IPA


公募結果一覧へ





2006年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   千葉 滋  (東京工業大学大学院 情報理工学研究科 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

横田 健彦 (株式会社アークシステム ソリューション開発部)

共同開発者

本間 宏崇 (株式会社アークシステム ソリューション開発部)



3.プロジェクト管理組織


   株式会社グルージェント



4.採択金額


  9,000,000 円



5.テーマ名


 メタプラグイン機構に基づくコンテン ツ管理システム



6.関連Webサイト


 http://kvasir.sandbox.seasar.org/



7.申請テーマ概要

 近年Webサイトの開設に要す るコストの低減と時間の短縮が課題となっている中、コンテンツ管理システム(CMS)を利用したWebサイト構築が注目さ れています。CMSは静的なコンテンツの管理機能に加えて、新着情報の管理機能やアクセスカウンタ機能といった動的なWebサイトを構成するための部品も 備えているため、CMSを利用することで短期間かつ少ないコストでWebサイトを構築することができます。
 その一方で、CMSの持つ既存機能だけでは要件に沿ったWebサイトを構築できず、カスタマイズが必要になることが少なくありませんが、特にシステムが 提供する拡張機構(例:プラグイン機構)の範囲でカスタマイズが完結しない場合、システム本体に手を入れる必要が出てくるため、開発・保守コストが一気に 増大してしまい、開発コストを低減させるというCMS導入のそもそもの目的が達成できないことになります。
 そこで本提案では柔軟な拡張機構を持つCMSとして、メタプラグイン機構に基づくコンテンツ管理システムを提案します。メタプラグイン機構とは、機能を 単純に個別に追加する「フラットな」プラグイン機構とは異なり、プラグインからプラグインを利用したりプラグインをプラグインによって拡張したりするよう な、プラグイン同士を組み合わせることで機能拡張を行なう機構です。この機構を持つ本システムを利用することでカスタマイズコストを抑えることができ、低 コストでのWebサイト構築が可能になります。



8.採択理由


 コンテンツ管理システム (CMS) はオープンソースのものも既に多数存在し、競争のはげしい分野である。本提案はCMS 全体をプラグインアーキテクチャで構成することで、既存のものよりカスタマイズ性を高めようという提案である。この手法は Eclipse や JBoss AS 等でも採用されており、高いカスタマイズ性を実現できる可能性がある。すぐれたプラグインアーキテクチャの設計はけして容易ではないが、開発者らの能力に 期待したい。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004