IPA


公募結果一覧へ





2006年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   河野 恭之  (奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

渡邊 恵太 (慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 後期博士課程 1年 )

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


  テクノロジーシードインキュベーション株式会社



4.採択金額


  7,852,500 円



5.テーマ名


 生涯利用できる「記録-再生」循環に よる情報発見環境の開発



6.関連Webサイト


 なし



7.申請テーマ概要

 人間の『思い出し行為』を Googleなどのキーワード検索によって情報を探し出す仕組みは使わずに、情報を「記録-再生」の循環をさせながら永続的に 情報提示することでユーザが情報を「発見する」という感覚で情報獲得できる環境:ReflectiveVisionの開発を行う。 ReflectiveVisionとは『過去を振り返ることで、未来を見通すことが容易に可能となる情報環境』である。人間の生活には「朝昼晩,1 日,1 週間,春夏秋冬,1 年」といったパターンがあり、本プロジェクトではこういった人間の周期的な生活に着目し,連続的に記録したアーカイブを周期的なタイミングで継続的に情報 提示し続けることで、人間が『これまで何をしてきたのか、そしてこれから何をするべきなのか』を、時計を見るような感覚で利用できるようになる。この仕組 みに基づき, ReflectiveClock, ReflectiveCalendar, ReflectiveDesktop, ReflectiveMemoの4つソフトウェアの開発を行う。開発の方針として、時計を買ってきて電池を入れれば動き出すような手軽さで、かつ一生使え るシステムを目指す。



8.採択理由


 常に生活の中にあって人の活動を支え るために時間軸のデザインを取り込んだ情報発見環境の開発が目的である.生活の中で自ら被験者となり実証実験をすることを採択の条件とする.その中から集 中すべき対象を自ら見つけ出し,「平均的なのがいろいろ」よりも「完成度が高く尖ったもの」を創り出して欲しい.また,実験の場に他のPjとのコラボレー ションも積極的に入れて欲しい.それがまたアイディアを刺激するだろう.


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004