やビジネスの可視化の現場では、UMLのような様々なニーズをカバーするモデリング言語から、特定の領域に特化したモデリング言語(DSL)まで、様々なモデリング言語が使用されています。こうした需要に対応するために、商用ソフト、オープンソースを問わず、様々なモデリングツールがリリースされ、実際に利用されています。しかし、既存のモデリング環境には以下の問題も現れ始めています。

wikiなどWebアプリケーションと直接統合できるモデリングツールが存在しない

・ 手軽に視覚的なモデリング言語を設計できる環境がない

・ モデリング環境を整えることにコストがかかる

・ モデルの大規模化に伴い、スケーラビリティを保証するものがない

 

本提案ではこうした問題に答えるために以下の特徴を持ったソフトウェアをオープンソースソフトウェアとして開発します。

Webプラットフォーム上で動作するWebアプリケーション

・ モデリング言語の設計機能

・ オープンソースソフトウェア

Webを参考にした高いスケーラビリティ

 

システムはWebとの統合性を考慮して、Ruby on RailsAjaxを用いて開発します。これは、Rails及びAjaxは今後習熟したエンジニアが増えてくることが予想され、本ソフトウェアがオープンソースとして発展し続けていくためにも有益であると判断したからです。




8.採択理由

Web アプリケーションに組み込んで使えるモデル・エディタの開発提案である。オフショア開発などの際の情報交換に、wiki などに組み込んで使うことを想定している。また、開発案件にあわせてモデリング言語を利用者が拡張・カスタマイズして使えるようにすることをねらっている。このようなモデル・エディタの需要は小さくなく、また申請者には wiki などで情報交換しながらのオフショア開発の経験もあり、本テーマの開発計画・方針も妥当なので採択が適当と判断した。



  ページトップへ   

 

 




  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004