IPA


公募結果一覧へ





2006年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   並木 美太郎  (東 京農工大学大学院 共生科学技術研究部 助教授



2.採択者氏名


開発代表者

今村 謙之 (フリーランス)

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


   有限会社シーカネット



4.採択金額


  6,500,000 円



5.テーマ名


 クライアントサイドモジュール型 SIP-UAミドルウェア「SIProp」の開発



6.関連Webサイト


 http://www.siprop.org/



7.申請テーマ概要

 本提案では、現在世界的に問題 となっているVoIP相互接続問題に対する解決案を提示し、さらに、それだけにとどまらず、その先のNGNやIMS、 FMCなどの将来のネットワークを見据えた拡張を行うことにより、長期にわたって使用可能なSIPミドルウェアを提案する。

本提案では、下記の特徴を持ったSIPアプリケーション開発用のミドルウェアを開発する。

● クライアントサイドで動作するB2BUAモジュール
● B2BUAの動作をモジュールにて定義可能なモデル
● SIPをHTTPのように、汎用的に扱うことを可能なモデル
● モバイル端末向けの実装


これらの特徴により、下記の効果を得ることが可能となる。

● 世界的な関心事項となっているVoIP相互接続問題の解決
● 今後、世界的に主流となるNGNやIMS、FMCへの早期対応
● HTTP上のWebアプリのように、SIP上のコミュニケーションアプリの開発が容易となる
     新規開発者増加による、コミュニケーションアプリケーション開発の促進

※ SIP・・・Session Initiation Protocol。VoIP用プロトコルとして広く採用されている。
※ B2BUA・・・Back To Back User Agent。様式3の図1を参照。
※ NGN・・・Next Generation Network。IPをベースとした次世代基幹ネットワーク網。
※ IMS・・・IP Multimedia Subsystem。NGNで、各サービスを行うためのベースシステム。
※ FMC・・・Fixed Mobile Convergence。固定網とモバイル網の融合したネットワークやサービスなど。



8.採択理由


 SIPベースのVoIPは、SIPの 微妙な差異で相互運用が困難などの問題点がある。従来は、B2BUAという中間サーバでプロトコルやCodecの変換を行ってきたが、アクセスが集中した 場合の性能などが問題であった。VoIP相互運用のために、ネットワーク間接続用のB2BUAサーバではなく、端末側にB2BUAの機能を持ったSIP- UAを開発する、という提案は興味深く未踏性もあると判断した。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004