IPA


公募結果一覧へ





2006年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   河野 恭之  (奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

伊藤 冬子 (同志社大学 大学院工学研究科  知識工学専攻 2年)

共同開発者

天白 進也 (同志社大学 大学院工学研究科  知識工学専攻 1年)



3.プロジェクト管理組織


   テクノロジーシードインキュベーション株式会社



4.採択金額


  4,750,000 円



5.テーマ名


 ふんいきロギング - あの日あのときあの感じ -



6.関連Webサイト


 なし



7.申請テーマ概要

 本プロジェクトでは,断片的な テキスト情報で占められるログに対し,雰囲気や感情といった,曖昧でありながらその空間を決定づける重要な情報を記録する 「ふんいきロギング」を提案する.「ふんいきロギング」により,記録した時点での空間を再体験することが可能になり,ログの使い方の意識は変わる.現在の ログのうち,ユーザが意図的に記録している形式のほとんどは断片的なテキスト情報から成り立っており,その記録行為への動機付け,論理的なプロセスを辿る ことができない.しかし,断片的なログを深く理解するために,また薄れていくテンションやモチベーション,その動機や文脈などを思い出す必要が生じる場合 がある.それを助ける情報として,雰囲気,感情の情報を感情メタデータとしてアノテートすることを考えている.実際には記録行為を行う際にコンテンツに対 して抱いた感情や雰囲気といったものをそのログにアノテーションする.感情アノテーションのインタフェースとしては直感的に感情や雰囲気を扱いやすいアバ ターを利用する.また,ユーザが意図的に残すログだけではなく,昨今の音声認識技術の進歩やストレージの大容量化などの背景から,近い将来にはコンピュー タ上の全ての行動の網羅的なログが残すことが可能になると考えられる.この網羅的なログと,提案する「ふんいきロギング」を組み合わせることで,さらに記 録行為に至る文脈,プロセスの再現を行い,従来のログの再利用を「再体験」のレベルにまで昇華させ,埋もれている記録の利用範囲を拡大することが本プロ ジェクトの目的である.



8.採択理由


 アバターの存在が逆に雰囲気情報を強 調しすぎた再体験になってしまうことを危惧する.また,会議記録への拡張はそう単純ではない.実会議から「雰囲気情報」を抽出するのはどのように行うの か,モチベーションの再現のために会議を再体験するのは時間効率が悪いなど心配のタネは多々あれど,提案は適度に挑戦的で面白い.ただし風呂敷がでかいの で,目標を絞る必要があるだろう.目標点が適切に設定でき,そこまで到達するモチベーションを保てばよいものを作るだろう.


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004